08-プロ関連

デニス・シャポバロフが実際に使っているラケットやストリングを調査![Denis Shapovalov ]

シャポバロフってどんな選手?
使ってるラケットやストリングってどんなもの?
新しいラケットに変更したってほんとう?

TRUEMAN
TRUEMAN
左利き+片手バックハンドで華麗なプレーをみせてくれるのが魅力のシャポバロフ!

2022年は新たにEZONE98を使っているみたいなので、その部分についても解説しました!

・シャポバロフについて解説!
・使用しているラケットはEZONE98
・ストリングはYONEX PTストライク
・2022全豪オープンで初ベスト8進出中

テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年
・ATP観戦歴も約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・片手バックハンドの選手大好き
詳しいプロフィール

デニス・シャポバロフ:華のあるプレーの22歳

Embed from Getty Images

今年に入り自己最高シングルス13位を記録したカナダのデニス・シャポバロフ( Denis Shapovalov )。

左手から繰り出す強烈な回転が掛かったサーブとフォアハンド、時にジャンプしながら打ち抜く片手バックハンド、タッチも良くナチュラルにこなせるボレー。

スキル的には弱点が少ないオールラウンダーです。

Embed from Getty Images

以前よりも着実にフィジカルも向上しており、身体も厚みを増してきてよりアスリート然としてきました。

シャポバロフの使用ラケット:2022からEZONE98!

2021年末のエキシビジョンで唐突にラケットが変わっていたシャポバロフ。

その手に握られていたのはYONEXの新型EZONE98

スペック98
フェイス
サイズ
98平方インチ
重さ
[g]
305
バランス
[mm]
315
フレーム厚
[mm]
23.5
24.5
19.5
ストリング
パターン
16
19
フレーム長
[inch]
27
グリップ
サイズ
2
3

ただムゼッティがNextGen FinalsでBOOM(ブーン)を試していたのと同様に、シャポバロフもエキシビジョンで実戦テストをしているだけの可能性も考えられましたが・・・

2022年シーズンが開幕、全豪オープンでもEZONE98(2022)を使用してプレーをしています!

4回戦では優勝候補のズべレフ(第3シード)を撃破し、自身初の全豪ベスト8へと進出しています。

\\\新型EZONEはこちら///

2021以前のラケットはYONEX VCORE95を使用

vcore98

ヨネックスの公式HPによると、シャポバロフが使っていたラケットはVCORE(ブイコア)95。

モデル名ブイコア95
VCORE95
フェイスサイズ95平方インチ
重さ310g
バランス310mm
フレーム厚21-21-20mm
フレーム長27インチ
ストリングパターン16 x 20

95インチという小さめのフェイスに16×20のパターンを採用した、プレイヤーのパワーをしっかり受け止める事の出来るラケットとなっています。

ヨネックスで市販されている中では、最もフェイスが小さい上級者向けのラケットとなっています。

中身はVCORE SV 95だったと推察!

以前使用していたラケットは、VCORE SV95をペイントジョブしていたのではないかと考えています。

Embed from Getty Images

しかしシャポバロフのラケットを良く調べると、市販品とは異なる点がいくつかあります。

・市販品はツヤなしの赤→ツヤありのグロス仕上げ(ぴっかぴか!)
・フレームの袖部にエアロフィン(くぼみ)→ くぼみがなく平面!

ヨネックスVCORE98

市販品には写真のようにエアロフィンというくぼみがあるのに、シャポのラケットには見当たりません。

これらの特徴から考えると、前作VCORE SV95(ブイコアエスブイ)をペイントジョブで使用している可能性が非常に高いと思われます!

基本的なスペックは同じですが、フレームのくぼみ(袖部のエアロフィン)とフレームトップのエアロトレンチがSVには搭載されていません。

具体的なパーソナルスペックについては、残念ながらどこにも情報が見当たりませんでした。

今後、追加情報が見つかり次第更新していく予定です。

ちなみに同じくVCOREで活躍している西岡良仁選手のラケットも、シャポバロフとほぼ同じ特徴が見られるため、SVなどの旧型を使っている可能性が高いと思われます。

シャポバロフ使用ストリング:ポリツアーストライク125

Embed from Getty Images

使用している真っ黒なストリングは、ヨネックスのポリツアーストライク1.25mm。

製品名ポリツアー
ストライク
素材ポリエステル
(ハイポリマーポリエステル)
構造モノフィラメント
断面形状丸型
アイアングレー
クールブラック
太さ1.20/1.25/1.30mm
定価¥2,800+tax

強いショットを打ち抜ける性能に定評があるポリツアーストライクを使用。

切れ味の良い高速ショットを打ち込むシャポのスタイルにフィットしているのかも。

グリップテープ:トーナからYONEXのスーパーウェットに!

Embed from Getty Images

これまではずっとヨネックスの白いグリップテープ(ウェットスーパー)を使っていましたが、2020年8月のツアー再開後はドライタイプのトーナグリップを使用しています。

片手バックハンドだからなのか短め巻き終わっており、同じYONEXユーザーのワウリンカと似た仕上がりになっています。

ちょっと変わっているのが、巻く方向が一般的な右利き用と同じ方向なんです。多くの左利きプレイヤーが逆巻きにしているので、片手打ちのシャポが普通の巻き方向なのは珍しいパターンですね。

なお元グリップは見た限りではシンセティック(黒)のようで、レザーには巻き替えてはいないと思われます。

※2022年1月追記
そして現在はEZONE98に変わったのに合わせるようにして、再びヨネックスのグリップテープにへと戻っていました。

ワウリンカも中身は初代VCORE95

Embed from Getty Images

ワウリンカのラケットも実際の中身は初代ブイコア95がベース

強烈な片手バックハンドの2人が揃って95平方インチのラケットを使っているというのは非常に興味深いですね。

まとめ:VCORE95でどこまで行けるか!

まとめ

・シャポバロフについて調査
・ランキングは最高13位
・技術的に穴のないオールラウンダー
・ラケットはYONEX VCORE95
・実際は旧型のVCORE SV95かも?
・ストリングはポリツアーストライク1.25mm
・グリップテープは今夏からトーナグリップ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。