インプレッション・感想

プロレッドコードワックスはしっとり感が増し増し!|ストリング・インプレ

レッドコードワックス

テクニファイバー・プロレッドコードWAX

テクニファイバーの定番ポリエステルストリングであるプロレッドコード(Pro Red Code)。
そこに潤滑効果の高いWAX成分をストリング内部にまで浸透させたモデルが、今回使用したプロレッドコードワックスです!

触った感じではオリジナルと大きな違いは感じなかったんですが、WAX成分が打球感にどう影響してくるかが楽しみですね!

レッドコードワックスのスペック

商品名プロレッドコードワックス
PRO RED CODE WAX
素材ポリエステル
断面形状丸型
構造モノ
太さ1.20 mm
1.25 mm
1.30 mm

上記楽天のリンク(テニスデポさん)では、12mカット品が810円+送料と格安!

セッティング:エクスカリバーに45ポンド

ストリングプロレッドコードWAX 1.20mm
ラケットTENXPRO XCALIBRE
張り方一本張り
テンション45 x 45ポンド

今回は1.20mmをチョイスしました。
(レッドコードはいつも1.20を使ってたので比較の為。)
あとはいつも通りのセッティングですね。
エクスカリバーに45ポンドで張りました!

1.20という事もありますが比較的柔らかく、クロスを通す時も心なしかスムーズな気も。

打感:オリジナルよりもしっとり感が増した

オリジナル(プロレッドコード)に比べて、打感がしっとりした印象に!
インパクトの時にボールの食いつき感はそこそこありますが、腕にずっしりとはこなくて、割とあっさりボールが飛んでいってくれました。
この若干しっとりとした感じがワックスが添加された事による効果・・・なのかな?

反発力:1.20ならあっさり飛んでくれる!

1.20という事もあり、反発力はまずまず。
ポリの中では比較的良い飛びだと思います。

https://www.instagram.com/p/B7yHMKgJOEv/?utm_source=ig_web_copy_link

特にサーブだと、この良い感じの弾きがプラスに作用してくれましたね!

飛び具合としてはヨネックスのポリツアープロに近い感覚でしたね。
普段使っているブラックヴェノムほどではありませんでしたが、レッドコードワックスはポリらしさも残しつつちょっと楽出来る感じ。

スピン性能:スナップバックもそこそこ

スピン性能はそこそこ、という感じ。
他のポリがボールをグググッと潰してスピンを掛けていく感じなのに対して、このレッドコードワックスは表面の滑りの良さを生かしたスナップバックで自然とスピンが掛かるイメージ
フラットドライブとの相性が良さそう。(今回1.20mmを使用しているのも一因)
表面の滑りの良さを生かして、ナイロンとのハイブリッドにも相性が良さそう。

1.25mmの方が良かったかも?

今回は1.20mmを使用しましたが、ワックスを添付した事によるメリットをより強く感じられるのは多分1.25mmだったかも。
1.20mmだと飛びが軽快過ぎて食いつきがイマイチ・・・スナップバックの恩恵がそこまで感じ取れなかった!笑
普段ポリ使ってる人なら1.25mm以上を選んで、ガンガン打ちましょ。

でも1.20mmでもオリジナルより若干しっとり感が増えた気がするので、打球感の面だけでもWAXタイプを選ぶ理由はあると思いますよ!

ライバル:バイオロジックXX128

滑りの良さを活かしたストリングという点ではトアルソン・バイオロジックXX128。
レッドコードワックスはしっとり感が強め、バイオロジックはナイロンらしい軽やかさと滑りを両立したストリングになっています。

ストリングのインプレ一覧を用意していますので、合わせてチェックしてみて下さい。
→ ストリングインプレ一覧

まとめ:ポリっぽいけどちょっと楽できる!

今回は1.20mmのプロレッドコードWAXをエクスカリバーに張り上げて使用。
オリジナルよりもしっとり感が増した打球感は結構好み!
1.20mmならより弾き感優先、1.25mmならよりWAXによるスナップバック効果を感じ取れるかも?
パワーはブラックヴェノムほどではないけれど、ポリツアープロと同等くらいに感じました!

ポリの使用感は残しつつ、多少パワーアシストが欲しい人にはとってもオススメのストリングです!

<この記事で紹介した製品一覧>

今回の記事に登場した製品をまとめて紹介します!

単張最安値:¥850+送料!

レッドコードワックスの単張最安値は¥850+送料。
滑りが良いストリングとしては非常にお買い得。

ロール最安値:¥18,480

ロールは¥18,480が最安値。1張りあたり1155円・・・とロールの方が使い方によっては単張で買うよりも高くなってしまう可能性も(笑)

1.30mmのみですが¥12,200で売っているショップがあったので、欲しい人は急ぐべし!!

ほぼ同等のパワーレベルに感じたのがヨネックス・ポリツアープロ。
こっちの方がより乾いた打感、軽快感も強め。
ポリを使いたいけどパワーが・・・という人は1.20mmをお試しあれ。

より柔らかく、そしてよりパワフルなのがこのブラックヴェノム。
素材がポリオレフィンという物を使っていて、厳密に言うと一般的なポリとはちょっと別の立ち位置にあるストリング。
ナイロンかポリエステルかで悩んでる人、一度は使っておくべきストリングですよ!