プロ関連

パブロ・クエバス(Pablo Cuevas)のラケット・パーソナルスペック&ストリング・セッティング

美しくバランスの良いフォームから放たれるバリエーションに富んだショットの数々。
クレーで抜群の強さを誇るベテラン、パブロ・クエバス(Pablo Cuevas)のラケットのスペック、ストリングのセッティングについて調べました!

パブロ・クエバス (Pablo Cuevas)

Embed from Getty Images Embed from Getty Images

美しくバランスの良いフォームから放つストローク、タッチの良いボレー、予想を超えるトリッキーなプレー。
魅力に溢れたベテラン選手のパブロ・クエバスに注目です!

パブロ・クエバス:プロフィール

名前パブロ・クエバス
Pablo Cuevas
生年月日1986.1.1
身長180 cm
体重78 kg
出生地アルゼンチン コンコルディア
Concordia , Argentina
居住地ウルグアイ サルト
Salto , Uruguay
利き手
Right-Handed
キャリアハイ19位
(2016.8.15)
キャリアタイトル6
<2017>
Sao Paulo (Clay)
<2016>
Sao Paulo (Clay)
Rio de Janeiro (Clay)
<2015>
Sao Paulo (Clay)
<2014>
Umag (Clay)
Bastad (Clay)

クエバスが実際に使っているラケット・ストリング

そんなクエバスが実際に使用しているラケットに注目!
スペックやセッティングに関して、参考にさせて頂いたのは以下のページです。

Embed from Getty Images
ラケットHEAD プレステージ MP
(i.Prestige MP XL ベース?)
長さノーマル +3cm
重さ355g
(ストリング無しの状態)
ストリングパターン18 x 20
メインストリングルキシロン アルパワー
クロスストリングルキシロン 4G

ラケットはロング仕様?ラジカルペイントも!

クエバスのラケットは歴代プレステージMP。(14歳の頃からプレステージユーザーだそうです。)
といっても中身はいわゆるプロストックで、マレーやハースなどが使用していたものとベースは同じと思われます。

特に目を引くのが+3cmという長さ!
(分かりやすいように3cmと言ってる可能性もあるかもしれません。)
片手バックハンドで28インチ超の長さを扱えるといいうのはまさに超人。

Embed from Getty Images

2015頃の写真ですが、グリップを余らせ気味に握るのが特徴的。ロングラケットを使う選手にしばしば見られる握り方ですね!
(ここ1,2年の写真ではラケットが若干短くなったようにも見えます。)

またロング加工だけでなく、バンパーとフレームの間に鉛テープを貼って重くしているそうで、ストリング無しで355g!!!
長いし重いし・・・プロ級の体力がなければ扱えないラケット。

Embed from Getty Images

2017年シーズンには一瞬ラジカルのコスメに変わり、ストリングパターンも16×19に。写真だとストリングは縦に4G、横アルパワーに入れ替わっているようにも見えます。
モールド的に中身はプレステージの時と変わらなそうですが!
(このラケットを使っている写真はあまり無かったので、すぐにプレステージに戻したのだと思われます。)

クエバスのストリング・セッティング

ストリングは縦にアルパワー、横に4Gという、ポリxポリのハイブリッドを使用しているそうです。(ストリングもシーズン・時期によって異なります。あくまでもインタビュー記事作成時点のものとなります。)

STRINGS
Luxilon 4g. for the horizontals, because they loose less tension; Luxicon Alu Power, which generate more power, for the verticals. During a game, “I change the racket every time we change balls,” and he has it restrung every day.

https://americanway.com/en/features/2018/01/pablo-cuevas

横(クロス)にはルキシロンの4G、テンションが下がりにくいから。縦にはアルパワーで、よりパワーが出るから。試合中はボールチェンジ毎にラケットを変え、毎日張り替えている・・・とのこと!

市販品ラケット/ストリングはこちら

Embed from Getty Images

クエバスのラケットもG360+プレステージMP(コスメ)にチェンジ。
新モールドの採用と、よりしなやかになったフレームは要チェック。

メインストリングに使っているのはルキシロン・アルパワー。
とにかくトッププロでは高い使用率を誇っており、まさに定番の1張り。

そしてクロスに使っているのは同じくルキシロン・4G。
若干柔らかめの打球感と、しっかりとパワーを受け止めてくれる感触が安心の1張り。

そして振動止めもルキシロンを使用しています!

パブロ・クエバスのパーソナルスペック|まとめ

まとめ

・パブロ・クエバスのパーソナルスペックを調査
・ラケットはプレステージのプロストック+ロング加工
・重さは355gとヘビー級
・ストリングはアルパワーx4Gのハイブリッド
・試合中にはボールチェンジごとにラケットを交換
・大会中、ストリングは毎日張り替えている!