ストリング

バイオロジックXX128(トアルソン)インプレ!コーティング系ナイロンマルチの性能を徹底解説/レビュー!TOALSON BIOLOGIC XX128

トアルソン・バイオロジックXX128をウイルソン・ブレード100V8に張り上げ(Toalson biologicxx128 + wilson blade100v8)

トアルソンのバイオロジックXX128ってどんなストリングなの?
他のナイロンマルチとの違いってなに?
バイオロジックXX128を買うべき理由ってなんなの?

TRUEMAN
TRUEMAN
これまでに100機種以上のストリングを試してきましたが、その中でもバイオロジックXX128は『スピードボールを打ち込みやすいナイロンマルチ』ですね!

2020年に登場から20年=XXとなって復活したのがこのトアルソン・バイオロジックXX128。

ナイロンマルチの表面にコーティングを施したことで、柔らかい打感でありがらもスッキリボールを飛ばしてくれる気持ち良い使用感を実現!

トアルソン・バイオロジックXX128をウイルソン・ブレード100V8に張り上げ(Toalson biologicxx128 + wilson blade100v8)

<バイオロジックXXを買うべき理由>
・ナイロンだけど速球を打ち込める
・コーティングでスナップバック良好
・ヨレが少なめでナイロン嫌いにも
・柔らかさと飛びをいいバランス
・男性競技者にも十分アリな1張り

比較的速いスイングスピードでもかったるさが少なく、素直な軌道のドライブ系ショットを打ち込みやすいストリングです!

バイオロジックXX128はクセのない使用感なので、初中級からフラットドライブ系で打ち込む上級者まで使う事が出来るナイロンマルチストリングです!

トアルソン・バイオロジックダブルエックス128
(TOALSON BIOLOGIC XX128)

製品名TOALSON
BIOLOGIC
XX128
素材ナイロン
断面形状丸型
構造マルチ
太さ1.28mm
長さ12.2m
ナチュラル
価格¥2,860
原産国日本
発売日2020年3月下旬

ナイロンマルチ+表面にサラサラのコーティング

トアルソン・バイオロジックXX128の表面。ウイルソン・ブレード100V8に張り上げ(Toalson biologicxx128 + wilson blade100v8)

バイオロジックダブルエックス128の最大の特徴が、表面にサラサラのコーティングを施しているという点。

この表面のコーティングのおかげでナイロン特有のずれっぱなし・ヨレを低減、すぐれったスナップバックを実現しています。

インプレのセッティング:BLADEとピュアストで使用

ラケットはしなり系のウイルソン・ブレード100V8、中厚でカッチリしているピュアストライク16×19(2019)に単張りで使用しました!

トアルソン・バイオロジックXX128をウイルソン・ブレード100V8に張り上げ(Toalson biologicxx128 + wilson blade100v8)
ストリングバイオロジック
XX128
ラケットWilson
BLADE100
V8
テンション48ポンド
張り方1本張り
重量増加+13.8g

100平方インチに16×19のBLADE100に張り上げても、重量増加は+13.8gと若干軽めになっています。

ポリエステルの1.25mmだと約16g前後なので、バイオロジックXXを張ることでトップライト気味にすることが出来ます。

ピュアストライク2019にバイオロジックXX128を張り上げ(PURESTRIKE x BIOLOGIC XX)
ストリングバイオロジック
XX128
ラケットBabolat
PURE STRIKE
16×19
テンション45ポンド
張り方1本張り

バイオロジックXX128の打感/性能をインプレ!

トアルソン・バイオロジックXX128をウイルソン・ブレード100V8に張り上げ(Toalson biologicxx128 + wilson blade100v8)

打感の柔らかさ
反発力・飛び
トップスピン
スライス
耐久性・耐摩耗性
コスパ

バイオロジックXX128の打感:柔らかいのにスッキリ!

ナイロンマルチらしい柔らかさ・ホールド感は適度に残しつつも、軽めの手応えでスッキリとボールが飛んで行ってくれます!

X-ONEやXR3などの柔らかい打感は好きなんだけど、もう少し球離れを良くしたい!
こんな風に悩んでいた人にはすごくフィットするはず!

バイオロジックXX128の反発力:標準的なナイロン

反発力に関しては標準的なナイロンと考えてOKですね。

前述の通り柔らかさはありつつスッキリ飛ばしてくれるので、敏感に飛ばしすぎるorホールドしすぎて飛ばないと言うことはありません。

バイオロジックXX128のスピン:自然な回転量を実現

バイオロジックXXの特徴でもあるコーティングのおかげでスナップバックは良好

適度にボールを乗せつつ、押しながらスピンをかけていくような打ち方に相性が良いと思います。

ポリのようにワイパースイングで引っ掛けて打とうとすると弾道が安定しないので、感覚的な調整は必要だと思います。

バイオロジックXX128の性能維持:平均よりも上

コーティングによる滑りの良さ+耐摩耗性の向上により、同じ太さのナイロンに比べると耐久性は良いですね!

TRUEMAN
TRUEMAN
ポリで1,2ヶ月切れない!っていうような人なら、試してみる価値は十分あると思いますね!

バイオロジックXXのコスパ:標準レベル+α

定価は税込2,860円でナイロンマルチとしては標準的な価格設定になっており、高すぎず安すぎずという印象。

簡単には切れないだけの耐久性はあるので、コスパの面では標準レベル+αという感じでしょう1

単張最安値:1,570円+送料

楽天市場やYahooショッピングでの最安値は1,570円+送料となっています。
(ヒマラヤが最安)

ボックス最安値:21,870円=1張分995円!

バイオロジックXXにロール販売はなく、22張分が梱包されたBOX販売があり最安値は21,870円。

1張分は約995円となっていてかなりお得な価格です!

バイオロジックXX128のメリット/デメリット

・適度に柔らかめ打球感
・スッキリとした反発力
・ドライブ系向きのスピン性能
・ズレ、ヨレが起きにくい
・耐久性は標準以上

・引っかかりは控えめ
・太さが1種類しかない
・ロール販売なし
 (BOX販売のみ)

『柔らかいけどスッキリ飛ばせる』という使用感は、幅広いプレイヤー層に使ってもらえるナイロンマルチだと思います。

ただ太さが1.28mmの一種類しか選べないのは少し寂しいポイント。

よりホールド感が強まる1.32mm、もっとスッキリとした弾きの1.24mmなどの複数ゲージの展開をしてもらいたいところ!

ライバルストリング:ベロシティMLTやIC SPEEDなど

柔らかさとコーティングという点ではHEADのベロシティマルチも同じカテゴリーのストリング。

ただ太さが1.25/1.30mmの2種類、カラーも複数用意されているので、バイオロジックXXで満足出来なかったらこちらもぜひ。

こちらも柔らかい打感+適度な滑りの良さを実現しているダンロップのアイコニック・スピード。

1.25/1.30mmの2種類のゲージを展開、定価2,420円とお手頃な価格設定になっているのもGOODな点です。

個人的にはバイオロジックXXよりもIC SPEEDの方が柔らかさを感じやすいですね!

ダイアデムのインパルスもコーティング系ナイロンですが、もっとムチっとした打球感になっています。

まとめ:トアルソン・バイオロジックXX128 インプレ

バイオロジックXX128

・適度に柔らかい打球感
・スッキリと飛ばせるパワー
・ドライブ向きのスピン性能
・引っかかりは控えめ
・耐摩耗性やヨレにくさはGOOD
・太さが1種類のみなのは欠点

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。