インプレッション・感想

ブイコア98は意外なほど扱いやすい万能ラケット – ヨネックス V CORE 98 [インプレッション・感想]

vcore98(ブイコア98)インプレッション

この記事のポイント

ヨネックスの”赤い旋風”こと、VCORE98のインプレをお届け!

・VCORE98ってどんな感じ?
・実際スピンがすごい掛かるの?
という疑問に答えます!
この新しいVCORE98、しっかりしていてボールを叩いていける万能ラケットですね!

Yonex ブイコア98 (VCORE98)とは?

みなさん、こんにちは。
今回は噂のレッド旋風ラケット
ヨネックス ブイコア98 (YONEX VCORE 98)
このラケットの感想・インプレをまとめてお届けします!

Embed from Getty Images

日本人選手No.2の西岡良仁選手、マクラクラン勉選手や添田豪選手、
アメリカのスティーブ・ジョンソンといった選手がこのモデルを使用中。
(※2020年からジョンソンはEZONE98になりました。)

YONEX ブイコア98:スペック

フェイスサイズ98平方インチ
重さ305g (G)
285g (LG)
バランス315mm (G)
325mm (LG)
フレーム厚22 – 22 – 21 mm
フレーム長27インチ
ストリングパターン16 x 19

  
今回はGタイプ:305グラム・315mmを使用。
22mm厚・98平方インチ・16×19というスペックは、幅広い層が使う事が出来そうなスペック。

フレイムレッド / ギャラクシーブラックの2色

メインカラーのフレイムレッドに加えて、ギャラクシーブラックという新色も。

ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)のフレイムレッド
レッド旋風:フレイムレッド
ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)ギャラクシーブラック
ギャラクシーブラック

  
黄金スペックより少し小さく・少し重く・少し薄い設計になっていて、
ピュアストライクやラジカルあたりと近いスペックになるかと思います。

VCORE 98:コンセプト

とにかくスピン性能が強調されているこのブイコア98。

ヨネックス史上No.1のハイスピンテクノロジー
圧倒的なボールの掴みで、スピンを操るコントロールモデル。

http://www.yonex.co.jp/tennis/racquets/vcore-98.html

史上No.1というフレーズは期待感アップ。
僕のような週末プレイヤーとしては、ラケットがスピンをアシストしてくれるのならかなり嬉しいですよね。

VCORE98:テクノロジー

ラケットをよく見るといくつか新しい技術も盛り込まれています

エアロトレンチ(AERO TRENCH)

ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)のエアロトレンチ(AERO TRENCH)

まずフレームトップはフレームの内側に溝があり、グロメット部分が隠れるような設計になっています。(AERO TRENCH)

グロメットが隠れる事による空気抵抗の低減、縦ストリングの有効長が長くなる事による球の食いつきや反発性能の向上も得られそう!

エアロフィン(AERO FIN)

ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)のエアロフィン

そしてフレームのスロート〜ヨークの位置には上の写真のような凹みが設けられています。(AERO FIN)

フレームの肩部にも同じ機構が設けられていて、これにより空気の流れを整える事で空気抵抗を抑え、またフレームにしなやかさを出すことも出来るそうです。

Namd (エヌアムド)

スロート〜ヨーク部分には新しい素材Namd(エヌアムド)が搭載されているそうで、高速スイングでもしなやかさを反発性能を発揮。

ライナーテック(LINER TECH)

ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)のヨーク、スロート、シャフト部分

ストリングが出来るだけ真っ直ぐに近い角度でフレームに入るよう設計したLINER TECHも搭載。
ウィルソンでいうところのパラレルドリリング。
目立たないし、地味だし、手間もかかる部分だと思うので、それだけにこれを搭載するラケットはちゃんとしたものが多い印象。

3D ベクターシャフト

ヨネックス・ブイコア98(VCORE98)のシャフト部分・ベクターシャフトを拡大
3Dベクターシャフト

そしてヨネックスの代名詞的な存在にもなりつつあるベクターシャフト
このリブが入った形状によって剛性アップ、安定性アップ!なシステム。

こう見ていくと、いくつも技術を盛り込んだラケットなのが分かりますね。

セッティングについて

このブイコア98に関してはいくつかのセッティングを使いました。
・ハイペリオン 1.24mm
・ツアーバイト 1.30mm
ポリツアープロ 1.25mm
ブラックヴェノム1.25mm x ブリオ1.30mm

今回は、複数のセッティングを試してみて感じた”フレーム自体の感触“をメインにインプレをまとめていきます。

<ブイコア98の打感>
歯切れの良いシャープな打感。

まず打感なんですが、とてもシャープで気持ち良い感触でした。
雑味が少なく、気持ち硬めな印象です。

ヨネックス・ブイコア98のスロート部分を拡大
シャープな打感

余分な味付けが無いのが良い

ボールが若干食いついたあとにスムーズに飛んでいってくれる事と、不快な振動などの余計なものが残らないという事が、気持ちの良さの要因かと。
ヨネックスの打感はちょっと・・・なんて思っていた僕でしたが、これは素直に良いですね。

ソリンコ・ツアーバイト1.30を52Pで張ったバージョンも試しましたが、こっちの方もっとモッサリとした打感になりました。
長くヨネックスを愛用して来た方にはこちらの方がフィットする場合もあるかも。  

<ブイコア98の性能>
期待したほどはスピンは掛からなかったけど・・・

“ヨネックス史上No.1のハイスピンテクノロジー”という謳い文句に期待は膨らみまくり。

で、実際打ってみたら意外と普通(笑)
勝手にスピンが掛るわけではなく、掛けにいけばしっかり掛るよ!というレベル
グリグリに掛けに行くのには微妙かも。
パワーやスキルがある人になら掛けやすく感じるかもしれませんが、そういう人は元より道具に頼らんでもスピン掛けられると思うのです(笑)

このくらいのスピン性能だから使いやすい

ただこのくらいのスピン性能の方が、トータルとしての扱いやすさ・まとまりが良いかなと思います。

スピンを掛けても良いし、フラット気味に打ち込んでもOK。
ボレーも食いつき過ぎず違和感無し。

305g / 315mmで重量バランスは操作性が高く、シャープな弾きも合わさって、トータルとしてとても使い易いラケットに仕上がっていると感じました。

ヨネックスが苦手だった人にも試してもらいたい

このブイコア98の面形状は縦横比がかなり丸型に近づいています
なので他ブランドを使用していた人、アイソメトリック形状が苦手で敬遠していた人なども、一度試してみたらクセのない使いやすさに驚くかも

スイングウェイトもそこまで重くないので、しっかり振れる女性なら問題なく使えると思います。
(もちろん285gのLG仕様も販売されているので、体力に合わせて重さを選べばOK!)
男性プレイヤーならストリングを変える事で、自分好みの味付けに仕上げていける育てがいのある良いラケットだと思います。

EZONE98(2020)との違いは?

2020年に販売されたEZONE98は、VCORE98に比べてパワー・柔らかい打球感が魅力のモデルに仕上がっています。

多くのプレイヤーにウケやすいのがEZONE、レスポンスの良さではVCORE98が上。
好みのフィーリングがどっちか?という所で比較したら良いかと!

プロスタッフに近いかっちり感!

かっちりとした感触はウイルソンのプロスタッフにも近い感じ。
性能的にも近い所にあるので、ぜひ比較を!

この他にもラケットのインプレをいくつも用意していますので、合わせてチェックしてみてくださいね!
→ ラケットインプレッション一覧

VCORE98・インプレ|まとめ

それではVCORE98インプレのまとめです。

インプレまとめ

・バランスの良い扱いやすいラケット
・打感はシャープ・若干固め
・スピン性能は普通。でも回転量調整しやすい。
・取り回しも悪くない。
・クセがないのでヨネックス苦手だった人にもオススメ
・セッティング次第で好きな感触に育てられる!


これまで打ったヨネックスラケットの中では1番扱いやすかったブイコア98。
いろんな新しい機能も搭載されていますが、全体がバランス良くまとまった優等生的ラケットでした。

このブイコア98を使用している西岡選手のリアルなラケットについても調べてまとめてあります!
合わせてチェックして頂けるとより楽しめる事間違い無し!

今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
今までアイソメトリック独特の感触が正直苦手でしたが(笑)、VCORE98のおかげで克服しつつありますね。
みなさんはヨネックスのラケットは違和感無く使えるタイプですか?
これまでのヨネックスラケットとの思い出、オススメのセッティングなどぜひコメントしてくださいね!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

<紹介した製品一覧>

今回インプレをお届けしたVCORE 98の購入情報をまとめました!

最安値は¥23,000(ブラック)、国内品は¥27,000前後

楽天市場ではギャラクシーブラックの¥23,000が最安値となっていました。
フレイムレッドだと+¥1,000高い¥24,000が最安値でした。

国内正規品の場合は¥27,000台が相場となっているようです!

限定デザインが登場!数量限定販売!

このブイコアシリーズが誕生してから、来年には10周年を迎えるということで限定デザインが登場します!
数量限定ですので、気になる方はお早めにチェックを!