01-テニスラケット

HEAD EXTREME MP(2022)って実は汎用型ラケット!ヘッド・エクストリームMP インプレ/レビュー

ヘッド・エクストリームMPのインプレッション

・あっさりした癖のない打球感
・軽めの手応えと若干の食いつき
・中弾道スピンが深くまとまる
・操作性は平均以上
・オールラウンドに使える1本

AUXETIC(オーセチック)を搭載したHEADのスピン系黄金スペック:EXTREME MP(エクストリーム・エムピー)2022年モデルをインプレッション。

ヘッド・エクストリームMP(2022)のシャフト

TRUEMAN
TRUEMAN
アエロよりも軽快、SX300よりも汎用性が高い、そんな立ち位置になっています!

スピンコンセプトのラケットの中では突出した特徴や性能はありませんが、バランス良くオールラウンドに使いやすい完成度の高いラケットに仕上がっています!

メリット デメリット
・軽めの打球感
・若干の食いつき
・弾道の調整幅は広い
・ストリングがたわみやすい
・操作性が良くなった
・オールラウンド
・球速が若干出しにくい
・強烈なスピンには不向き
・面安定性
・好みの分かれる配色


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・EZONE98がメイン,,,??
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

HEAD EXTREME MP 2022年モデル
(エクストリーム・エムピー)

ヘッド・エクストリームMP(2022)
ヘッド・エクストリームMP(2022)の外観

HEADのスピンコンセプトモデルであるEXTREME MP 2022年モデルは、少しくすんだような配色が特徴。

ヘッド・エクストリームMP(2022)のシャフト形状

ピュアアエロのシャフトを逆向きにしたような感じの形状をしており、コンパクトかつ肉厚という印象。

スペック:バランスが320mmへと引き下げ

ヘッド・エクストリームMP(2022)のグロメット
モデル名HEAD
EXTREME MP
ヘッド
サイズ
100平方インチ
重さ300g
バランス320mm
(前作:325mm)
スイング
ウェイト
厚さ23-26-21mm
フレックスRA66
ストリング
パターン
16×19
長さ27
CPI500
グリップ
サイズ
2,3
(※日本国内)
価格税込
37,400円
発売予定日2022年9月

300g/320mm/最大26mm厚なので、いわゆる黄金スペックと呼ばれる要素をきれいに満たしたスペックとなっています。

<CPI:500>
SPEED MP
PRESTIGE MPL
GRAVITY MP LITE

エクストリームMPのCPIは500となっており、同数値の中では最も厚みのあるフレームとなっています。

前作からの変更点

①AUXETIC搭載
②バランスが320mmに引き下げ
③ストリングピッチが若干狭くなった

基本的に前作の設計は引き継ぎつつ、AUXETIC搭載、バランス変更、ストリングピッチ変更を実施。

小さいけれど、確実に変化が現れそうなポイントをいじってきましたね。

特徴:スピングロメット+AUXETIC

ヘッド・エクストリームMP(2022)のビッググロメット

EXTREMEシリーズの代名詞とも言える、開口部が大きいスピングロメットをフレームトップ側ストリング6本に採用。

ヘッド・エクストリームMP(2022)のサイドグロメットの形状

サイドのグロメットも前後に伸びた長方形のようになっており、ストリングのたわみが出やすくなっています。

ヘッド・エクストリームMP(2022)のグロメット溝の形状

ストリングが溝に隠れるタイプのグロメットなので、空気抵抗は比較的抑えめに感じます。

ヘッド・エクストリームMP(2022)のAUXETICマーク

他シリーズでも採用されているAUXETICを搭載し、更なる安定性やパワーを追及したモデルになっています。

打球感:軽快だけど若干つかむ感覚

フレームのしっかり感から生まれるはじき出すような軽快さがありつつも、軽いスイングでストリングがたわむ感覚もありました。

エクストリーム特有のビッググロメットがこの掴む感覚を生み出していると言えるのかも。

ピュアアエロ2022より手応えは軽く、SX300と比べても若干乾いたシャープ寄りな打球感と言えますね。

若干たわみによるだるさを感じる場面も。

ファントムタッチ+ゴールドリアクトのハイブリッドでテストをしてみると、弾きは良いのですがフラットサーブやチャンスボール打ち込みの際に思ったより球速が出にかったですね。

ストリングのたわみがダルさに感じられ、振ってる割に球が走りにくい印象に。

パワー自体はしっかりありつなぐボールの質には問題ないので、セッティングの微調整でもっと良くなりそう。

性能:スピン特化というよりも汎用型

ヘッド・エクストリーム・エムピー(MP)の性能をインプレ
反発力+1
パワー+1
ホールド感+1
弾道の高さ+1
トップスピン+1
スライス0
安定性-1
操作性0
振り抜きやすさ0
快適性+1

※-2から+2までの5段階で評価

サービス:回転による変化がつけやすい

ヘッド・エクストリーム・エムピー(MP)のサーブ

ボールをつかむ、そこから回転へと変換する感覚はつかみやすいので、スピンからスライスまで打ち分けはしやすかったですね。

逃げるスライス、弾むスピンなど、状況に応じた打ち分けはしやすいですね。

バランスが320mmになったこともあってか操作は楽で疲れにくいです。
重りを少し足してパワーを出したいところはあるかもしれません。

ストローク:アシストが強く中弾道が安定

ヘッド・エクストリーム・エムピー(MP)のフォアハンド

最も打ちやすいのはほどよく球速が乗った、ほどよく高め=中弾道のトップスピン

ネット上2メートルくらいを通過させるイメージで打つと、安定して相手コートの奥側に着弾させることが出来ますね。

SX300より若干低め、アエロ2022と同等か若干高めの弾道が打ちやすく感じます。

ヘッド・エクストリーム・エムピー(MP)の片手バックハンド

無理に球威でゴリ押しするというよりも、安定したショットでしっかり打ち合いつつ主導権を握っていくという感じですね!

スライスは想像以上に食いつく感じが強く、少し押しを加えられるようなイメージですね。

ボレー:操作性・タッチ系ショットに優れる

ヘッド・エクストリーム・エムピー(MP)のボレー・ネットプレー

操作性が高まったことでネットプレー全般の快適性は上がったと思います。

無理に打ち返そうとしなくても、とりあえず面さえ準備しておけば反発力である程度飛ばすことが出来ます。

速いボールに対しては若干押し込まれる感覚が他のスピン系黄金スペックよりも強い気がしますが、その打ち負ける感じを使ったドロップボレー・アングルボレーは確率良く決めることが出来ました。

エクストリームMP2022の動画はこちら!

無謀にもいきなりシングルス実戦形式で試してきました!

ここが好き:軽快さと汎用性の高さ

スピン系黄金スペックとされるようなラケットの中では軽快な打球感となっていて、アシスト感もあって疲労が蓄積にくいのは試合数をこなしたい人には魅力でしょう。

プレースタイルを選ばない汎用性の高さも高評価ポイントで、状況に合わせて球種・弾道を変えられるのは大きな武器。

ここがイマイチ:若干だるくパワーロスする感覚

性能的に大きな欠点は見当たらないものの、強く速いボールを打ち込もうとするとストリングのたわみが大きくなりダルさ・パワーロスする感覚が強まるのはイマイチなポイント。

少し柔らかめのストリングでテストしている影響もあると思うので、テンション調整なども含めてベストバランスを探ってみたいと思います。

ライバル比較:スピンコンセプト内での立ち位置は?

ピュアアエロ2022
SX300
・VCORE100
BEAST MAX など

ライバルとしては各社のスピンコンセプトのラケットたち。

EXTREME MPを選ぶ理由はこれ。

・クセの少ない使用感/性能
・軽快さと食いつきのバランス
・独特で可愛い配色

それぞれに特徴を持っているスピンコンセプトラケットの中にあって、エクストリームMPは癖のない使用感・性能が魅力の1本と言えます。

アエロ2022より軽快で扱いのハードルが低く、SX300ほど強い持ち上がりでもなく、VCORE100ほど先端寄りで打つ必要もない、BEAST MAXほどスピン性能は尖ってない・・・強烈な個性はないけれど減点も非常に少ないラケットと言えるでしょう。

TRUEMAN
TRUEMAN
同カテゴリーにおける売り上げ順位で考えるとパッとしないかもしれませんが、完成度は十分に高いと感じました!

オススメのセッティング:PTプロなどで軽快さを

ポリツアーストライクxポリツアープロ、ポリツアープロxゴールドリアクトというハイブリッドでテストしてきたのですが、どの程度ストリングをたわませるか?がキーポイントになる感じですね。

硬めのストリングならシャープさが増し、柔らかめのストリングにすると緩めのスイングでもたわみを感じやすくなります。

ただ、パワーロスをある程度抑えるために軽快なPTプロ単張り、アイコニック・オールのようなシャープなナイロンマルチなどが合うのではないかと思います。

エクストリームMPの購入はこちらから

実勢価格は2.9万円ほどで、タイミング次第では20%クーポンが出ていることがあるのでそこが狙い目!

現行エクストリームの淡い・くすみ系のカラーを再現したラケットバッグも用意されています。

エクストリームラインのラケットバッグもありますが、個人的には黄色の発色が良いこちらのバッグオもススメ。

まとめ:HEAD EXTREME MP 2022

・あっさりした癖のない打球感/性能
・軽めの手応えで振りぬきやすい
・緩めのスイングでもたわみを感じる
・中弾道スピンが深くまとまる
・操作性は平均以上
・オールラウンドに使える1本
・減点の少ないラケット

関連記事はこちらからチェック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

POSTED COMMENT

  1. より:

    -2から+2までの5段階で評価してますが
    普通に1~5でいいのでは
    ちょっと分かりづらい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。