テニス

フェデラーのためだけの限定色再び。 レーバーカップ2019 [ Laver Cup ]

みなさん、こんにちは。
いよいよ今年もレーバーカップ (Laver Cup)が始まりますね!

世界のトップクラスの選手達だけで行われる豪華過ぎるこの大会。
(ポイントはつかないので一応エキシビジョンの扱いですが、試合は真剣そのもの!)
今年はスイスのジュネーブにて開催されます。
いつもはネットを挟んで戦っている2人がダブルス・・・なんていうのが起こるのもこの大会の見所のひとつ。

そして試合と合わせて気になるのが、フェデラーがこの大会だけで使う限定色ラケット!
写真と合わせて情報をまとめました!プレミアモデル認定間違いなしの貴重なモデルとなっています!

<TOPICS>
フェデラー x レーバーカップ2019の限定モデルは青!
2018年の限定色は赤でした。
錦織選手の限定色も発売されます!

フェデラー x レーバーカップ2019の限定モデルは青!

フェデラーが今年のレーバーカップで使用するプロスタッフRF97の限定色がこちら!

  

チームヨーロッパのカラーに合せてブルーの配色となっています。

光沢+マット(ベルベットコーティング)の組み合わせは、オリジナルの黒色と同じ仕様となっています。

そして今年の限定色は、97CVと97Lも同時に販売となります!
RF97は厳しいけど・・・と思っていた方には朗報ですね!
もちろん各モデルとも数量限定となっているので、気になっている方はとにかく急がないと!

  


またフェデラーが実際に使っているラケットのスペックやストリングのセッティングなどについてもまとめましたので、こちらも合わせてチェックしてみてください。
BIG4のリアルなラケットスペックを調べてみた!ロジャー・フェデラー編[パーソナルスペック]
  

2018年の限定色は赤でした。

今年はチームカラーに合わせた青色のラケットでしたが、2018年の限定色は赤でした!

この投稿をInstagramで見る

Cool under pressure. #LaverCup #TeamEurope2018 @rogerfederer

Laver Cupさん(@lavercup)がシェアした投稿 –

  
スイス国旗をイメージした赤のカラーリング自体は強そうで悪くはないと思うのですが、自チームが青相手チームが赤なのでラケットだけ違和感が大きかったですね。笑
このラケットは数量限定1875本の販売だったそうです。

時々コートで真っ赤なプロスタッフを使っている人を見かけるのですが、発色がすごく良いので遠い距離からでもとっても目立ちます。
(ブイコアも真っ赤ですが発色は少し抑えめなので、そんなに目立たないんですよね。)

ウィルソンの限定色商戦はプロスタッフだけではありません。笑
錦織選手の限定色もご用意しておりまっせ、と。
  

錦織選手の限定色も販売されます!

錦織選手が使用しているウルトラツアー95CVにも限定色が販売されます!
それがこちらのモデル!
↓↓


錦織選手の出身地である島根県の日御碕(ひのみさき)灯台をモチーフにデザインされたんだって!
出雲日御碕灯台|出雲観光ガイド
  

フェデラーの限定色とかなり被っている気がするんですけどね(笑)
Kei Limited 2019は日本限定だから問題ないのかな?
9月下旬の販売予定となっております。
こちらも本数限定のようですので、気になる方は早目にオーダーしましょう!

  
しかし、ウィルソンの限定色作戦は本当にすごいですよね。
・標準色
・リバースカラー
・黒Ver
・カモ
・ボールド
・各選手の限定色 etc…

と、ひとつのシリーズで複数のカラーが混在する状況に。
ラケット業界最大手だからこそ出来る幅広いラインナップ展開となっています。