シューズ

細かすぎても伝えたいオムニコート(砂入人工芝)用シューズ選び。[オススメ3選]

オムニコートとテニスシューズ

オムニコートについておさらい

みなさん、こんにちは。
今回は「オムニコート用シューズ」について詳しく、時に細かすぎる考察をして行きます!
シューズについて考える前に、オムニコートについておさらいをしましょう。

実は『オムニコート』って商標名。

オムニって呼び方をしている人が多いと思いますが、実はこれは商標名なんだそうです。
国内実績No.1テニスコート用砂入り人工芝 Omnicourt

住友ゴム工業株式会社が提供している砂入り人工芝が[オムニコート]という名前なんですね。
接着材を[アロン●ルファ]って呼んでしまうのと同じような話ですね。

砂入人工芝は日本独自のサーフェス

この砂入り人工芝というサーフェスは基本的に日本独自のものとなっています。
海外に行ったら大体ハードコートかクレーなので、シューズも[オムニ用]というものは売ってはいません。

場所によって状況は様々。

一言で砂入り人工芝コートと言っても、場所によってサーフェスの状況は様々です。

・人工芝の毛足が長い or 短い
・砂が多い or 少ない
・芝が削れている or 剥がれている etc.

コート毎に状況が違ったりする事もしばしば。
従って、自分がプレーする環境に合わせた砂入り人工芝用テニスシューズを選ぶのがパフォーマンスアップへの近道です!

目的別オススメシューズ3選

ここからはサーフェスの状況別・プレイヤーの体力別に、オススメしたいシューズを3足ご紹介します。
ASICS オムニテレイン I-dual
YONEX エクリプション2
adidas ウーバーソニック3 マルチコートソール

最強グリップ:アシックス・オムニテレイン I-dual

   

<オススメポイント>

オムニコート最強の一足!
・スパイク状のソールで最強のグリップ / ストップ性能
・ミッドカットなので足首までしっかりサポート
・砂の多いコートでもグリップしやすい
・筋力、体力のある男性プレイヤー向け

まずは最強のオムニコート専用シューズ:オムニテレインを紹介!
アシックスが製造するこのシューズの最大の特徴はそのソール構造。
スパイク状の突起がソール全体に配置。
一般的なオムニ用シューズよりも溝が深く、砂をかき分けて確実にグリップしてくれます!
砂の多いオムニでは、間違いなく他のシューズを寄せ付けないグリップ力です。
高いグリップ性のお陰でダッシュ、ストップがガチッと決まります。

脚力がある人向け!

高いグリップを誇るオムニ専用シューズなので、どうしてもオムニでは負けらない!という人にとっては最強の1足になる事でしょう。
スライドする時間は最小限に抑え、オープンコートを出来るだけ作りたくないというスタイルにピッタリ。
ガッチリ止まれる分、筋力や体力がある人向けの一足だと思います。
ただし、筋力が足りないとシューズが滑らなすぎて、かえってバランスを損なう可能性も。

安定感重視:ヨネックス・エクリプション2

   

<オススメポイント>

適度なグリップ力のソール
・安定感の高いシューズ設計
・外方向へ力が逃げない大型樹脂パーツを採用
・高剛性のシャンクによる負担軽減
・パワークッションによる疲労軽減

安定性が高い安心の1足

2足目はヨネックスのエクリプション2。
ソールはオムニテレインと比べるとスパイク状の突起の数が少なく、グリップ力の面でいうと僅かに劣るかもしれません。
その代わりに、脚力をしっかり受け止めてくれる大型樹脂パーツや、前足部〜後足部を繋ぐ高剛性のシャンク、パワークッションなどの機能によって安定・快適なプレーをもたらしてくれます!

どのオムニコートでもなんとかなる。

安定感・サポートがしっかりしているので、オムニコートの条件が多少悪い中(毛足が削れて短い、砂が多いor少ない 等)でも、活躍してくれる1足になってくれる事でしょう。

競合するシューズとしてはアシックスのゲルレゾリューションや、アディダスのアディバリケードなどになるでしょう。
足の寸法などに合わせて選べばOKですね。

バランス型:アディダス・ウーバーソニック3

   

<オススメポイント>

・グリップ/スライドが使いやすい
・比較的軽量の仕上がり
・柔らかめのソール/アッパーで初中級者にも使いやすい
・砂が少なめのオムニでも安定感

オムニだけでなくハードでも使えるソール

最後の1足がこちら。ウーバーソニック3マルチコートソール。
どのコートでも十分に使う事が出来るというコンセプトのこのシューズ。
先の2足とは異なり、ヘリンボーンパターンのソールを採用

スパイク状のソールに比べるとグリップ力では劣りますが、スライド量の調整もしやすく、身体のバランスを崩しにくいのが大きな利点ですね。

初中級者でも使いやすい設計の1足

柔らかめのソール・アッパーの採用により、筋力がそれほど強くなくてもしっかりとコートを捉えてグリップさせる事が出来ます。
サイズ感に問題がなければ、初中級者にも問題なく使いこなせる一足です。

砂が多いコートはさすがに厳しいのですが、それでも従来のオールコート用を超える機能性を持っています。
オムニコートメイン+時々ハードコートも!という人には、これ1足で完結出来ちゃうとっても便利なシューズです。

詳細なインプレもご用意しているので、ぜひチェックを!

まとめ:お気に入りの一足を見つけましょう!

グリップ力・安定感・バランスというそれぞれ特徴のある3足を紹介しました。
オムニコートと言っても、コートの状況やプレースタイル、競技レベルによって求められるシューズの特性も少し違ったりします。

あなたもぜひこの記事を参考に、ご自身のコート環境・プレースタイルにフィットする一足を見つけてくださいね!