01-テニスラケット

【バボラ】ピュアアエロ2022の変化+情報まとめ!Babolat PURE AERO

pure-aero 2022年モデル サムネイル

・新型アエロの最新情報を網羅!
・今回は無印とTEAMが発表
・VSに近いグロス塗装に変更
・300gはAPDと同じパターン
・TEAMは現行と同じパターン
・フラックスを新たに搭載
・発売日は2022年8月25日!

今回はついに情報解禁となったバボラの新型ピュアアエロ(PURE AERO)の最新情報についてまとめました!

現行ピュアアエロVSに近いガンメタに近い色+グロス仕上げになりカッコ良さが大幅アップ!

しかもフラックス採用+ストリングパターンの微調整+グロメット形状の変更など、フルモデルチェンジと言って良いレベルの変化となっています!

TRUEMAN
TRUEMAN
僕はアエロシリーズ買った事ないしインプレもしてこなかったんですが・・・これは買ってしまうかもしれません!笑

残念ながら先行試打会は外れてしまい実打できていませんが、現時点で公開されているインプレ・レビューなどもまとめて載せていますのでぜひ参考にしてください!

※発売されたので速攻でゲット&インプレしてきました!笑


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・EZONE98がメイン,,,??
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

バボラ・ピュアアエロ2022が新登場。
(Babolat Pure Aero)

まだか?まだか?と切実に待っていた人も多いであろう、新型ピュアアエロ(PURE AERO)がついに発表されました!

バボラ・ピュアアエロ(Babolat PURE AERO) 2022年モデルのデザイン
バボラ・ピュアアエロ(Babolat PURE AERO) 2022年モデルのデザイン

新しいピュアアエロは、現在販売されているピュアアエロVS2020に近いコスメティックを採用、表面はグロス仕上げを採用し艶やかなな外観となりました!

ピュアアエロ2022年モデルのスペック

モデル名ピュア
アエロ
ピュア
アエロ
TEAM
フェイス
サイズ
100100
重量300g285g
バランス320mm320mm
スイング
ウェイト
(290)※1(280)※2
フレーム厚26mm

23mm
26mm

23mm
ストリング
パターン
16×1916×19
RA値65※367※4
発売2022年
8月
2022年
8月
※1,2:2019年モデルのカタログ値
※3,4:TWの値を参照したもの

これだけの人気+長寿モデルなのでカタログスペック上では大きな変更はなし

RA値に関しては2019年モデルのRA71よりは低くなっているようで、TennisWarehouseではRA65と表記されていました。

(※この記事を執筆している時点では公式HPに詳細なスペックの掲載なし)

変化:ストリングピッチ+フラックスの搭載

①フラックスをフレームに搭載

②ストリングピッチがアエロプロドライブと同じ

③グロメットホール形状が丸に変更

①フラックス(亜麻素材)をフレームに搭載

新型ピュアアエロはフレームサイド(300gのみ)とグリップに減衰性の高いフラックス(亜麻素材)を採用

これにより打球感のマイルドさ、減衰性の向上、心地よい打球感を実現しています。

FLAX(フラックス)を装着して試してみた


フレームの素材自体に組み込まれているようなので、HEADのG360+の時に使われたスパイラルファイバーとも似たような効果を狙っているのではないかと推測しています。

②ストリングピッチがアエロプロドライブと同じに変更(300g)

Embed from Getty Images

新しいピュアドライブ300gはストリングピッチを過去モデル:アエロプロドライブ(APD)と同じ間隔に変更。
(TEAMに関してはピュアアエロ2019と同じピッチをそのまま継続。)

プロ・アマ問わず非常に愛用者が多かったこのアエロプロドライブ、思わぬ形で再び注目されることになりました。

APDの山型ウーファーのグロメットが換装出来るのかは気になるところ。笑

※グロメットの終わり部分の形状が違うので、付いたとしても一部フレームが露出する形になると思われます・・・

③0時6時のグロメットホール形状が丸に変更

ピュアアエロのグロメット

過去のピュアアエロは上の写真のように横に細長い形状のグロメットを0時・6時の部分に採用していましたが、新型のピュアアエロでは一般的な丸型へと変更されているようです。

ストリング動きを引き出してスピンを向上させるか、それともある程度動きを制限・コントロールするのかっていうのはラケットの特性を決める上でも重要な要素。

その点では、今回の新しいピュアアエロは単純にスピン性能の高さだけを求めているのではないと想像出来ます。

インプレ/レビュー情報まとめ:期待値高めな予感。

先行試打会にも落選し実打することが出来なかった私アドブロ・・・。

今回は現時点で公開されているレビューの中から、非常に参考になりそうな動画をピックアップして参考にさせて頂きました!

ラフィノさん:スペックごとの特徴がしっかり感じられる

・300gはピッチが詰まった分、引っかかりは少ない。ナチュラルな回転は掛かっている。打感に柔らかさがあり前作より打ちごたえは増していて、振り切ってなんぼのスペック。

・TEAM(285g):こちらの方がスピンの掛かりやすさを感じられる、弾道を上げやすく助けてもらえる。コンスタントなラリーをしやすい。

・単純な重さだけでなく、特性の違いもあるので前作とは若干選び分けの基準が変わるかも。

動画インプレの元祖&本家であるラフィノさんはすでに実打インプレを公開中。

300gはよりハードヒッター向けの味付けになり、スピンのかけやすさでいうとTEAMのほうがフッキーさんとしては良かった模様。

従来の引っかかり感を求めるならTEAMを選んでカスタムするのも良いのかも。

TENNItube:前作よりしなりは増大、対ねじれ剛性が向上

・前作より縦・横のしなりが大きくなった
→単純なパワー,精度では前作を下回る
・前作よりも対ねじれの剛性がアップ
→外し気味に打ってもパワーが出やすい
・単純なスピン系を卒業を目指してるのかも?

剛性の計測を含めて、これまでにない切り口からラケットを解説してくれるTENNItubeさんの動画。

新型ピュアアエロも分析の結果、縦・横のしなりは増大したことで単純なパワー・コントロールという面ではマイナス、対ねじれ剛性が高まったのでスイートエリアを外した時には前作よりもパワーを感じやすいのでは?とのこと。

トータルで考えた時には、単純なスピン系のラケットというよりも、トップを狙う競技者のために現代的な黄金スペックを作ったらこうなった・・・という感じで考えると良いのかもしれませんね。

ぱんぴーさん:とりあえず買いはするらしい。

・ボールをぶっ潰しやすくなったかも
・ハード寄りに味付けされた印象
・若干飛びを抑えてコントロールしやすさ重視
・ぼやけた感じが少なくカチッとしてる
・フレームの硬さは2016/2019の中間?

過去に一緒にテニスをしたこともあるぱんぴーさんの動画を参考にさせて頂いただけでなく、本人からも実際に打ってみた感想を頂いてきました!

ぱんぴーさん
ぱんぴーさん
ボールが潰しやすく感じました!
ピッチが詰まった事、ストリングホールが狭まったことにより、”暴発感”が減って振り切れる安心感が生まれたからかと思います!

現役ピュアアエロユーザーらしい、かなりリアルなレビューになってますね!

ぱんぴーさん
ぱんぴーさん
使用感としてはハード寄りになったと感じました!
ストリングパターンの変更で2016/2019よりもストリングが無駄に動かないから、かなと思います。

やはり300gに関して言えばパワーやスピンのかけやすさを追及するというよりも、ショットの精度などを高める方向にシフトしている雰囲気が感じとれます。

ぱんぴーさん
ぱんぴーさん
2016は硬いフレーム+よく動くストリング→結果柔らかめの打感、2019は飛びも引っかかりも若干抑えられマイルド寄りに変化。

2022の弾き感や打球感の硬さは2016/2019の中間くらいに感じました!

とりあえず2本買うらしいので、今後のガチレビューも気になるところ!

ずぉさん:フラットドライブが打ちやすく感じた

先ほどのぱんぴーさんの動画にチラッと登場しているずぉさんにも感想をお伺いしてみました!

ずぉさん
ずぉさん
弾道は自分で上げた分だけ上がる感じで、無駄に補正がかかる感じはないかな。
でも回転は掛かるんで、例えばサーブだと縦の跳ね方は少ないけど横への変化は大きく感じました!

厚いグリップでスピンを掛けるずぉさん的には”勝手に弾道が上がる”感じはなかった様子。

これもストリングのピッチ変更が効いてるっぽいですね。

ずぉさん
ずぉさん
打感はかっちりしてて、アエロなんだけどフラットドライブが打ちやすく感じました(笑)

一般プレイヤーのスイングスピードだと、擦るような当て方ではショットの推進力が出ませんでした・・・

スピン系黄金スペックの系譜の最新作ではあるものの、無条件で”高弾道・高回転”を実現するワケではなく、自分のスキルでスピンを掛ける必要のあるラケットになったようですね!

ずぉさん
ずぉさん
RPMブラスト48ポンドのを試打したけど、その後4日間肘が痛かった・・・

フラックスが入っているとは言え、衝撃をガッツリ吸収するとかではないと思うので・・・フラックス効果を過剰に期待している人は要注意かもしれません

アドブロの実打インプレはこちら!

アドブロ的には・・・買ってみようかな?

色々と情報をまとめてみましたが、意外と新型のピュアアエロは気になってます。

もちろんすんなりフィットする・フィットさせられるタイプのラケットではないことは理解しているし結構リスクはあると思ってます(笑)

ただ現状で複数のレビューを見ていると【今までのピュアアエロとは違う特性】が強まっている感じがしますね・・・

ポジティブに捉えるならば、今までアエロが合わなかった人にもフィットする可能性は高まっているのでは?という予感がしています。

もしかしたら数ヶ月後にはピュアアエロの動画を投稿するアドブロが見られるかも・・・?

ちなみに一番最後に買って使った純・黄金スペックはDUNLOP FX500でした・・・パワーやプレーしやすさは好きでしたが、打ち方が適当になり手首を痛めて断念(笑)

果たしてピュアアエロを使いこなす男になれるのでしょうか・・・

発売日:2022年8月25日に発売予定!

新型ピュアアエロの発売予定日は2022年8月25日となっています!

やはりこれだけ人気+注目度の高いラケットですので、確実にゲットしたい人は予約しておくのがマスト!

以下のリンクが現時点での最安値(※国内正規品)で、8月下旬まで20%オフクーポンが数量限定で使えます!

ピュアアエロ 2022(300g) @テニスジャパン
ピュアアエロチーム(285g) @テニスジャパン

新型ピュアアエロ(2022年モデル):まとめ

・2022年8月25日に新型が発売開始
・ガンメタ+黄色+グロス仕上げ
・300gはピッチが若干狭くなった
・TEAMは現行と同じストリングピッチ
・単純なスピンよりも高い精度を追及
・使用感はハード寄りになった
・スピンのかけやすさはTEAM
・肘に痛みが残った人もいる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。