01-テニスラケット

【DUNLOP】SX300TOUR(2022)をインプレ/レビュー/比較|ガツンと打てるスピン系テニスラケット!

DUNLOP(ダンロップ)のSX300TOUR(ツアー)

30代になってようやくスピンの掛け方が少しだけ分かってきたコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

今回は形状もスペックも大幅に刷新された新型テニスラケット、「DUNLOP SX300TOUR」をインプレッション!

スピンをしっかりかけつつハードヒットする人が使えば、これまで以上の攻撃力や安定性をもたらしてくれる競技者向けスペック!

TRUEMAN
TRUEMAN
使いこなすためのハードルは若干高めではありますが、305gの重さが気にならないなら試す価値はあると思います!

メリット デメリット
・高い面安定性
・硬くない打球感
・重みによる推進力
・適度な引っかかり
・弾きは控えめ
・筋力が必要

この記事では『ダンロップ SX300ツアー』を徹底的に解説させて頂きます!

こんな人にオススメ!

・筋力を生かしたいストローカー
・スピン系強打を向上させたい
・ブレないラケットが欲しい
・安心して振り切りたい


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

DUNLOP SX300TOUR(ツアー)をインプレ!

DUNLOP(ダンロップ)のSX300TOUR(ツアー)の外観

2022年1月に発売開始となったダンロップの新型SXシリーズ

デザインも一新され、黄色をベースに黒が差し色となっています。

フレームの黒い部分は、近くでよーく見てみると渦巻き状?縞模様?になっています。

SX300TOURのスペック/仕様

DUNLOP(ダンロップ)のSX300TOUR(ツアー)のフェイス形状
モデル名ダンロップ
SX300TOUR
フェイス
サイズ
98平方インチ
重量305g
バランス315mm
スイング
ウェイト
フレーム厚Max 26mm
min 23mm
フレックスRA68
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ2,3
発売予定2022年1月
価格37,400円

98平方インチに最大26mm厚のフレーム!

前作のSX300TOURは100平方インチでしたが、今作は98平方インチへと変化。

しかしフレーム厚は100平方インチと同じ最大26mmとなっていて、現在の市場ではほぼ唯一無二のスペックとなっています!

TRUEMAN
TRUEMAN
フェイスはちょっと小さいのに厚みのあるフレーム・・・これは興味をそそられる!

SX300TOURをインプレッション!

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

打球感:遊びは少ないけど硬くない!

スペックからも想像出来る通りなんですが、フレームは非常にしっかりしていてブレや不安定感を感じません!

それでいて打球感には硬さは少なく、スイングスピードが高まるほどに食いつきを感じることができました!

TRUEMAN
TRUEMAN
厚めのフレームが好きだけど硬い打感は嫌・・・そんな人にはSXシリーズはオススメ!

性能:重みのあるショットで押し込むストローク!

26mm厚ですが反発力は若干控えめで、重みとスイングスピードでボールに推進力を伝えていくようなイメージでした!

SX300が擦るようなスピンでも多少許容してくれるのに対して、SX300TOURだとすぐヒョロヒョロなボールになってしまう感じでした。

厚い当たりで捉えて、その中で球速と回転量を高めていくというラケットですね!

TRUEMAN
TRUEMAN
振り抜くほどに力が伝わるラケットです!

推進力を出しつつ回転をプラスするイメージで!

繰り返しになりますが、スピンコンセプトのラケットではありますが“楽に・勝手にスピンがかかる”というようなモデルではないと感じました。

振り切って使うのであれば、ある程度フィジカルの強さが求められることは覚悟しておく必要があります!

※重みを生かしてゆったり大きく振る方法もありますが・・・コンセプトとはちょっと違う使い方になるかな、という気がします。

TRUEMAN
TRUEMAN
結構打ちごたえのあるラケットなので、基本的には男性向けのラケットだと思います!

SX300TOURと他社ライバルラケット比較!

<SX300TOURのライバル>
EZONE98
PURE AERO VS
PURE STRIKE 16×19

小さめのフェイス+厚さ23mm以上のモデルがライバル

モデル名SX300
TOUR
EZ
98
PA
VS
PS
16
球威
しなり××
食いつき
操作性
振り抜き×
スピン
ドライブ
スライス
疲れにくさ

98平方インチでフレームに厚みのあるラケットがライバルになりますね。

SX300TOURの優れているところは、しっかりしたフレーム+重みを生かしたドライブ系ショットの強さだと思います!

厚いフレームでありながらも食いつき/乗りを感じられるのも特徴と言えますね!

スペック的にも非常に似ているEZONE98ですが、SXの方が若干ボールの引っかかりが良い印象。

直線的なボールならEZONE98、ある程度高低差のあるショットを武器にしたいならSX300TOURという選び方になるでしょう!

スピンコンセプトの98平方インチという点では、真正面からのライバルと言えるアエロVS。

アルカラスの活躍もあって再度注目度がアップしていますが、アエロVSの方が打球感がよりハードな印象でした。
(スイング速度が足りないとガチガチw)

比較するとSX300TOURの方が、打球感的に許容してくれる範囲は広いと思います。

スペック的にはピュアストライクも競合と言えるでしょう。

ストリングとグロメットで引っかかり・食いつきを出しているのがSX300TOUR、フェイス部分のたわみで食いつかせているのがピュアストという感じ。

フレーム形状が大きく異なり振った時の感覚や空気抵抗の違いがあるので、どちらがより好みか?っていうような選び分けになりますね。

TRUEMAN
TRUEMAN
どのラケットも攻撃力が魅力のモデルと言えますね!

ブンブン振ってナンボ!

SX300TOURとSX300、どっちを買うべき?

『SX300TOURとSX300のどっちにしようか?』と迷っているひとは結構いるのではないでしょうか。

個人的な結論から言わせて頂きますと、迷ったらSX300の方が無難と考えてます。

なぜかと言えば、SX300の方がスピンコンセプトの恩恵を感じやすいからですね。

回転をかければかけるほど推進力は小さくなってしまうのですが、SX300は反発力で補ってくれます。

TOURにはSX300ほどは助けてくれないので・・・自前のパワーでなんとかしなければなりません(笑)

TRUEMAN
TRUEMAN
僕はSX300LSが一番よかったです(笑)
軽くてスイング速度が出しやすく、最もスピンコンセプトの恩恵を感じることができました!

DUNLOP SX300TOUR:まとめ

・最もハードなTOURをインプレ
・現市場では唯一無二のスペック
・厚い当たりのスピンを打ち込める
・求められるフィジカルレベルは高め
・擦るスピンはNG
・305gをブン回せる人には最高!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。