ラケット

新作VCORE PRO(2021)スペック&ラインナップまとめ!YONEX(ヨネックス・ブイコアプロ)

新作VCORE PRO(ブイコアプロ)2021

ついに発表となったヨネックス・ブイコアプロ2021年モデル!

こちらの記事では最新情報をまとめています!

・ついにブイコアプロの新型登場
・18×20の97Dが追加
・オーバーサイズの104追加
・しなりと復元力を強化!
・球持ちが良く手のひら感覚
・デザインはRD-8を踏襲?

新型ブイコアプロ(2021)ラインナップ&スペック

新しいブイコアプロのラインナップは、こちらの5種類

97Dと104が新たに追加となり、97/100もスペックに変更が加えられています!

VCORE PRO 97D:18×20のパターン採用

#潰せる97D

モデル名ブイコアプロ
97D
フェイスサイズ97平方インチ
重さ320g
バランス310mm
フレーム厚21mm
フラット
ストリング
パターン
18×20
グリップサイズ2 , 3

ストリングパターンが18×20、ハードヒットする人向けに追加となった97D。

2019年モデルでは97HD(※海外モデル)があり、ヨネックスのラケットでも屈指のしなやかさを誇った1本。

新型ブイコアプロ97Dも、フラットでドカンとボールを潰して叩けるラケットに進化しているはず!

VCORE PRO 97:21mmフラットに変化

#掴める97

モデル名ブイコアプロ
97
フェイスサイズ97平方インチ
重さ310g
バランス310mm
フレーム厚21mm
フラット
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ2 , 3

フレーム厚が20mmから、21mmになったのが大きな変更点。

厚みはによるパワーアップを図りつつも、新テクノロジーでしなやかさを生み出しています。

97の軽量モデル(290g)は廃止に!

新型ブイコアプロでは、97平方インチの290gモデルは廃止となったようです。

現行ブイコアプロ97のLGモデル(290g)を愛用している人は、2019年モデルを買い足した方が良い状況になるかもしれませんね。

VCORE PRO100:23mm厚フラットに変化

このモデルは自腹購入しましたので、しっかりインプレさせて頂きます!

#撃ちぬける100

モデル名ブイコアプロ
100
フェイスサイズ100平方インチ
重さ300g
バランス320mm
フレーム厚23mm
フラット
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ1 , 2 , 3

ブイコアプロ100は2019年モデルから+2mmの23mmへと変化。

ブイコアプロ100JPに近いスペックへと変更されており、2019年モデルの100よりも幅広いプレイヤーが使いこなせるラケットに進化しています

CX400TOURと真っ向勝負に!?

2021年の大ヒット作のひとつ:ダンロップCX400TOUR(ツアー)。

23mmフラットのボックス系フレームで、これまでにない汎用性の高さを実現したモデルとなっています。

これに対してブイコアプロ100がどのような違いを持っているのか、気になっている人も多いと思います・・・後日、比較インプレが出来るように頑張ります(笑)

VCORE PRO 100L:280gで高い操作性

#振り切れる100L

モデル名ブイコアプロ
100L
フェイスサイズ100平方インチ
重さ280g
バランス335mm
フレーム厚23mm
フラット
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ1 , 2

フレームの形状などは100と同じで、重量のみ280g/335mmになっているのがこの100L。

高い操作性で振りやすく、2019年モデル以上に扱いやすいラケットになっています。

VCORE PRO 104:待望のオーバーサイズ

#掴んで飛ばせる104

モデル名ブイコアプロ
104
フェイスサイズ104平方インチ
重さ290g
バランス325mm
フレーム厚22mm
フラット
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ1 , 2 , 3

ついにブイコアプロにも104平方インチ、少しだけ面の大きいオーバーサイズが追加

相当注目度が高いモデルですよね!

グラファイト107やCX200 OSと競合するモデル

ブイコアプロ104はフレーム厚が22mmとわずかに薄めになっており、『しなりのあるクラシカルな打感とパワーを両立したモデル』になっています!

競技系ラケットのオーバーサイズは、最近になって再注目を集めているカテゴリー。

ファントムグラファイト107、CX200 OSとも競合になるスペックなので、今後もこの目が離せないジャンルになりそう!

新型ブイコアプロ(2021)のテクノロジー

随所にフレックス(=しなやかさ)というフレーズが入ってますね!

前作以上に高い柔軟性と大きなしなり、ホールド感を生み出すラケットに進化しています!

フレックスコンシステム
(FlexCon System)


■強靭なしなりを生み出す新構造シャフト
現行品よりもシャフトを長くし、柔軟性の高い逆R断面構造を採用。
強靭なしなりを生み出します。

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/news/2021/08/2108041601.html

シャフトが長くなり、しなりが出やすくなっています。

またこれまでのベクターシャフトはハッキリと段がついた凸型の断面だったのですが、新型は滑らかな断面に変わっています。

フレックスフューズ
(Flex Fuse)


■しなりと柔軟性を実現する新素材「Flex Fuse(フレックスフューズ)」
新素材Flex Fuse採用により、ホールド性能に重要な高い柔軟性を実現します。

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/news/2021/08/2108041601.html

ツージーエヌアムド フレックスフォース
(2G-Namd Flex Force)

■急激な復元力を生む新素材「2G-Namd Flex Force」(ツージーエヌアムド フレックスフォース)
繊維と樹脂を分子レベルで結合することで、密着度が高まり強度が向上します。

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/news/2021/08/2108041601.html

VDMは継続して搭載

2019年モデルから搭載されたVDM(Vibration Dampening Mesh)は、2021年モデルでも継続となっています。。

新作ブイコアプロ:発売日は9月下旬の予定!

発売は9月下旬予定!

予約スタートしていますので、確実に手に入れたい人は早めにポチっておきましょう!!

個人的にはフレーム厚が増してより扱いやすくなったであろうブイコアプロ100が注目スペック。

・・・欲しい(笑)

デザインはYONEX RD-8を踏襲?

Embed from Getty Images

今回の新しいブイコアプロのデザインをみて、このRD-8というラケットを連想した人は少なくないのではないでしょうか。

1995年前後に伊達公子選手が使用しており、彼女の全盛期を支えたと言ってもいいモデルなのです。

Embed from Getty Images

おそらく40代以上のテニスフリークなら、このラケットを実際に使った!っていう人もいるのではないでしょうか。

長年テニスを続けている人には”懐かしい“、10代〜20代の人にとっては”新しい“デザインなのが新作ブイコアプロなのかもしれません。

2019年モデルはまだ安くなってない?

VCORE PRO 2019年モデルですが、今のところはまだセール価格にはなっていません。

通常であれば新型発表前には安くなるはずですが・・・もう少し待つ必要があるかもしれません。

2019年モデルも非常にバランス良く完成されたモデルではあるので、安くなったタイミングでまとめ買いするのもありかもしれません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です