インプレッション・感想

ウイルソン・プロスタッフ97CV(2018)のスペックと塗装。 ベルベットコーティングの耐久性は?

プロスタッフ97CV
この記事のポイント
・ウィルソンのベルベットコーティングについてまとめました。
・ベルベットコーティングの耐久性はVer.によって違います。
・プロスタッフx2種類を例に、比較を行いました。

プロスタッフ2018年モデルを購入

みなさん、こんにちは。
前回のブログでは「あぁ、ラケット買い替えちゃおうかなー」なんていう、とっても中身のない記事をアップしましたが・・・・

買いました。笑
買ってしまいました。

ウィルソン プロスタッフ97CV (2018)
(Wilson ProStaff 97 CV)

ProStaff 97 CV (2018)

そして購入したのはこちらの黒x白の2018年モデル
12.0verとも呼ばれるこのモデル。

フェデラーがデザインに関わって開発されたもの、なのに2018年のウィンブルドン以降は使ってもらえていないちょっと不運なモデル。
(フェデラーは1つ前の黒×黒デザインを使用中。そして2019年モデルとして黒×黒デザインが出るそうです。)  

スペック:PRO STAFF 97CV 12.0Ver

フェイスサイズ98平方インチ    
重さ315グラム
バランス310 mm
フレーム厚21.5 mmフラット
フレーム長27インチ
ストリングパターン16 x 19
stiffness
(Tennis Warehouseから参照)
65


黒x白になってフレックス( ≒ stiffness)をほんの少し(※0.3ポイント)変更した・・・というのは日本以外ではあまり公表していない情報だそうです。
そのせいか海外のサイトを見るとそこまで詳しくは触れらておらず、単に新しいデザインという扱いになってます。
さらっと「0.3pt変更したよ!」って情報が出てきましたが、僕個人としてはそもそも製品のバラツキが0.3pt以内だったとはちょっと考えにくい・・・と。笑
(単純なフレックスだけでなく、カーボンの配置や向きが変わってるのかもしれませんが・・・)

少なくとも僕には単純な0.3ptの違いは分からないし(きっと3ptの違いだって分からない)、まぁまぁ普通に使う分には気にしなくて良い部分だろうと考えてます。

  

プロスタッフ97CV(2018):塗装が良くなった!

今日はプロスタッフのデザイン・塗装について熱く語っております。
※性能や打感が気になる方は、以下のリンクからお願いします。
ウィルソンプロスタッフ97CV – セッティング模索中。[インプレッション]
プロスタッフ97 CV×ハイペリオン×ブリオ – なかなかの好感触![インプレッション]
プロスタッフ97CV & ピュアストライク16×19 – 比べてみました![インプレッション]


まず今回触れておきたいのが塗装・コーティングの変化です。
まずはこちらの写真をご覧ください。

Prostaff 97 CV (2017)

こちらは黒x黒の97CV( 11.5Verと呼ばれることも)。

見にくくて大変恐縮なんですが、見ていただきたいのはウィルソンの文字。
これ実は文字の形にマスキングして、そこだけベルベットコーティングがないんですよ。
なので下地の光沢ブラックが見えてる状態なのであって、フレームに「Wilson」という文字が塗装されてるわけじゃないんです

するとどうでしょう。
ただでさえ強度の低いベルベットコーティングが、文字のところから剥がれる剥がれる。
そしてこうなりました。

コーティング剥がしてしまった・・・

なんてことでしょう!
ベルベットコーティングが剥がれ落ち、下地の光沢ブラックが丸見え。
あぁ無情・・・

当然、Wilsonの文字は消えてなくなりました。
Wilsonの文字の部分は最初からコーティング剥がしているような状態なので、その境目からどんどん剥がれます。
構える時に非利き手をスロート部分に添えて、グルグルやっちゃう人は剥がれやすいかも・・・
(ん?フェデラーめっちゃやってるじゃないか!笑)

反対側もこのような感じ。
日焼けした皮が剥がれるかのごとく、どんどん広がってしまいました。

しかもさらに悪いことに、場所によりベルベットコーティングの定着具合が異なり、簡単に剥がれる場所もあれば、強く擦っても全然剥がれない場所もありました。
いっそ全部剥がれちゃえばいいのに・・・と思っても全部は剥がれない。涙
ただこの剥がれ具合も個体差があるのかもしれないので、しばらく使っても大丈夫なやつもきっとあるはず。


だいぶ話が長くなりましたが、次にこちらの黒x白(12.0ver)の写真を見てください。

このモデルは黒地の上に白でwilsonの文字、そしてその全体を覆うようにベルベットコーティングがされています

これなら簡単には剥がれなそう!
(お願い!)
少なくとも11.5Verのように、文字のところからどんどん剥がれてしまうようなことにはならなそう!

もちろん使用する中で表面から剥がれていってしまうのは避けられなさそうですが、出来るだけ長く綺麗でいてくれると嬉しいな・・・

「PRO STAFF」のレーザー刻印は相変わらず美しい仕上がり。
どうせならwilsonの文字もこれでやってしまっても良いのに。

以前は赤い文字で書かれていたカウンターヴェイルの文字も白に変更。
全体の美しさ、統一感が出たと思います。

売り上げとしては黒x黒の方がいまだに上回っている・・・なんて話もちらほら聞きますが、新しい黒x白バージョンも実は結構良い仕上がりになっています。
一度手にとってチェックして見てください。
きっと思ってたよりも良い仕上がりかも、ですよ!

まとめ:コーティングの耐久性を優先なら2018年モデル!

いかがだったでしょうか?
11.5Verではベルベットコーティングが悲惨な結末を迎えたワタクシ。笑

2018年モデルはデザインも格好良いですし、特にベルベットコーティングの剥がれが気になりそうな人にはこのモデルをオススメします!

びっくりだったのは2019年モデルとして発表されたプロスタッフ、2017年モデルと99%同じデザイン。笑
フェデラーと同じデザインのラケットが使える嬉しさ、黒x黒のシックな格好良さは良いんですが・・・ベルベットコーティングどうにかしてくれませんかぁー!


※更に過去のプロスタッフまで遡って、塗装の変遷・ベルベットコーティングの必要性などについて書きました!
ウィルソン・ベルベットコーティングの耐久性について!

<紹介した製品一覧>