テニス

エクスカリバーを買おうか迷っている人は一度読んで下さい。 [ TENXPRO XCALIBRE解体新書 ]

エクスカリバーが気になっているそこのあなた。
このラケット、情報が少ないですよね。
なんだか買うのは不安、ですよね。
今回、僕が感じたこのラケットの良いことも、イマイチなことも全部まとめて書きましたので、ポチっと購入ボタンを押す前に一度この記事を読んでみて下さい。
忖度なしです。

<TOPICS>
TENXPROのラケットは情報が少ない
 ・ユーザーは増えてきてるけど
  ・良い所も悪い所も書きます。
このラケットの良い所
 ・①カスタマイズの余地がある重量/バランス
  ・②腕に優しい
   ・③薄ラケなのにスピードが出しやすい
このラケットのイマイチな所
 ・①パワフルなラケットではない
  ・②塗装は強くない
   ・③購入時の手間が多い
オススメプレイヤーはこんな人。
 ・薄ラケを使いたい&勝負にもこだわりたい!
  ・自分好みのラケットにカスタムしたい
後悔しないラケット選びを。

TENXPROのテニスラケットは情報が少ない。

改めてみなさんこんにちは。
最近、僕のブログでもTENXPROのXCALIBRE(エクスカリバー)を検索される回数が飛躍的に伸びてきました。
5月頃から記事を描き始め、少しずつですがTENXPROというブランドが周知されてきたようで嬉しいです。
ただ、一方で僕のブログがこれだけ検索されるという事はそれだけこのブランド・ラケットに関する情報が少ない、という事なのかなと思ってます。

ちょっとずつユーザーは増えているけれど。

インスタグラムなどを見ていると、日本国内でもXCALIBREを使っている人は少しずつ増えているようです。

   

こんな感じで、高いレベルでプレイしている方にもちょっとずつ広まりを見せているTENXPRO。
ただ、やっぱりググっても情報が少ない!
有名ブランドのラケットと比べると圧倒的に記事が少ない!
というか、未だに日本語のレビューは僕のブログだけのようです。笑

だから僕が良い所も、良くない所も隠さず書きます。

「XCALIBREは気になるけど情報が少ないし不安・・・」という人向けに、この記事を書きました。
約半年このラケットを使い、良かった所はもちろん、良くない所も正直に書かせてもらいます。
買うも買わないももちろん貴方次第。
ただ、大好きなこのラケットだからこそ、皆さんに出来るだけ知ってもらいたい・情報を伝えたいと思います。

<このラケットの良い所>

まずはラケットの良い所からまとめていきますよ!
ラケットの細かいスペックや感想については、別の記事にまとめているのでそちらもご参照下さい。
(→ 人生最高の1本に巡り会う。TENX PRO EXCALIBRE (テンエックス プロ・エクスカリバー)インプレッション・感想

①カスタマイズの余地がある重量 / バランス

市販されているラケットの多くは、ノーマルの重量・バランスでもある程度ボールにパワーが伝えられるように設計されている為、購入後自分で調整出来る範囲はあまり広くありません。

僕が購入したエクスカリバーはノーマルで290g / 320mmという重量・バランス。かなり軽量・トップライトな状態ですが、そこから鉛テープを足していく事で好みのバランス、スイングウェイトに仕上げて行く事が出来ます。

僕は筋力が強い方ではありませんが、購入後フレームの3/9時の所に合計8gの鉛テープを追加しました。レザーグリップに巻き替えてありますが、それでもフレームの重量は305g程度。自分好みの場所に重みを集中させる事が出来るので、カスタマイズの幅がとても広く感じました!

②腕に優しい

そしてこのラケットは腕にも優しいです。
インパクト時の感触はマイルドさもあり、振動の収まりも良好。振動止めは要りませんでした。
プロ◯タッフやブ◯コアで肘、手首が痛かった僕でも違和感なく使えています。
(もちろん硬いストリング、高いテンションにすると負担は掛かりますが。)

③薄ラケなのにスピードが出しやすい

27.5インチと長めの設計になっている事で、20mmフラットとは思えないくらいスピードが出ます。
特にサーブはこの恩恵が大きく、最近はサービスエースも取れるようになってテニスがより楽しくなってきました!
もちろんストロークにおいても、この長さによるメリットはしっかり感じることが出来ます。
   

<このラケットのイマイチな所>

①パワフルなラケットではない。

長さによってスピードは出しやすいのですが、フレーム自体の反発力はあまり強くありません。
当てるだけでは良いボールになりません。振ってこそ良さの出るラケットです。

②塗装は強くはない

この真っ黒な塗装ですが、大手ブランドの塗装に比べると仕上がりや強度で多少見劣りする部分は確かにあります。

塗膜が若干薄めなのか、ハードコートで使うと写真のように削れてしまったりします。まぁ黒なんで油性ペンで塗ったら気にはならなくなると思いますが。笑
   

③購入時の手間が多い

1番の問題は製品そのものと言うより、”購入時の手間“だと感じています。
TENXPROのHPから購入すると以下のような点があります。

・基本英語表記
・支払いはPayPal経由
・マメな連絡は来ない
・というか連絡、返信は基本来ない
・商品到着まで時間が掛かる
・急に商品が到着する
・送料と関税が別途掛かる

普段の日本国内での通販と同じような対応・品質を求めるとガッカリしてしまうかもしれません。
相手はオージー。
のんびり構えるのが吉です。

ただ、今はアミュゼさんが取り扱いを始めたので、上記のような手間を避けて購入する事も可能になってきました。
   

オススメプレイヤーはこんな人。

そんな良い所・イマイチな所があるこのラケット。
それらを考慮した上でオススメしたいのはこんな人たち。

薄ラケを使いたい&勝負にもこだわりたい

薄ラケが好きなのにパワー的につらい、実戦では使いにくい・・・そんな風に感じていた人もいるんじゃないでしょうか。
かくいう僕もその1人でした。

エクスカリバーは薄ラケの使用感を保ちつつ、スピードを補ってくれるので実際の試合でも十分に活躍してくれています。
薄ラケを使って勝つ。オススメです。

自分好みにラケットをカスタマイズしたい

そしてなにより自分で好みのセッティングを見つけ出す・・・これが大きな魅力の一つです。
逆に言うと、自分でセッティング出せない人にはオススメしないです。
いろいろイジったり調整するのが前提のラケットです。

後悔しないラケット選びを。

いかがでしたでしょうか。
欲しくなった人がいれば、逆に買う気が失せてしまった人もいるかもしれません。
とにかく正直に書かせてもらいました。

手間も時間も掛かります。
自分の好みに仕上げるのにテストも必要になるでしょう。
ストリングも相性の良し悪しがハッキリ出るでしょう。

僕にとっては、それすらも楽しい時間だったので少しの後悔もありません。
僕の経験とこの情報が、読んで下さったあなたのラケット選びの手助けになる事を祈っています。