インプレッション・感想

スリクソンCX2.0はまさにアスリート向けラケット。 [ インプレッション・感想 ]

スリクソンcx2.0インプレ

スリクソンCX2.0のインプレ・感想!

みなさんこんにちは。
今回は正統派BOXフレーム、競技志向 / アスリート向けの一本。
スリクソンCX2.0です!
スリクソンを代表するこのモデル。
使用した感想をまとめてみました。

REVO CX2.0のスペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305 グラム
バランス315 mm
フレーム厚さ21〜20mm
フレーム長27インチ
ストリングパターン16 x 19

黄金スペックとは違う、まさに競技者向けのスペックを継承しているCX2.0。
断面形状が場所によって異なるフレームなんですが、近くでよーく見ないと分かりません。
触ってみるとフレームの内側と外側で厚みが異なるんです!

ストリング・セッティング

レビューするにあたって、セッティングの情報もご一緒に。

ストリングバボラ ブリオ 1.30mm
張り方 / テンション一本張り / 42ポンド
グリップサイズサイズ2
※レザーグリップ変更済み
オーバーグリップバボラ VSグリップ

(※デモラケットではなく自分で購入したものです!デモラケでチューニングしたら怒られちゃうのであしからず!)

ちなみに!
普段のラケットはバボラ・ピュアストライク100(2017)に、ブリオ1.30mmを45~47ポンドで使用中。
右利き、片手バックハンドです。

インプレ:しっかりした薄ラケ!

このラケット、振ってみるとトップライトなバランスで
フレーム厚が薄いこともあって非常にスイングしやすいです!
スッとヘッドが走る感覚は中厚~厚ラケには無い長所!

普段、ストライク100はウエイトチューンを少ししているのですが、
それを差し引いてもスイングしやすいです。
片手BHなのですが、ヘッドが返り易く操作しやすい!
ありがたい!
薄ラケ良いな・・・

ストローク:中身詰まってる!

ミニラリーから始めると、少し固め、でもちょっとだけボールの乗りも感じられるフィーリングでした。
身が詰まってる・引き締まってる、そんな打感です。
まさにアスリートといった感じ。
贅肉をそぎ落とした身体のよう。

ピュアストライク100 x ブリオの組み合わせはもっともっとボワンとした打感と比べると、明らかにCX2.0の打感は非常にクリアで気持ちいい感触です!

振り抜きが良い!フラットドライブの伸び!

ロングラリーにおいても、振りぬきが良いのでスイングスピードを上げるのは簡単!
特筆するべきはフラットドライブでの球の伸びと、コントロールのしやすさだと思います!
パワーアシストは・・・現行のラケットの中では少ない方だと思います。
しっかり振れる、しっかり力を伝えられる能力が前提として必要です。
打感はまさしく正統派のボックス形状のそれ。
純血ボックス形状ラケット。

スピン性能は標準。弾道はあまり上がらず。

スピン性能も悪くはないのですが、標準といったところ。
ぐりぐりにスピンというよりはフラットドライブで、しっかり打ち込むスタイルにフィットすると思います。
(土居選手も切れ味の良いフラットドライブで攻める印象ですし!)
ピュアストライクの方が弾道が上げやすい・ボールが引っかかりやすく、CX2.0の方が弾道が低く真っ直ぐ飛んで行くイメージですね。

ボレー:取り回しが良く好感触!

ボレーですが、これはいいぃ!!
バランスがいいのでラケットのセットがしやすく、面ブレも少なくしっかりコントロールも出来ます!
もっと反発力があるラケットはいっぱいありますが、このCX2.0はトータルでの使いやすさが抜群。
しっかりコントロールできるし、押し込んでいけば滑るボレーも、球持ちもいいのでタッチ系ショットもいい感じ!

スマッシュなども捌きやすい

スマッシュにおいても取り回しの良さの恩恵か、とても打ちやすいです!
最近元気のなかったスマッシュも自信を持って打てるようになりました!笑
その昔、フェデラーに憧れプロスタッフツアー90を使っていたのですが、感触はそれに近いかもです。
なんなら個人的には今のプロスタッフ97よりも、CX2.0の方が90インチだった頃のプロスタッフに通じるものを感じます。

サーブ:コントロールはしやすい

サーブはコントロールがしやすいです!
フラット系、スライス系のサーブはヘッドが走るので伸びのあるボールが打てます!

ちょっと厳しさを感じた部分は、反発力はそこそこなので2ndのスピンを入れにいった時にスイングスピードが落ちるとヘロヘロなボールに。
それなりの技量と体力が要求されると思います
スピード重視のサーブならCX2.0、回転重視のサーブならストライク100が上、ですね。

まとめ:振っていける人向けの薄ラケ!

がっつり打った感想をまとめました!

<ココがイイ>

・引き締まった打感、高いコントロール性能、振りぬきの良さ、最低限のパワーアシスト、まさに正統派のアスリート向けのモデル。
・(振れる人には)なんでもこなせる、万能型ラケット。
・無駄な味付けされていないので、ストリングで性格をいろいろ変えていける
・ボックスフレームらしいフレームで(しっかり振れれば)しなりを感じられるラケット
・フラットドライブで伸びのあるボールを気持ちよく打てる。

<ココがきびしい>

・現行ラケットの中ではシビア。振れるだけの体力のない人では硬めの優しくないラケットに。
・スピン性能はそこそこ。(旧型より良いらしいですが。)中〜厚ラケからの移行には時間が掛かるかも?
・手首や肘など、関節に不安がある方には厳しい。手応えが重い。


   
総じてバランスの良い1本でした!
扱いやすいモデルではありますが、楽チンモデルではありません。
僕みたいにミーハーな感じ(?)で買うと、プレイ全般の質の低下を招くという事態になりかねない・・・
気になる方、特に同等スペックを使った事が無い人は、まず試打する事をお勧めします。
「薄ラケが好き!」、「パワーアシストはそんなにいらない!」とハッキリ言えるレベルの人には替えの効かない逸品になると思います。

「草トー勝ちたい!」、「スピードボールを打ちたい」と考えてる方には、もっとアシストのあるモデルの方がいいかもしれません・・・僕ではこのラケットのうまみを引き出すには実力不足でした。

新しいCX200シリーズが発表され、これまでのCX2.0シリーズはお買い得価格になりました!

この他にもラケットのインプレをいくつも用意していますので、合わせてチェックしてみてくださいね!
→ ラケットインプレッション一覧