ストリング

ストリング(ガット)の太さによる違いを徹底解説![テニス基礎知識編]

ストリングの太さによる違いを徹底解説

いろんな太さがあるストリング(ガット)を解説

テニスのストリング(ガット)には、色んな太さ(ゲージ)が販売されています

1.20mmとか1.30mmとかあるけどどう違うの?
と思った方!この記事ではストリングの太さによる性能の違いなどについて、分かりやすく解説しています!

ストリングの太さ(ゲージ)にはどんな種類がある?

まずストリングの太さ(直径)にはおおよそのスタンダードがあります。
ナイロンストリング:1.30mm
ポリエステルストリング:1.25mm

素材や商品によって多少違いがありますがナイロンは1.30mmが、ポリストリングは1.25mmがおおよそ標準的な太さとなっています

シグナムプロ・マイクロナイト

ナイロンストリングなら1.25mmは細め、1.35mmは太めと表現出来ます。
ポリエステルなら1.20mmは細め、1.30mmは太め、こんな感じ。

製品によって太さはまちまち(1.23mmとか1.28mmとか)ですが、とりあえず1.25/1.30mmを基準に太い・細いを判断してもらえればOKです!

細いストリング:弾きとスナップバックが向上

<細ゲージの特徴>

・ボールを弾きやすくなる
・スナップバックしやすくなる
・切断耐久性は低下する

細いストリングにすると弾きが良くなり、少ない力でボールを飛ばしやすくなります。
またストリング同士の摩擦が少なくなり、スナップバックによってスピンが掛けやすくなります。

直径が小さくなる事、スナップバックが大きくなる事で摩耗しやすい事から、耐久性(切断しやすさ)の面では不利になります。

薄ラケやなどストリングに飛びを求める人に!

これらの特徴から、ゲージのストリングはストリングに飛びやスピン性能を求める人にオススメ。
特にフレームが薄いラケットや、フェイスが小さいラケットはボールが飛びにくいので、細いゲージを組み合わせると使いやすくなるはずです。

ポリツアープロには1.15/1.20mmという細いゲージも用意されていて、弾きが良くショットにパワーを与えてくれます。

太いストリング:ホールド感や耐久性が向上

<太いゲージの特徴>

・切断耐久性が向上する
・インパクト時のホールド感が向上
(※ストリングの種類によって多少違い有り)
・ボールの弾きが低下
・スナップバックしにくくなる

太いストリングの大きな特徴はストリングの切断に対する耐久性が向上する事。
細いゲージに比べてボールの弾きやスナップバックは減少するものの、インパクト時のホールド感を強く感じられる場合も有ります。

マイルドな打感や落ち着いた打球感を求める人に

ピュアドライブ(フレームが厚くパワーがあるラケット)で感覚が合わなくて苦労していました。
4G(ポリエステルストリング)の1.30mmという太めのストリングを合わせる事で、ホールド感が増してかなり使いやすくなりました!
(※硬めの素材だと、太くしても硬さが目立つ場合もあるのでご注意を。)

ストリングの太さによる違い|まとめ

まとめ

・ナイロンは1.30mm、ポリは1.25mmが基準
・細いゲージは弾き+スナップバックが向上
 ⇨薄ラケでパワーを求める人に!
・太いゲージは切断耐久性とマイルドさが向上
 ⇨黄金スペックで扱いやすさを求める人に!