ストリング

ストリング3種 x エクスカリバー!打ち比べインプレ|ナイロン/ポリ/ポリオレフィン

この記事のポイント

・エクスカリバーでストリング3種打ち比べ
・ナイロン/ポリエステル/ポリオレフィンの3素材
・アディクション、LYNXツアー、ブラックヴェノムを使用
・素材による打感の違いは大きい
・お気に入りはブラックヴェノム

今回使用したストリング3種

使用したラケットは薄ラケながら、
抜群の性能を持つTENXPROのXCALIBRE。


このフレームに合うストリングを探すため、
重量・バランスを揃えた3本に異なる素材の商品を張って
同時に打ち比べてみました!

①バボラ アディクション 1.30mm
(Addiction)

ナイロン+ポリウレタンで、
一番柔らかい素材と思われるアディクション。
寒い時期に備えるため購入した一品。
普段はバボラのブリオを使う事がほとんどなんですが、
ポリウレタン配合で柔らかさに期待大。

②ヘッド リンクスツアー 1.25mm
(LYNX TOUR)

素材はポリエステルのHEAD LYNX TOUR。
まだ発売前のストリングですが
#大人のポリストリングキャンペーンに当選したため、
今回はポリ代表として参戦!

③ポリファイバー ブラックヴェノム 1.25mm
(Black Venom)

ナイロンでも、ポリエステルでもない。
ポリオレフィンという名称の素材になっているのが
このブラックヴェノム。

量販店では[ポリストリング]として売られてたりするので
僕も最近までポリエステルのストリングだと思ってた!
(まぁポリと言えばポリなんですが。)

打ち比べた動画はこちら!

使用感/感触⇨ブラックヴェノムが1番だった!

結論から言うと、使用した感触が1番良かったのはブラックヴェノム!
しっとりした打球感でありながら、手応えが重すぎず反発力もGOOD。
適度にアシストしてもらいながら打ち込んでいける、
良いバランスに仕上がりました。
冬でもこれなら大丈夫!

反発力:アディクションは良く飛んだけれど

反発力を比べると予想通り
アディクションが一番良く弾きましたね。
手応えも軽く、アシストが欲しい人や
関節に負担を掛けたく無い人には良いですね。
ただ、他2種類と比べると弾きが良すぎて、
ストロークのコントロールがしづらかった部分も否めず。

LYNX TOURは手応えも重く、
ボールを飛ばすにはプレイヤー側の頑張りが必要。
個人的には結構厳しい感じでしたが、
常に振り切るストローカーには良いかも。
新製品ではありますが“ポリらしいポリ”の性能です。

ブラックヴェノムは打った時のしっとり感は
LYNX TOURに近い部分もありますが、
手応えは重くなく、反発力はアディクションを
ちょっと控えめにした感じ。
ナイロン系を使ってる人でも、
このくらいならスムーズに移行出来るはず。

ストローク:打ち抜けるならLYNX TOURもアリ。

LYNX TOURの食いつき感は、
ストロークのコントロールのしやすさに貢献してます。
ただ、反発力がそれほどないので
振り切れるのが前提条件かと。
振れてる間はスピンも掛かるし、
安心してプレー出来ますよ。

アディクションは弾きが良い!
というか良すぎました。笑
ボールが食いつきが弱くで、
手応えのなさが頼りないかも。
コントロールする前にボールが飛んで行ってしまう印象。

ボレー:スイートスポットの差

ボレーに関してはアディクションが弾きが良く、
軽い力で飛ばせました。
スイートスポットは
アディクション>ブラックヴェノム>リンクスツアー
の順に広い感じ。

楽に飛ばしたいならもちろんアディクションを選ぶべきかと。
ボレーでも一瞬食いつく感触が欲しい人はブラックヴェノム。
ボレー?反発力とかいらねぇしww という方は
LYNX TOURをどうぞ。

まとめ:僕はブラックヴェノム!

今回3素材を比べてみて、球威、感触の両方で
ブラックヴェノムが1番でしたね!
合わせるようなスイングでも、しっかりスピンボールでも
満遍なくこなせる優等生的ストリング。

僕のようにストリングに多少パワーアシストしてもらいつつ、
ストロークからサーブまで色々やりたい人にはめっちゃオススメ!
しかも安い!(笑)

アディクションのオススメプレイヤー

ストリングの反発力が欲しい人にオススメ。
ミクロスーパーやトアルソンゴールドに比べると、
打感がちょっとモッチリしているので、
食いつき感が欲しい方に!

リンクスツアーのオススメプレイヤー

2020年1月発売予定のリンクスツアー。
新作のストリングではあるものの、使い心地は意外と固めの方向。
振ってこそ良さが発揮されるのはやはりポリ的な性質かな、と。
(XCALIBREとの相性はイマイチかと!笑)