お悩み相談

RPMパワーとRPMブラストはどっちが柔らかい?ストリングの打球感の話[テニスQ&A]

babolat rpm power rpm blast

要約すると?

・打感はRPMパワーの方が柔らかい
・手応えや打ちごたえがある
・柔らかい=ラクではない
・引き算的なセッティングに使える
・ブラストの方が飛ばしやすい
・現実的なのはブラスト

これまでに100本以上のラケットやストリングをテストしてきたコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

今回の記事ではこちらのご質問にお答えしています!

バボラのRPMパワーとRPMブラスト、どっちが柔らかいの?

rpmパワー

バボラの人気ポリエステルのRPMパワーとRPMブラスト、カタログだけではどちらが柔らかい・硬いというところまではなかなか分からないと思います・・・

結論から言うと「打球感はRPMパワーの方が柔らかい」ですね!

ただし、柔らかい=ラクなストリングっていうワケではないので要注意です!

この記事では『RPMパワーとRPMブラスト、どっちの打球感が柔らかいのか?』という疑問を徹底的に解説させて頂きます!


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

RPMパワーとブラストはどちらが柔らかい?

バボラRPMパワー:特殊なコーティングが特徴

Embed from Getty Images

ティエムを始め、杉田選手や綿貫選手なども使用しているのがRPMパワー。

ブロンズカラーの特殊なコーティング、高密度ポリエステルストリングを使用し、パワフルなショットをサポートしてくれるポリエステルです。

・ティエムなどが使用
・表面は特殊コーティング
・高密度ポリエステルを使用
・耐久性が高い

バボラRPMブラスト:シリコン+8角形

Embed from Getty Images

ナダルアルカラスなどのスピン系ハードヒッターに愛用者の多いRPMブラスト。

シリコンコーティング+オクタゴナル(8角形)形状を採用していて、特にスピン系ショットで優れた性能を発揮出来る設計になっています。

・ナダルやアルカラスが使用
・スピン系コンセプト
・シリコンコーティング
・オクタゴナル形状(8角形)

結論:RPMパワーの方が柔らかい

RPMパワー

結論から言うと、打球感が柔らかいのはRPMパワーですね!

カンカンした感触はなく、インパクトで”ボコォッ”っと鈍い音で打ち返すようなイメージ。

ブラストの方が打感にハリがあり、より軽快にボール飛ばし返すという感覚が強くなっています。

RPMパワーは食いつきがあって手応えも重ため

RPMパワーをXCALIBREPURE STRIKE16/19で打ちましたが、どちらのラケットでも食いつきをしっかり感じられるフィーリングになりました!

インパクト時の手応えもずっしりと重く感じ、プレイヤー側の”パワー”でボールを押し返していくような感覚です。

補足:どちらが楽なストリングなの?

時折「柔らかい=ラクなストリング」というイメージを持っていらっしゃる人もいますが、必ずしもそうとは限らないという点も要注意です。

楽なのはRPMブラスト

今回のRPMパワーとRPMブラストだと、柔らかいのはRPMパワーですが・・・ボールを飛ばすのに力が必要になるため、腕や身体への負担は大きく”ハードな使用感“と言えます。

ブラストの打球感は(比べたら)硬めになりますがボールを飛ばしやすくなるので、結果的にこちらの方が”優しい使用感“と感じました。

RPMパワーの活躍する場面は少ない

ピュアストライク2019/rpmパワー(power)

正直、RPMパワーというストリングは使い方が難しい存在だと考えています。

プレイヤーに要求されるものが多く、体力・筋力がある人でないと本当の意味でRPMパワーの旨味を引き出すことは出来ないでしょう。

一般中上級プレイヤーならほぼ必要ない

ハッキリ言えば、一般中上級レベルであればRPMパワーをあえて選ぶ理由は非常に少なく、選択肢に入れる必要はほぼないストリングだと思います。

これだけストリングの選択肢・バリエーションが増えているので、他にもオススメのストリングは沢山あります。

ですので、RPMパワーが登場するとした「あれもこれも試したけどダメだった・・・」っていう時になってくると思います。

引き算的なセッティングの場合のみ活躍

RPMパワーが輝くとしたら「引き算的なセッティング」にしたい時ですね。

例えばラケットが持つパワーを少し抑えて振り切りたい、飛びすぎや引っかかりすぎを抑えて弾道のブレを最小限にしたい・・・そんな場面では試す価値はあると思います。

(とは言えあえて飛びを抑えにいくというのはちょっと勿体無いと思うので・・・いきなり試すのには割と反対です)

まとめ:RPMパワーの方が柔らかいけど「ハード」

・RPMパワーの方が柔らかい打感
・しかし使用感はかなりハード
・柔らかい=ラク、ではない
・引き算のセッティングならあり
・アシストがあるのはブラスト

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。