インプレッション・感想

シグナムプロ・ハイペリオン×バボラ・ブリオ あっさりとした打球感のハイブリッド!インプレッション

今回はシグナムプロのハイブリッド1.24mmをメインに、バボラのブリオ1.30mmをクロスに組み合わせてハイブリッドにしてみました!
若干の柔らかさと、あっさりとした打球感を持った1張に仕上がりました!

この記事のポイント

・ハイペリオンとブリオをハイブリッド
・ラケットはプロスタッフ97CVを使用
・あっさりとしたボールの飛びが魅力
・1張分1240円と格安!

ハイペリオン × ブリオのハイブリッド

ラケットウィルソン
プロスタッフ97CV
メインストリングシグナムプロ ハイペリオン 1.24mm
クロスストリングバボラ ブリオ 1.30mm
テンション43ポンド × 43ポンド

仲間内では使いやすい上に安くて良い!と活躍してくれているハイペリオン1.24を、ブリオ1.30とのハイブリッド(通称ハイブリオン。笑)にして、43ポンドで張り上げてみました!

打感:球持ちが良く、柔らかめ

ミニラリーのようなゆっくりなスイングでも明らかに球持ちが良くなりました。
通常のラリーでも球持ちの良さが十分に感じられ、打感もかなりマイルドな方向に変わったと思います。

反発力:ストロークにはちょうど良い

反発力もある程度あり、無理をしなくてもボールスピードが上げられるように感じました。
ボレーは球持ちが良いものの、若干ボールをホールドしすぎる感じが有り、ボレーをメインに考えるならもう少しテンションを調整した方が良いかもしれません。

乗せて運ぶショットにもOK

ラケットの重さ、ストリングの食いつきを活かし、ボールを乗せて運ぶようなショットも打ちやすかったですね。
ブロックリターン、面で合わすような雷神ぐショットも良かったです!

スピン性能:ホールド感が良く掛けやすい

プロスタッフ97CVに硬いポリだと球が乗らず、スピンの掛かりにくさに苦労していたのですが、今回のハイペリオンはホールド感が増しスピンも掛けやすくなりました。

振動止めをつけた方がベター!!

フレームの影響もありますが、インパクト後に手に伝わってくる振動は多かったです。結構気になるレベル。

そんなワケで、対処としてドーナツ型の振動止めを装着。一気に良くなりました!
気になっていた振動に関してはほぼ100%解決。ラリーしてても気になる事は無くなりました。

伸びが出てくると振動が増えてしまう傾向にあるので、このハイブリッドを使うなら振動止めはつけた方が間違いないですね。

コスト:1張りあたり1240円!

ネットの最安値を調べたところ、ハイペリオンは980円、ブリオは1500円で購入可能。
ハイブリッド1張りの価格は1240円とかなり安め!
『ハイブリッドにしたいけどコストは抑えたい!』という人もオススメです。

ライバル:ブラックヴェノム×ブリオのハイブリッド

ハイペリオンとほぼ同等の性能、そしてより柔らかい打感を実現しているブラックヴェノム。ブリオも扱いやすいナイロンマルチで、ハイブリッドにもアリ!

他にもハイブリッドストリングに関するインプレを多数用意していますので、ぜひチェックしてくださいね!
→ ハイブリッドストリング一覧

まとめ:ボールが乗る格安ハイブリッド

ではこのハイペリオン×ブリオのハイブリッドインプレまとめです。

まとめ

・程よいホールド感&反発力
・低コストで張り上げ可能!
・振動は多め、振動止めが必要
・ストロークを気持ちよく打てる!

<この記事で紹介した製品一覧>

ボールのホールド感と反発力のバランスが良く、価格も安いハイペリオン。
カット品なら送料込980円で購入が可能!!

   
200mロールでも7000円を切る安さ!!
練習頻度が高い人、部活などでストリングを頻繁に張り替える学生にもオススメの一品です。

    
ブリオはどんなストリングと組み合わせてもある程度扱いやすい性能に仕上がるので、ハイブリッドにオススメのナイロンマルチ!

    
ポリツアープロはハイペリオンと性能が近く、より軽快なフィーリングのストリング。
こちらも価格が安いので、とりあえずハイブリッドを試してみたいという人に。

    

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
ハイペリオンは性能のバランスが良く、価格も安くてとにかく色々試したりするのに最適なストリングです。

多少マニアックなストリングかもしれませんが、コスパも良いのでぜひ試してみてくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!