ラケット

2020年5月の運営報告+人気記事5選!

少しずつテニス再開への光が見えてきた5月。
ブログへのアクセス数が厳しかった前半、復調を見せた後半戦。
この1ヶ月を振り返ります。

2020年5月運営報告:PV数は初めて5万突破

緊急事態宣言が発令された4月中盤以降、大幅に落ち込んでいたPV数(アクセス数)。
5月のGWに入ってからも思うようにPVが増えて行かず、苦しい状況が続きました。

後半になって『テニスが出来るかも!』という雰囲気が感じられるようになってからは、PV数も少しずつ回復!
最終的に初の5万PVを達成!!う、嬉しいです!
実は2019年11月初めに、ぺんてぃさんと会ってブログの話をして目標としていたのが5万PVでした。

本当は12月には達成したかった目標でしたが・・・そこから約半年も掛かってしまいました(笑)
ま、でも成果が出てない中でも歩みを止めなかった事を良しとしましょう!

2020年5月の人気記事5選

今回からは人気上位5つの記事を取り上げる事にしました!
今まで3つだったんですが・・・それほど順位に変動がない事が判明したためです(笑)

なお4月の上位3記事は、
3位:ジョコビッチのパーソナルスペック
2位:YONEX EZONE98 2020 インプレ
1位:フェデラーのパーソナルスペック
となっていました。
果たして5月はどんな記事が人気だったのか?
5位から順番に見ていきましょう!

第5位:ジョコビッチパーソナルスペック

世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチのパーソナルスペックが5位に登場!前回の3位から若干のランクダウンでしたが、PV数自体は先月から25%アップしてます。

HEAD市販品には存在しない18×19

いわゆるプロストックの代表的存在とも言えるジョコビッチのラケットですが、18×19という変わったストリングパターンが特徴ですね。
HEADのSPEED市販品には18×19が存在しませんが、PrestigeTourやテクニファイバーのT-Fight305XTCが18×19を採用。
カスタムベースとして、これらのラケットを選んでみるのもありかも!

第4位:ナダルパーソナルスペック

ジョコビッチをわずかに上回って4位に入ったのが、ナダルのパーソナルスペック。ジョコビッチやマレーと比べてもフレームは軽量(といっても317gもありますが)で、爆発的なスイングスピードを支える要因の1つとなっています。

2015年にはピュアアエロテストしていた?

Embed from Getty Images

ナダルはウーファーのついた初期アエロプロドライブをベースにセッティングしているようですが、2015年頃には一度ピュアアエロの黒塗りを使っていた事がありました。(グロメット形状を見ると違いが分かります。)

現行ピュアアエロになって一般ユーザーにはかなり好評なので・・・ナダルファンならずとも、一度は試したいラケットですね。

第3位:EZONE98(2020) インプレッション

2月の中頃にアップし、3月以降安定してPV数を獲得しているのがEZONE98のインプレです。
パワーと柔らかい打球感を実現した新型は、一般プレイヤーに広く支持されています。

ポリツアープロなどと相性が良い!

色んなストリングでEZONE98を試しましたが、ポリツアープロなどある程度ハリのあるポリエステルとの相性が良かったです!

第2位:ブリヂストン・テニス事業撤退

4月末に発表されたブリヂストンのテニス事業撤退のニュース。
本当にこれには驚きました・・・こだわりの詰まったラケットはもちろん、試合も練習もBSのボールを使用しているので、撤退後に何のボールを使えばいいのか思案中です。

今のうちにボール買いだめしておくのもアリ

今のうちにまとめ買いしておくのが一番現実的な対策かもしれませんね。
なお、テクニファイバー製品に関してはラコステ・ジャパンが取り扱う事になります。価格が変わらないと良いのですが・・・

第1位:フェデラーパーソナルスペック

3ヶ月連続で1位を獲得したのがこのフェデラー・パーソナルスペックに関する記事でした!!
緊急事態宣言中もアクセス数を大きく落とす事なく、安定した人気を発揮。
まさに当ブログを代表する一記事となっています!

どうなるプロスタッフ?2020/2021新型登場?

そして今年or来年にはモデルチェンジが行われるであろうプロスタッフ。
コスメ変更だけにとどまるのか、それとも新テクノロジーなどを採用し大きく進化するのか・・・大人気シリーズだけにその行先が気になる1本ですね。

急上昇記事:HEAD PRO TOUR 2.0

惜しくもTOP5には届かなかったものの、多くのアクセスを獲得したのがこのHEAD PRO TOUR 2.0。
i.Prestige MPやi.Radical MPのベースとなったのがこのモデル。
プロストックの金型としても広く使われているようで、当時とは素材が多少異なるものの現代へ復活を遂げました。

国内販売はされていないものの、TWHから購入が可能。
iシリーズのMPが好きだった人は、ぜひチェックを!

まとめ:フェデラーが3ヶ月連続1位

今回の集計で、フェデラーのパーソナルスペックが3ヶ月連続の1位を獲得!
来月も1位獲得するのか、それともこれを超える人気記事が現れるのか!(そうありたいと頑張っていますが。笑)

エキシビジョン的な大会が開催されるなど、本格的な再開ムードが高まっていきそうな6月。
みなさんがテニスを再開する時に、役立ててもらえる情報をたくさん発信していきたいと思います!