ヨネックス

[VCORE2021年モデル 情報] 新型ブイコアはいつ発売?どう変わる!?最新情報をお届け!YONEX(ヨネックス)

西岡選手などトップ選手だけでなく、多くの一般プレイヤーにも愛用されているヨネックスのブイコアシリーズ。
この記事では近く行われるであろうブイコアのモデルチェンジ(2021年モデル?)について、最新情報をまとめつつ予想などを織り交ぜながらお送りしています!

Embed from Getty Images

※記事執筆時点での予想・推測を多分に含んでおります。
あくまでも一個人の予想・推測という事を予め理解した上で、楽しんでお読みください!

予想:新型VCOREは2021年1月発売か!?

vcore98

まず結論から言うと『新型VCOREは2021年1月前後に発売される可能性が高い』と予想しています。

根拠:サイクル的に次はブイコアの可能性が高い

予想するには一応それなりの理由がありまして、2017年からのYONEX主要ラケットのリリース状況を一覧にまとめました。

2017年9月に発売されたEZONEは、約2年半後の2020年1月にフルモデルチェンジが行われました。

となると2018年9月にリリースされたVCOREシリーズも、約2年半後の2021年1月発売になる可能性が高いと言えます!

・新しいVCOREは2021年1月発売と予想
・モデルチェンジのサイクルがVCOREの番

おさらい:大人気のブイコア2018年モデル

高い安定性、ブレない剛性感など、特にパワフルなスイングのプレイヤー達から支持されているヨネックス・ブイコア(YONEX VCORE)シリーズ。

ヨネックス史上No.1のハイスピンテクノロジー。
圧倒的なボールの掴みで、スピンを操るコントロールモデル。

https://www.yonex.co.jp/sp/tennis/racquets/vcore-98.html

特に2018年モデルはスピン性能の高さをセールスポイントにしているラケットでした。

(筆者は98を所有していましたが、パワーが足りずスピン性能を引き出せなかったのはココだけの話。笑)

カラーのみ変更した追加バージョンも!

Embed from Getty Images

2019年2月にはギャラクシーブラック追加、さらに2020年8月には限定デザインが発売されています。

いずれもスペックの変更はされておらず、単純にカラーのみの変更に留まっています。

・2018モデルは根強い人気
・スピン性能の高さが売り
・ギャラクシーブラック追加
・限定デザインモデルも追加
・スペック変更はされていない

どう変わる?新型を大胆予想してみよう!!

販売から2年経っても人気を保っているVCOREシリーズですが、新型がどのような進化を果たすのか・・・勝手に予想してみました!

確率90%:VDMは高確率で搭載されるはず

Embed from Getty Images

VDM(Vibration Dampening Mesh)が実装されるのはほぼ間違いないと予想しています。
VCORE PRO(2019)、EZONE(2020)、アストレルなどの新モデルにはもれなく採用されている為、新型VCOREもVDMが着くと考えるのが自然ですね。

Embed from Getty Images

ただ、シャポバロフなどが使用しているVCORE95に関してはあえてVDMを搭載しない可能性もあるのではないかと思います。
これまでのモデルチェンジの際にも大きな仕様変更は行われてないですし、VDM非搭載にする事で従来からのダイレクトなフィーリングを継続・・・という形になってもおかしくはないかもしれません。

確率60%:Namd廃止し、M40Xなどを追加

新型VCOREではNamd(エヌアムド)を廃止し、新たな素材を取り入れる可能性は比較的高いと予想。
EZONE2020では、すでにNamdではなくM40Xというマテリアルに変更されています。新しいVCOREもM40X、もしくはその改良版(VCORE用に強度を高めたものなど)が搭載されるのではないでしょうか。

確率50%:グロメットホールの大型化・形状変更

現行VCOREはエアロトレンチ/エアロフィン/ライナーテックが搭載されていますが、グロメット(ホール)自体はいたってシンプルな構造。
スピン性能を売りにしているラケットなだけに、多少なり手が加えられる可能性はあるのではないでしょうか。

HEADのスピンコンセプトモデルであるエクストリームシリーズは、フレームトップのグロメットホールは通常よりも大きく、クロスストリングが通る部分は前後に長い形状になっています。
他ブランドでもスピン系ラケットの多くが、このような大型or特殊形状のグロメットを採用しています。VCOREもスピンカテゴリーで戦い続ける為には、目に見える変化でアピールする必要があるかもしれません。

確率40%:モールド(金型)の変更

フレームのフェイス形状、断面形状などモールド(金型)が変更される可能性も40%くらいはあるのではないでしょうか。

Embed from Getty Images

まず2020年にリリースされたEZONEはフェイス形状、断面形状など、モールドが大きく変化。(といってもEZONEに限っては毎回モールド変わってる落ち着かないモデルなのですが。)
一般プレイヤーには現行EZONEがかなり支持されている印象があるので、VCOREにも大きな変更が入ってもおかしくはないはず。

2021年に発売から10周年→大きく変わる時かも!

Embed from Getty Images

実はモールド変更に踏み込むとしたら今回が大きなチャンスと言えるのです。というのもVCORE初代モデルが発売されたのは2011年で、2021年はちょうど10周年を迎えるタイミング。
いまだに初代VCOREをペイントジョブで使用しているワウリンカもいる事ですし、初代モデルを意識したモールド、完全に新しいモールドになってもおかしくはないですよね!
(とは言え変わらない可能性の方が高いとは思うので40%予想です・・・)

・VDM搭載は間違いないのでは
・グロメットの形状変更もあるかも
・10周年でモールド変更も!?

2021年は”赤”の年になるかも?

2020年はピュアドライブをはじめ、EZONE、FX500、ウルトラV3など、パワフルな”青色“のラケットが各社から発売されました。

そして2021年はVCOREだけでなく、HEADのラジカル、DUNLOPのCX200/CX400など”赤色“ラケットのモデルチェンジが予想されます。
特に競技志向の強いモデルが多いカテゴリーなので、こちらも激しい戦いになるのではないでしょうか!

まとめ:新型VCOREの発表が楽しみ!

新型VCORE(2021)まとめ

・人気のVCOREが新しくなるかも
・2021年1月発売と予想
・現行も根強い人気を誇る
・2021年で初代発売開始から10周年!
・VDMは搭載されそう
・思い切った変更するなら今回か??

最後までお読みいただきありがとうございました!
予想は少しでも当たってくれるのか、それとも全然的外れな内容になっているのか(笑)
繰り返しますが一個人の予想ですので全然違う可能性もあります。
「まぁそうかもねぇ」くらいの感じで楽しんでもえらたらと思いますし、この記事によって新型VCOREへが楽しみになってくれたら嬉しいなと!