ダンロップ(スリクソン)

[ダンロップCX 2021年モデル] 新型CX200はいつ発売?どう変わる?最新情報をお届け!DUNLOP

Embed from Getty Images

土居美咲選手や上地結衣選手など日本のトッププレイヤーをはじめ、競技志向の一般プレイヤーにも支持されているダンロップCX200/CX400シリーズ。
近く発表されるであろう新型CXシリーズについて、変更内容や発売時期についてまとめました!

Embed from Getty Images

なお、記事執筆時点での筆者の予想・推測が多分に含まれています。
一個人の意見とあらかじめご理解頂き、新型が発表される前の準備・復習として楽しんで頂けたら幸いです。

予想:新型CXは2021年上半期にリリース

Embed from Getty Images

新型のCXシリーズは2021年の上半期(特に1~3月が濃厚)に発表されると予想しています。

根拠1:毎年新モデルが登場しているDUNLOP

根拠としては、ダンロップの主要3モデルは2018年以降毎年リリースされているという事が挙げられます。
ダンロップ名義となった2018年にCX、翌2019年にはSX、2020年にはFXと各セグメントのラインナップが完成しています。丸2年経過するCXシリーズが、2021年中にモデルチェンジする事は間違いなさそうです。

あとは時期がいつになるか?という問題

あとはいつ発表・発売になるか?という点が問題になりそうですね。全豪オープンに合わせて1月前後になる可能性もあるでしょうし、もう少し後で春の新作として発売という可能性も考えられます。
少なくとも1~3月中には発表があるのではないかと予想しています。

根拠2:すでに2018年モデルはプライスダウン

すでに2018年モデルのCXシリーズがセール価格となってきています。
大体の場合、新型の発表前後にプライスダウンが行われる為、もしかしたら2021年を待たずに発表が行われる可能性もゼロではないのかもしれません。

おさらい:CX200はBOX+薄ラケの定番!

スリクソンからダンロップにブランド名義が変更された第1弾が2018年のCX200/CX400。Infinergy(インフィナジー)やブースターグルーブの採用、ストリングのマス目の大きさ調整などが行われました。

メインであるCX200/CX200TOURは内側と外側で微妙にフレーム厚が変化する薄いボックス系のフレームとなっていて、ボールを掴む感触やコントロール性の高さが特徴となっています。

松岡修造選手引退以降、錦織圭選手登場前の日本テニス界を牽引した選手と言えば鈴木貴男選手。最近はYouTubeのスタ●ニでもおなじみですね。
2018年モデル発表時のラフィノさんの動画ですが、超絶ボレー&超絶スライス(!)は画面からも伝わる異次元っぷり。

鈴木貴男選手のようにナチュラル張ったら少しは僕も伸びるスライスを打てるようになったり・・・して欲しい(笑)

どう変わる?新型CXを大胆予想!

Embed from Getty Images

新型CXシリーズがどう変わるのか?という点について、ラケットフリークの筆者が独断を偏見を交えつつ予想してみました!

確率75%:新素材を採用

変更確率が高いのは素材面での変更ではないでしょうか。
2018年モデルから採用されたInfinergy(インフィナジー)、ブースターグルーブなどはそのままに、フレーム自体に新たな素材追加or変更する事で減衰性を高める可能性が高いと予想しています。

プリンスのTOUR、ウイルソンのCLASH/BLADE、HEADのGravityなど、この1,2年で改めてフレームの”しなやかさ”を見直す製品も増えています。
正統派ボックス系ラケットのCXシリーズがさらにその動きを先導するようなポジションを狙ってくる可能性はありますよね。
FX500に採用されたフレックスタッチレジン、ピュアストライクのC2ピュアフィールなど、新たな素材を付加する事で打球感の改善を狙うのではないでしょうか!

確率40%:ストリングパターンの調整

2018年モデルは横糸が先端で荒く中心で密な配置へと変更されていました。これによって反発性やコントロール性を高いバランスでミックスする事に成功していますが、先に述べたような素材面で変更があればストリングパターンも再度調整が行われる可能性はあるのではないかと考えています。

Embed from Getty Images

例えば素材的に減衰性が高まっていれば、ストリングのマス目を広げてパワーアップを図る事も可能でしょう。
反対に素材による高剛性化(パワーアップ)なら、ストリングはマス目を小さくしてコントロール性や打ちごたえを調整するかもしれません。
素材次第だと思うので、確率は良くて40%くらいかと予想。

確率20%:モールド(金型)の変更

新作のコンセプト次第ではモールド(金型)の変更もあるかもしれません。
現状、一般ユーザーの中でも比較的競技者志向の強い方に愛用される事の多いCXシリーズですが、より間口を広げる為にもっと剛性の高いシャフトなどを採用してパワーアップを図る・・・なんていう可能性もゼロではないかもしれません。

新スペックを追加しても良いのでは??

個人的には新たなスペックの追加を期待しています!

Embed from Getty Images

ダブルスの名手ジェイミー・マレーが使用するラケットはストリングパターンが16×18、フェイス形状はわずかに丸みが強く、フレームの断面形状もラウンド気味になっています。
ほぼウイルソンSix-One系のラケットだと思われますが、これをCXシリーズとして販売すれば多くのユーザーを取り込めるのではないでしょうか。

Embed from Getty Images

ブレークやロブレド、ハース、シャルケンなど、特に片手BHのトッププレイヤーに愛された300G/200G。
この300Gに近いテイスト、というか素材だけ現在のものを用いてそのまま復刻したモデルが出ても良いのではないかと。当時のモールドに最新技術が搭載されたら・・・欲しいと感じる人は多いはず!

2021年は”赤色”ラケットの戦いに!?

2020年の青ラケット闘争から一転、2021年は赤ラケットの戦いへと発展していくのではないかと思われます!

オールランドな性能を誇るラジカル、高い剛性による安定感を誇るVCORE。同じ赤(オレンジ)系ですが、少しずつ方向性が違うラケットたちの戦いがどのような展開を見せるのかが非常に楽しみです!

まとめ:ダンロップ新型CXは2021年登場か

新型CXシリーズ まとめ

・新型CXが発表間近?
・2021年上半期中に発売と予想
・すでに2018モデルはプライスダウン
・新型には新たな素材が追加?
・2021年は赤いラケットの戦いに!