01-テニスラケット

【DUNLOP】SX300(2022)をインプレ/レビュー!王道スピン系ラケットに進化した新型!

ダンロップ(DUNLOP)SX300 2022年モデル

30代になってようやくスピンの掛け方が少しだけ分かってきたコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

今回は”実は大きく刷新されてる”ダンロップの新型テニスラケット、「DUNLOP SX300」をインプレッション!

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)のシャフト部分

高弾道ショットが非常に打ちやすくなり、”王道スピンコンセプトラケット“として広くオススメできるラケットになっています!

TRUEMAN
TRUEMAN
正直前作は好きじゃなかったのですが、2022年モデルは非常に扱いやすく期待通りのパフォーマンスを発揮してくれるラケットだと思います!

メリット デメリット
・パワーによる飛距離
・高弾道が打ちやすい
・引っかかりが改善
・レスポンスが向上
・しなり感は減少
・しっとり感は少ない

この記事では『ダンロップ SX300(2022)』を徹底的に解説させて頂きます!

こんな人にオススメ!

・高弾道も使いたい
・ラケットに飛びが欲しい
・ストローク力をUPさせたい
・スピン系を強化したい


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

DUNLOP SX300(2022)をインプレ!

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)の外観

2022年1月に発売開始となったダンロップの新型SXシリーズ

デザインも一新され、黄色をベースに黒が差し色となっています。

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)はソニックコアテクノロジーを採用

フレームの黒い部分は、近くでよーく見てみると渦巻き状?縞模様?になっています。

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)のシャフト

シャフト部分V字状の溝は受け継がれていますが、前作よりも滑らかになっていることで手を添えた時のフィーリングも改善!
(特に片手BHの人は嬉しい変更点ですね!)

SX300(2022)のスペック/仕様

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)のスペック
DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)のスペック
モデル名ダンロップ
SX300
フェイス
サイズ
100平方インチ
重量300g
バランス320mm
長さ27インチ
スイング
ウェイト
フレーム厚Max 26mm
min 23mm
フレックスRA68
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ1,2,3
発売予定2022年1月
価格36,300円

SX300シリーズの特徴やスペック一覧はこちらの記事からご確認頂けます。

ダンロップのスピンコンセプトモデル=SX300

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)のフェイス形状

ダンロップの考えるゲームの3要素(パワー/スピン/コントロール)の中で、スピン性能を強化したモデルがこのSX300。

最大26mmのフレーム、300g/320mmのスペックはいわゆる黄金スペックにカテゴライズされ、パワフルなスピンボールを生み出すための設計となっています。

グロメットはストリングの可動域を広げつつも、動く方向をコントロールすることでボールの弾道を補正・最適化させるようになっています。

TRUEMAN
TRUEMAN
かなり手の込んだグロメット形状・・・こういうのってワクワクしますよね(笑)

DUNLOP SX300(2022)をインプレッション!

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

ストリングはEXPLOSIVE BITEを使用

打球感:ストリングの動きで食いつきが向上

打球感は”硬くはない“という印象でした!

いわゆる”黄金スペック”ということから硬い打球感をイメージしている人もいるかもしれませんが、 ピッチが広がったこともあってかストリングが食いつきを生み出してくれます

フレーム自体はほんのりしなってるかも?っという感じで、比較的レスポンス・球離れは良く感じました!

TRUEMAN
TRUEMAN
ピュアアエロと比べるとSX300の方が食いつきを感じるし、打球感はこっちの方が快適でした。

性能:十分なパワーをスピンで制御するイメージ!

26mm厚のフレームはパワーがしっかり出るので、プレイヤー側は「スピンを掛けて制御するだけ!」っていう感覚で使うことができました!

ストリングピッチは非常に広く(※CX/FXと比べると圧倒的な差)、ボールを引っ掛けるようにしてスピンを掛けられるのでかなり扱いやすいです!

TRUEMAN
TRUEMAN
高い弾道だけどスピンで落ちてくる、っていうのを体感しやすいラケットになったと思います!

300g/320mmは取り回しも優れており、ストロークはもちろんボレーやサーブでも問題なく操作することが出来ます。

前作SX300よりも相当スピンかけやすくなりました。

前作SX300はしなりが大きい+ピッチが狭かったため、プレイヤー側が速いスイングでボールを食いつかせてからスピンをかける・・・「スピンかけるハードル高くない!?笑」と感じる場面が多かったのですが、2022年モデルでは大幅に改善されてます。

TRUEMAN
TRUEMAN
逆に言うと前作のフィーリング/使用感が好きだった人は、ストリングで調整するつもりで考えた方が良いと思いますね!

SX300(2022)と他社ライバルラケット比較!

<SX300のライバル>
ピュアアエロ
VCORE100
EXTREME MPなど

ピュアアエロやVCORE100と比較するとこんな感じ!

モデル名SX
300
PAVC
球威
しなり××
食いつき
操作性
振り抜き
スピン
ドライブ
スライス
高弾道
疲れにくさ

DUNLOP SX300 2022(ダンロップ・エスエックス)

ライバルのスピン系ラケット2本と比較すると、SX300(2022)の大きなメリットは弾道の上げやすさ・引っかかりの良さですね!

フレームの持つパワー自体は概ね3本とも近いゾーンにありますが、SX300はそのパワーを高い弾道やスピン量に変換しやすいモデルだと思います!

バボラ・ピュアアエロラファ(babolat pure aero rafa)

ピュアアエロはフレームのかっちり感が強めで、スピードを出す中にスピンを加えていくイメージで・・・意外とピーキーな印象もあり、結構使い手を選ぶ印象があります。

VCORE100も基本的にはピュアアエロに近い使い方のラケットですが、アイソメトリック特有のスイートエリアの広さ・打球感を付加したものと考えるといいと思います。

TRUEMAN
TRUEMAN
これは本当僕個人の感想ですが、一般プレイヤーがイメージする”ナダルみたいなスピン系ショット”を打ちたいならSX300が一番現実的なチョイスだと思うんですよ・・・

SX300とSX300TOUR、どっちを買うべき?

SX300TOURとSX300のどっちにしようか?』と迷っているひとは結構いるのではないでしょうか。

個人的な結論から言わせて頂きますと、迷ったらSX300の方が無難と考えてます。

なぜかと言えば、SX300の方がスピンコンセプトの恩恵を感じやすいからですね。

スピンをかければかけるほど推進力は小さくなってしまうのですが、SX300はラケットが持つ反発力でロスを補ってくれます。

TOURにはSX300ほどは助けてくれないので・・・自前のパワーでなんとか出来る人向けかと思いますね!

TRUEMAN
TRUEMAN
SX300TOURはロマンがあるラケットだとは思うものの、打ち比べるとやっぱりSX300のスピンの掛かり具合がすごいんすよ(笑)

DUNLOP SX300(2022):インプレまとめ

・前作以上にスピンがかけやすい!
・ストリングがよく動く、たわむ
・打球感は硬くはない
・前作とは若干異なる使用感
・高い弾道と実現する引っかかり
・王道スピン系ラケットです!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。