ストリング

ズベレフが実際に使用しているラケット&ストリングのスペックについて|パーソナルスペック

ヘッドGravity

若手筆頭を行くアレキサンダー・ズベレフ

全豪ではSFに進出、躍進する若手選手の代表でもあるドイツのアレキサンダー・ズベレフ (Alexander Zverev)。

Embed from Getty Images

アレキサンダー・ズベレフ:プロフィール

名前アレキサンダー・ズベレフ
Alexander Zverev
生年月日1997.4.20
22歳 ※記事作成時
身長198 cm
体重90 kg
出生地ドイツ ハンブルク
居住地モナコ モンテカルロ
プロ転向2013年
コーチAlexander Zverev Sr.
キャリアタイトル数11

198cm/90kgから繰り出す強烈かつ安定したストローク、高い機動力が武器。
すでに複数のATP1000大会に優勝していましたが、なぜかグランドスラムレベルでは思うような結果が残せずにいましたが、2020全豪で初のベスト4。
今年はいよいよGSでも実力を発揮する時が来たのかも!?

ズベレフ使用ラケット(市販品)

ここからはズベレフが使用しているラケットに迫っていきたいと思います。

HEADのHPでは、ズベレフの使っているラケットはグラビティプロとされています。

HEAD グラビティプロ(GRAVITY PRO)

昨年の終盤から使用ラケットがSPEED MPからグラビティプロへと変更になりました!

モデル名HEAD
グラビティプロ
ヘッドサイズ100 平方インチ
重さ315 g
バランスポイント315 mm
フレーム厚20 mm
フレーム長27インチ
STIFFNESS62
ストリングパターン18 x 20

昨年発売されたG360+グラビティプロは、100平方インチのフェイスに20mm厚・RA62としなやかなフレーム。
最近の市場の中ではかなり珍しいスペック。

ズベレフ・パーソナルスペック

ここからはズベレフが実際に使っているとされるスペック(=パーソナルスペック)に迫りたいと思います。
情報元は、この界隈ではすでにお馴染みのtennisnerdアニキです。笑

ラケット:GRAVITY PRO

ズベレフが実際に使っているとされるラケットのスペックは以下の通り。

ラケットグラビティプロ
(モールドはYoutekスピードプロ?)
重さ343g
※グリップテープ、ダンパー込
バランス33cm
SW360
FlexRA64

中身に関してはいろんな情報があるので確実にコレ!というのは断言出来ませんが・・・重量は思ったより軽い印象。
でもスイングウェイト360!
フレックスもRA64なので市販品よりは少し硬めの設計。

ただ、形状やストリングパターンなどはほぼ市販品と同じ。
ジョコビッチのパーソナルスペックは驚くほど市販品と違うので(笑)、それと比べるとマトモな印象。

ストリング:ホークタッチ x VS

ストリングテンション
HEAD
ホークタッチ 1.25
24kg
(約53ポンド)
バボラ
VS タッチ 1.30
25kg
(約55ポンド)

もはや伝統的な組み合わせ、ポリxナチュラルのハイブリッド。
縦糸はホークタッチを使用、横糸にはジョコビッチやマレーも使うVSシリーズ。
テンションは53×55ポンド。

ここが気になるズベレフのラケット

Embed from Getty Images

そして、市販品はシャフトの部分に『GRAVITY ○○』という形でMPとかPROとかの記載があるんですけど、ズベレフのはGRAVITYという記載のみ。

ちっちゃい差ですけど、ラケットマニア的にはこういうところが気になる。笑

ライバル比較:ティエムはピュアストライク

ズベレフ以上にGSタイトルへと近づきつつあるのがティエム。
バボラのピュアストライクを使って、強烈な片手バックハンドを叩き込んでいます!

またこれ以外にもトッププロのパーソナルスペックをまとめているので、合わせてチェックしてみてくださいね!
→ プロが実際に使用するスペック!(パーソナルスペック)

まとめ:グラビティと定番のハイブリッド!

ズベレフが使用しているラケットは、細かい違いはあるものの市販品のグラビティプロに近いものと思われます。
重量はそこそこですが、スウィングウェイトは360と大きめ。
ストリングはホークタッチをメインに、VSタッチをクロスに使用。

ズベレフファンの方は、ぜひグラビティプロをパーソナルスペックに近づけてみませんか?

紹介した製品一覧