01-テニスラケット

[YONEX] EZONE98(2022)をインプレ・レビュー!ヨネックス・イーゾーン98 2022年モデル

YONEX EZONE98(2022)/ヨネックス・イーゾーン98 2022年モデル

・実戦志向のプレイヤーにオススメ!
・低めの弾道で安定性をアップ
・スピードよりもコントロール重視
・スライスが非常に打ちやすい!
・アシストを過剰に期待するのはNG
・意外と片手バックも打ちやすい

人気のあるラケットも欠かさずチェックしておきたいアドブロ(@advntg_kotodama)です。

2022年1月の発売以来高い人気をキープし続けている『YONEX EZONE98 2022』をインプレッション!

Embed from Getty Images

キリオスや大坂なおみ選手、一時期はシャポバロフも使用した今回のEZONE98 2022年モデル!

TRUEMAN
TRUEMAN
直線的なボールを安定して打ち込んで行ける98平方インチのラケットです!

擦らずに厚い当たりで捉えることで「掴み+スピード」を両立することの出来る、スイングスピードが速い人向けのラケットに仕上がっています!

メリット デメリット
・安定した弾道
・精度の高いショット
・スライス打ちやすい
・硬くない打球感
・フレームの安定感
・半端なスイングはNG
・擦るスピンもNG
・弾道は上がりにくい
・アシスト少ない

この記事では『YONEX EZONE98 2022』を徹底的に解説させて頂きます!

こんな人にオススメ!

・高速ショットで圧倒したい
・厚い当たりで撃ち抜きたい
・低めの弾道を安定して打ちたい
・実戦での安心感が欲しい


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・シャポりたくてEZONE購入!
詳しいプロフィール

ヨネックス・イーゾーン98 2022年モデル
(YONEX EZONE98)

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)のデザイン

2022年1月に発売開始となった新型EZONE98。

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)の外観

淡いブルー+濃紺の落ち着いたカラーリングに進化。

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)のデザイン

前作とはまた違う魅力的なデザインとなっています。

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)のフェイス内側

EZONE98 2022のスペック/仕様

モデル名YONEX
EZONE98
2022
フェイス
サイズ
98平方インチ
重量305g
バランス315mm
スイング
ウェイト
283
(※実測値)
フレーム厚Max 24.5mm
min 19.5mm
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ2,3
RA値64
(※実測値)
発売2022年1月
価格¥36,300

98平方インチのフェイスに、最大24.5mm・最小19.5mmという”くびれ”の効いたフレームがEZONE98の大きな特徴。

RA64前後で若干低めの部類であり、最大フレーム厚から想像するよりはしなりやすいと言えるかもしれません。

EZONE98 2022の特徴:厚みがUP+形状が変更

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)のフレーム厚

2022年モデルは前作よりも全体のフレーム厚が+0.5mm増えていて、よりパワフルなフレームに進化しています。
(※上図はノギスで計測した実測値)

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)の剣先

グリップ上部、いわゆる剣先の部分に凸状の膨らみが追加されています。

これによってより剛性感・安定性を向上させています。

ezone98

2020年モデルはこの凸形状は採用されておらず、プロがペイントジョブをしているかどうかを判別するポイントにもなっています。笑

インプレ:スピードボールを無理無く打ち込める!

ヨネックス・イーゾーン98(YONEX EZONE98 2022)にキャビアを張り上げ

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

打球感:先端寄りで捉えると柔らかさが出る!

特にフェイスの先端寄りで捉えた時に柔らかさとパワーが最大化され、このラケットの恩恵を強く感じ取ることが出来ました!

打球後の振動の収まりも比較的良く、すっきりした打球感に仕上がっています!

TRUEMAN
TRUEMAN
使い始めてすぐは結構カチッとした印象があったんですが、アイソメトリック形状に慣れてきたのか使い込むほどに柔らかさを感じられるようになってきました!

EZONE98はスイングの速さによって大きく打球感が変わる印象を受けました。

ショートラリーでは弾いて飛ばす感覚が強く若干制御しにくかったです。

しかしロングラリーになるとシャフトのしなりが大きくなり、打球感も柔らかく感じやすくなり、ボールも非常にコントロールしやすかったです。

性能:擦らず厚い当たりで輝く球威

最大24.5mmのフレームですが、数値で見るよりは若干パワーは抑えめな印象。

ストロークでは厚い当たり+前方向へのスイングを心がけることで、スピードボールを打ち込むことができます!

TRUEMAN
TRUEMAN
98平方インチにしてはパワフル、24.5mmにしてはパワー控えめ、という印象です!

回転は掛からないワケではないのですが、擦って弾道を上げるような打ち方をしてしまうとヒョロヒョロなボールになりがち(笑)

前作(2020年モデル)の方がパワーの出方が素直な感じがしましたが・・・慣れれば大丈夫な範囲でしょう。

サーブ:スピードは出るけど跳ねるスピンは難しい

サーブにおいては厚い当たりでフラット系のサーブを打っていくのが気持ち良いラケット。

スピンサーブで跳ねさせる・確実に入れるという打ち方には割と不向きな印象で、緊張した場面で擦るだけのサーブになるとリターン1本で仕留められてしまうこともしばしば。

“厚い当たりのスピンサーブ”っていうのを身につける必要がありそうです・・・

ストローク:フラットドライブ+スライスのコンビ技

フォアハンドからは弾道を抑えたフラットドライブ、バックハンドはスライスが非常に打ちやすく、このコンビネーションで相手を着実に崩していくようなプレーと相性◎。

フレームのカッチリ感もあって、ブロックリターンなどでもメリットを感じられます。

引っかかり感は薄いため中~高弾道のスピン系を打つのは難易度が高いですね。

ついついチョリチョリスピンに逃げがちだった僕としては、最初はすっごいシビアに感じましたが(笑)、逃げずにしっかり打ち合うことを意識すると安定したプレーが出来るようになってきました・・・

ボレー/スマッシュ:プレイヤーの技量次第

ネットプレーにおいてはプレイヤーの技量がそのまま反映されるラケットと感じました。

ボレーも押して運ぶような打ち方、ブロックして弾くような打ち方、どちらにも対応出来ますね。

ミスした時にミスした理由がハッキリ分かるタイプのラケットなので(笑)、自分の技量と向き合うことが出来れば・・・EZONE98は良いプレーが出来るラケットになってくれると思います!

高評価ポイント:ショットの安定感!

・低めの弾道が安定して打てる
・スライスが打ちやすい
・硬くはない打球感
・安定感のあるフレーム

EZONE98の魅力は、低めの弾道を連続して安定して打ち込めるという点でしょう!

フォアからはスピードに乗ったドライブ系、バックは滑るようなスライス・・・このメリハリのある攻めで相手を崩し、相手が隙を見せたら確実にポイントを奪っていくようなプレースタイルと相性良いです!

相手のコート深くにボールを打ち込み、隙をついてドロップでとどめをさす・・・そんなタッチ系ショットも打ちやすいラケットです。

低評価ポイント:特にスピン系はシビアなラケット

・薄い当たりは許してくれない
・スピンサーブが難しい
・パワーの出るポイントが広くない

薄い当たりには不向きなので、スピンサーブを大きく変化させる・ループ系ショットで時間を稼ぐ・・・という感じで、スピン量によって変化を加えるのはちょっと苦手なラケット

そういったプレーが多い人はVCP100、VCORE98/100とかの方が相性がいいかもしれません。

また黄金スペックなどと比べてもラケット自体のパワーは結構控えめになっているため、ストリングチョイスがかなり重要と言えます。

僕の場合はハリがある少し硬めの丸ポリを選ぶと一番安定したプレーが出来ました!

正直、僕には合わないラケットかも・・・

目指せシャポバロフみたいなテニス!っていう気持ちでゲットしたこのEZONE98 2022年モデル。

しかし残念ながら今のところいい感触は得られていません。笑

球離れが速いのに加えて、球の引っかかりもそれほど強くないため、油断するとすぐネットorサイドアウトになってしまうピーキーなテニスになってしまっているのが現状。

ストリングで少しずつ調整を進めていますが、どこまでフィットするセッティングを見つけ出せるか・・・もう少しだけ頑張ってみようと思います!

合わないと思ってたのに、気づいたらメインラケットに!?

「俺には合わないラケット」なんて書いていた私なんですが、ここ最近のメインラケットはEZONE98になってます。笑

最初は良さが分からなかったんですけど、使い続けたらEZONE98じゃないと嫌だと感じるようになってしまいして・・・

ここら辺は語りだすと長くなるので、別記事にまとめました!

まさか自分でもこんなことになるとは思ってなかったです。笑

みんなの感想/インプレ/口コミ

EZONE98とライバルラケットを比較!

ライバルとしては98平方インチ+300g超のモデルになってくると思います。

ライバル製品との比較一覧

モデル名EZ
98
SX
3T
PH
F1
PS
16
RD
MP
球威
しなり×
食いつき
操作性
振り抜き
スピン×
ドライブ
スライス
疲れにくさ×

ライバルラケットと比べた時に、EZONE98のメリットは反発力から生まれるスピードボールの打ちやすさですね!

98平方インチの中厚系ラケットは、パワフルなスイングでボールを潰して打ち込むというタイプが多いカテゴリー。

その中ではかなりスピードを出しやすく、ラケットのパワーも使いつつしっかり打ち込むという使い方が出来ます。

98平方インチ+300g超というスペックだけではく、少し薄めの黄金スペック(CX400TOUR、VCP100、ピュアスト100、SPEED MPなど)とも近い使用感と言えるかもしれません。

VCORE98/VCORE PRO97との違いは?

ブイコアプロ97/イーゾーン98/ブイコア98

正直この3本は選び分けるのが難しいと感じています。

100平方インチの時よりも3本の違いは小さく感じ、個人的にはどれもいいなぁという感じ(笑)

性能的にはどれも近い印象なので打球感で選び分けるのがベストかと思います。

ブイコアプロ97
→大きなしなりによる柔らかさ

ブイコア98
→カチッとした中にある食いつき

イーゾーン98
→速いスイング時のしなり感
→遅いスイング時の弾き・軽快さ

3本の違いは上記の通りで、一番意見が分かれそうなのがEZONE98。

EZONE100とどっちを選ぶべき?

EZONEの98と100を比較すると、パワーの出方が素直なのは100の方だと思います。

100の方がしなりが生まれづらく、どのスイング速度域においても安定して反発力を出してくれる感じですね!

98の方がしなりが出やすく、パワーがある人やボールを厚く捉えて打つ人にとっては安心感をプラスしてくれます。

自分のプレースタイルに合わせてスペックをチョイスするのが大事!

DR98と今作は似ているの?

多くのインプレで言及されている「DRと最新モデルは似ているのか?」という疑問に答えるため記事を作りました。

・正直別物だと考えるのが無難
・そもそもスペックが違う
・フェイス形状もかなり違う
・どちらも柔らかさのある打球感
・よく掴むDR、飛ばしやすい2022

EZONE98が合わないのはこういう人。

・高い弾道を駆使して相手を崩したい人
・ダイレクトな打球感を求める人
・強い弾きによるアシストを求める人

最大厚24.5mmではあるものの、スピン系ラケットのような高弾道の打ちやすさ・パワフルさを求めるのはNG

ガチッとした剛性感、弾きによって生まれるスピードなどを求める人にも不向き。

オススメのストリング(ガット):PTストライク

EZONE98にはしっかりとしたハリのあるストリングがおすすめです。

15パターン近くストリングを試してきましたが、最もバランスが良く最も安心して打てたヨネックス・ポリツアーストライク1.25mmが現状一番のオススメ

EZONE98の直線的なボールを打ち込む気持ち良さをほどよくアシストしつつ、弾道がバラけない安定感をプラスしてくれるので非常に実戦向き。

そのほかにはトロライン・キャビア、ヨネックス・ポリツアーファイアなどはレスポンスが良く軽快なショットが可能に。

ラリーのテンポを速めて相手から時間を奪っていくタイプのプレイヤーにもオススメです。

YONEX EZONE98 2022:まとめ

・人気のEZONE98をインプレ
・シャポバロフも使用するモデル
・スイング速度によって打感も違う
・98としては破格のパワー!
・厚い当たりで掴み+スピード
・半端なスイングはNG
・スピードボールで攻める人に!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。