ストリング

西岡良仁選手のリアルなラケット / スペックについて調べてみた! [パーソナルスペック]

西岡良仁選手のラケットについて

<この記事のポイント>

・世界で活躍する西岡良仁選手の道具について調べました!
・使用しているラケットはVCORE98
・でも実際はペイントジョブだと思われる!

・ストリングはハイブリッドを使用。真似できそう!

世界で活躍する西岡良仁選手とは?

みなさん、こんにちは。
2019年W&Sオープン(シンシナティ)で錦織圭選手( Kei Nishikori )との日本人対決に勝利したのが、世界ランキング77位の西岡良仁選手 ( Yoshihito Nishioka )。

憧れと公言していた錦織選手との対戦に勝利すると同時に、自身初となるトップ10選手からの勝利となりました!
そんな快挙を成し遂げた西岡選手のプロフィールがこちら。

名前
Name
西岡 良仁
Nishioka Yoshihito
年齢
Age
23
(1995.9.27)
身長
Height
170 cm
体重
Weight
64 kg
利き手
Plays
バックハンド
Backhand
両手打ち
出生地
Birthplace
三重県
居住地
Residence
三重県
コーチ
Coach
高田充
(公式ブログ:こちら)
キャリアハイ
ランキング
Career-high
58
(2017.3.20)

身長170cm、体重64kgという数字だけをみると、本当に普通の一般成人の体格と言っても良いぐらいですよね。
180cm台が普通、190cm以上の選手も珍しくはないATPツアーの中ではとびきり小柄な選手の1人です。

ATPツアーで活躍する小柄な選手たち

ちなみにトップ100で180cm未満の選手は
(パッと調べた限りですが)
5位 錦織圭 178cm
24位 ディエゴ・シュワルツマン 170cm
39位 ラドゥ・アルボット 175cm
44位 ダニエル・エヴァンス 175cm
73位 コールシュライバー 178cm
83位 コランタン・ムーテ 175cm
89位 トーマス・ファビアーノ 173cm
97位 マッケンジー・マクドナルド 178cm
こんな感じ。
西岡選手はシュワルツマンと並んで170cmで、トップ100の選手では最小。
うむ、錦織選手が大きく見えてきたぞ。笑

体格的な不利を言い訳にせず、世界で活躍する西岡選手。
そんな西岡選手の使用しているラケット・ストリングについて、今回は調べてみました!
一般プレイヤーの僕たちにも参考になるポイントがあるかも!?

西岡選手が使用しているラケット / ストリング

Embed from Getty Images

  
西岡選手が契約しているのは日本を代表するブランド:ヨネックス
(公式サイト:http://www.yonex.co.jp/
ラケット、ウェア、シューズなど、トータルでの用具契約をしているようです。

そしてヨネックスのページ上(http://www.yonex.co.jp/tennis/players/post-17.html)では、西岡選手の使用道具は以下の通り。
  

使用ラケット
Racket
ブイコア 98
使用ストリング
String
ポリツアースピン

ブイコアにはギャラクシーブラックというカラーもありますが、西岡選手はフレイムレッドを使用中。

ポリツアースピンはその名の通り、スピン性能向上のため5角形断面形状を採用したストリングです。

市販品のスペックについて

市販品ブイコア98のスペックがこちら。

モデル名
Racket
ブイコア 98
フェイスサイズ
Head size
98 平方インチ
重さ
Unstrung Weight
305 g (G)
バランス
Balance
315 mm (G)
フレーム厚
Thickness
22~21 mm
フレーム長
Length
27 インチ
ストリングパターン
String Pattern
16 x 19

ブイコア98については、以前書いた記事に詳しくまとめてありますのでよろしければ参考にしてください。

旧モデルからの大きな変更点・特徴としては
・ストリングパターンが16×20から16×19
・フレームトップにエアロトレンチ(溝のような構造)
・フレームの5 / 7時部分にエアロフィン(くぼみ)
・フレームの10 / 2時部分にフィン構造(出っ張り)

これらが挙げられます。

それではこれらの特徴を参考に、西岡選手の実際のラケット・スペックについてみていきましょう。

<使用ラケット>
中身はブイコアSVなのでは?

西岡選手が実際に使っているラケットは、現在販売されているVCOREとは仕様が異なるようです!

ストリングパターンが16×19を使用

まずはこちらの写真から!

ラケットのデザインは現行ブイコア98で間違いありません。
しかーし!
ラケットのストリングパターンが16 x 20なんですね!
(市販品ブイコア98は16×19)
ちなみに、お隣の錦織選手のストリングパターンも16×20。

フレームのくぼみ構造がない

そしてもう1枚。
Nishioka Channeling Inner Rios In Comeback (外部リンク)
こちらのリンクのトップ写真に西岡選手が写っているのですが・・・

ラケットの5/7時の部分に、現行モデルにあるはずのエアロフィン(くぼみ)が見当たらない!

現行ブイコア98のエアロフィン構造(くぼみ部分)

という事は、より古いモデルをベースに使っている可能性大

旧型:SV98の可能性が高そう!

そうなるとブイコアSVかブイコアSi、ブイコアXi、初代ブイコアになってきますが、初代とXiはスロート〜ヨーク部分の形状が異なるため除外。

そうなると西岡選手の実際に使用しているラケットはSVかSi。
写真で見る限りでは(非常に分かりにくいのですが)、フレームの10/2時部分にフィン(出っ張り)が付いているようなのでブイコアSV98の可能性が高いと判断しました!

重量などの細かいスペックなどはわからなかったものの、
日本人選手のガットセッティング(西岡良仁・内山靖崇)
こちらのブログの情報によると、重量は315gぐらいのようです。

2020.7追記:現行品にチェンジした??

とある日のTwitterの投稿がこちら。

先日販売開始された限定色VCOREを使用している様子の西岡選手。
よく見るとストリングパターンが16×19、フレームのくぼみもあり、現行VCOREを使用している模様。

ストリングが切れやすくなったのは、今まで16×20だったのを16×19に変更した影響なんじゃないかと推測。
限定色のコンセプトや詳細については別記事にまとめてありますので、合わせてチェックを!

結局全米ではペイントジョブで使用!

Embed from Getty Images

2020全米1回戦でアンディ・マレーとの激闘を演じた西岡選手。
その手に握られていたのは、限定デザインが施された従来通りのラケットでした。(ペイントジョブでした!!)

Embed from Getty Images

ストリングパターンは16×20、エロフィンのくぼみもないフレームになっていました。
Twitterに投稿したラケットは、単純にテストしていただけなのかもしれませんね。

<使用ストリング>
ナチュラルxポリツアースピンのハイブリッド!

使用ストリングについては、再びこちらのブログから情報を拝借。
日本人選手のガットセッティング(西岡良仁・内山靖崇)

縦ストリング
Main String
バボラ
VS TOUCH 1.30
横ストリング
Cross String
ヨネックス
ポリツアースピン 1.30
テンション (縦 / 横)
Tension
52ポンド / 49ポンド

このようなセッティングで使用しているそうです。
52ポンド・49ポンドなら一般のプレイヤーにも十分使えそうなセッティングですね。

ジョコビッチやフェデラーと同じく、西岡選手も縦にナチュラルストリング!
バボラのナチュラルの中でも、特に柔らかいフィーリングのVS TOUCHを使用しているそうです。

一般プレイヤーの自分にはコスト的にナチュラルはなかなか厳しいのですが、一度は自分のラケットに張ってみたいセッティングですね!

西岡選手の高い弾道を生み出すこのセッティング。
みなさんも是非参考にしてみてください!

Embed from Getty Images

<まとめ>
意外と真似出来るセッティングかも?

いかがでしたでしょうか?
ブイコア98にナチュラル x ポリツアースピンの組み合わせは、テンションをしっかり調整すれば僕たちのような一般プレイヤーにも十分使えそうなセッティングですよね!

セッティングに悩んでる方、西岡選手のような高い弾道を打ちたい方、今回ご紹介したセッティングを試してみてはいかがでしょうか!


そして西岡選手は2020全米オープンにも出場中
今夜、1回戦でアンディ・マレーと対戦予定!!

西岡選手の試合はWOWOW放送&オンデマンド配信されます!
とにかく生で観るなら加入しておくのが吉!
まだ間に合いますので👍


今後のテニス観戦にWOWOWはオススメですよ。