バボラ

次に来るのは(たぶん)この選手だ!フェリックス・オジェ=アリアシム (Felix Auger-Aliassime)

ズベレフ、チチパスの次にブレークするNextGENは誰か?
(たぶん)この選手で間違いなし!

NextGenで次にブレークするのは?

みなさんこんにちは。
今年のATPツアーを見ているとやっぱりBIG4のジョコビッチ、ナダル、フェデラーは強いなぁという結果が続いてますよね。
(マレーは股関節手術に踏み切った事で、ダブルスからの復帰途中ですが。引退しないで済みそうでなにより!)

Embed from Getty Images

ただ少しずつではありますが若手が活躍する場面も増えてきていますよね!
昨年から今年にかけてはティエム、ズベレフ、チチパス、メドヴェデフの活躍が目を引きました。

ティエムは全仏ではいつ優勝してもおかしくないパフォーマンスを発揮し続け、ズベレフはATPファイナルで優勝、チチパスは全豪でフェデラーを撃破、メドヴェデフは過去1年の勝利数が全体の4位、今週には初のTOP10入りを果たしました。
この4人は次世代と呼ばれる選手たちの先頭を走り、BIG4にも脅威を与えうる存在となりつつあります。
そこで今日はこの4人に続いて、近々ブレークする選手を予想したいと思います!

みなさんは誰が次にブレークスルーすると思いますか?
シャポバロフ?
ベレッティーニ?
チョリッチ?

僕の予想はこの選手!!

フェリックス・オジェ=アリアシム
(Felix Auger-Aliassime)

Embed from Getty Images

僕の推しはこの選手、フェリックス・オジェ=アリアシム (Felix Auger-Aliassime)。

前々からこの選手に関して書かなきゃ!と思っていたのですが、しばらく先送りになってしまっていた間にキャリアハイの21位 (2019.6.10) を記録していました。
もうもはやブレークしているじゃん!と言われたらなんにも言い返せないのですが。笑

フェリックス・オジェ=アリアシムのプロフィール

Embed from Getty Images
名前フェリックス・オジェ=アリアシム
年齢19歳 (2000年8月8日生まれ)
※2020年1月時点
身長193 cm
体重88 kg
出生地カナダ モントリオール
居住地モナコ モンテカルロ
利き手
バックハンド両手
プロ転向2017年
ランキング
キャリアハイ
21位(2018.6.10)
キャリアタイトル0

なんとまだ18歳!
ちなみにランキングTOP100で最年少です。
(※記事作成時点)

しかし体格は193cm / 88kgとすでに一級品。
身長はチチパスやキリオスといった選手たちと同じです。
ツアーデビューしたての頃より徐々に身体も出来上がってきてるので、まだまだフィジカル的な伸びしろはありそうです。

僕がアリアシム推しの理由!

ここからは僕がアリアシム選手を推す理由について書いて行きますね!
まずはこちらの動画をご覧ください!

キャリアハイライト

こちらの動画はアリアシムのこれまでのATPツアーでのハイライトになっています。

①サイズがあるのに機動力も高い!

見てもらうと分かるんですが、まず動きがとっても良いんです。
本当に193cmもあるのか?っていうぐらい素早く動けるのは大きな武器ですよね。
(デビュー時は多分193cmも無かったんじゃないか?とは思いますが。)

開脚+スライドしたショットでもバランスが崩れない、素晴らしい身体能力を持っています。
サーフェスを選ばない強さは大きなアドバンテージだと思います。

ズベレフ、チチパスが活躍していますが、やはり190cmオーバーの身長で動けるという事がトップに登り詰めるために必要な時代になってきているのかもしれません。

②オールランドな戦い方が出来る

そして戦い方はオールラウンド。
ボールの球威だけで無理矢理押し切ろうというスタイルではなく、状況に合わせてポジションを上げてボレーにも出れる幅広いプレーが出来ます。
タッチもよく、ボレーや細かいプレーも問題ないように見えます。
フォームもバランスが良く、完成度が高いです。

③メンタルの波も少なそう

これだけの身体能力を持ちつつも戦術的にはバランスが良く、メンタル的な波も少ない(今の所は!)のも僕が推してる理由の1つですね。

高い身体能力ならモンフィスも挙げられますが、戦い方が極端だったりしますし、すぐエンタメに走っちゃう。笑
キリオスも超絶爆発力を持った選手ですが、爆発する方向性が違ったり、メンタル的な問題ももちろん、こっちもすぐエンタメに走りがち。笑
この2人と比べると、高い身体能力を持ちつつも真面目(?)に戦うアリアシムは更にランキングを上げてくること間違いなしだと思います。

④運動連鎖が綺麗に行われている

Embed from Getty Images

フェデラーを筆頭に、TOPに君臨している男子選手達はほぼ例外なく運動連鎖が綺麗に行われています。(=エネルギーの伝達がスムーズという事)
効率の良さ、再現性、怪我のしにくさにも関連する要素というだけでなく、なによりも見ていて気持ち良いんです(笑)

見ているだけでも十分魅力がある選手はそう多くはないので、次世代のトップ選手としての活躍が期待されます。

このショットがやばい

何はともあれ、まずはこちらの動画を見てください。

どうですか?
みなさんはこの動画見てどう思いました?

僕はこの動画をみて「こんなショット初めて見た!」って興奮しました。
なんですかこのショット?
ありえない!って感じでしたね。

表現する言葉が見つからない

デュースサイドからのサーブでワイドに振られ、バックハンド側のオープンコートに走りながら打ったパッシングショット。
右足軸で打つためには時間的な余裕がないし、走り抜けながらのカウンターが打てたとしても相手(チチパス)がボレーに来ているで止められると次のボールには届かない可能性が高い・・・

かなりの劣勢の状況ですがアリアシムはポジションを下げずに横への移動の中で、左足の曲げ伸ばしの反動を使ってライジング+高めの打点で打ち抜いてしまいました
しかも踏み込んだ左足でそのまま踏ん張ってバランスを保ち、次のボールに反応する様子も見せていました。

言葉で表現するのはとっても難しいのですが、横に思いっきり走りながらジャックナイフ打ってるかのようでした・・・

普通ジャックナイフって時間的・ポジション的余裕が有る時に使う技術であって、こんなカウンター的に使った選手はこれまでいなかったんじゃないですかね・・・
インパクトが凄い!

こんなショット教えて出来るような類のものではないですよね。
(たぶん教えられる人もいない。笑)

アリアシムの使用ラケットについて

Embed from Getty Images

アリアシムのラケットはバボラのピュアアエロVS
アエロ形状のシャフト、フェイス部分は薄いボックス形状のフレームが組み合わされたモデルですね。

バボラ 2017 ピュアアエロ VS (295g)101274/101319(海外正規品)(Babolat Pure Aero VS)【2016年10月発売】[NC][次回使えるクーポンプレゼント]

価格:23,900円
(2019/7/23 22:17時点)
感想(6件)

市販されているVSは1つ前のピュアアエロになります。
現行のピュアアエロにはVSの設定が無いのですが、アリアシムは現行モデルのペイントジョブになってますね。

ストリングはバボラ・RPMブラストラフ単張

Embed from Getty Images

ストリングはバボラのRPMブラストラフ1.30mmを使用。
フレームカラーに合わせて色を変えたりしてるようですね。
高いスピン性能を活かして叩いて行くプレーとの相性がGOOD。

追記:ラケットが一瞬だけピュアアエロVSに!

Embed from Getty Images

※2020.1.9追記
アリアシムのラケットが(わずかな期間だけ!)新しいピュアアエロVSに変わっていました。
今までのフレームはボックス形状だったのですが、今回の新VSはフェイスもラウンド形状を採用。コントロールの良さ、そしてラウンド形状になったことで今まで以上の球威が出せると予想しています!

VSを使用したATPカップで思った戦績を残せなかった事もあってか、その後の大会ではボックス形状のピュアアエロVSに戻っていました。

まとめ:間違い無くブレークする選手。

これまでの内容をまとめますと、アリアシム選手は・・・

・ダントツで若い
・恵まれた体格。
・柔軟性、バランスがいい。
・オールラウンドな戦い方ができる。
・エンタメに走ってしまわない。笑
・実はフェデラーと同じ誕生日。


活躍しそうな理由がこんなにたくさん!!!
どうです?
みなさんもアリアシム選手推しになりましたか??笑