テニス

ステファノス・チチパスが使用するラケット / ストリングを調べてみた。[ウィルソンBLADEシリーズ]

全豪ベスト4、キャリアハイランキング5位、Finals優勝含む3勝と、大躍進の一年となったチチパス。
そのチチパスが使用しているラケット、ストリングに注目。
活躍を支えたその道具の秘密に迫ります!

<TOPICS>
大活躍のステファノス・チチパス
 ・プロフィール
使用ラケット
 ・市販品スペック
 ・パーソナルスペック
使用ストリング
チチパスになるためのセットがこちら?

大活躍のステファノス・チチパス

2019年大活躍した選手の1人、ギリシャ出身のステファノス・チチパス。

最終戦であるATP FINALSでは、予選でメドヴェデフ、ズベレフという若手筆頭の選手たちから勝利。
準決勝ではフェデラー、決勝ではティエムを撃破して初出場&初優勝という快挙を成し遂げました!

プロフィール

名前
Name
ステファノス・チチパス
Stefanos Tsitsipas
年齢
Age
21
(1998.8.12)
※2019年11月時点
身長
Height
193cm
体重
Weight
85kg
利き手
Plays
右利き
バックハンド
Backhand
片手打ち
出生地
Birthplace
ギリシャ アテネ
Athens, Greece
居住地
Residence
モナコ モンテカルロ
Monte Carlo, Monaco
コーチ
Coach
Apostolos Tsitsipas
キャリアタイトル
Career Titles
4

ギリシャ出身のチチパス。
コーチのアポストロス・チチパスはお父さん。
両親は共にテニス選手だったそうです。
お母さんはロシア出身で、ジュニア時代には世界1位、ソビエト代表としてフェドカップにも出た・・・というまさにテニス一家。

キャリアタイトル数は4。
2019年にマルセイユ、エストリル、Finalsの3つ、2018年はストックホルムで優勝しています。
また、2018年は若手のみの上位選手で争われるNextGen Finalsを制覇しています。
(ツアータイトルとしてはカウントされない模様。)
NextGen Finalsを制した1年後に、ATP Finalsを制するという爆発的な成長を見せた1年になりましたね!

チチパス使用ラケット

https://www.instagram.com/p/B4QfmemhLbz/?utm_source=ig_web_copy_link

チチパスが使用しているのはウィルソン・ブレード
しなりを生かして威力のあるボールを生み出すこのシリーズ。
市販品のスペック&チチパスが実際に使用しているスペック(パーソナルスペック)についてまとめました。

<スペック>
ウィルソン ブレード 98 18×20 v7.0 (市販品)

チチパス使用モデルとされているのがウィルソン ブレード 98 18×20 v7.0です。

  

モデル名ウィルソン
BLADE 98 18×20 v7.0
フェイスサイズ98平方インチ
ストリングパターン縦18本 x 横20本
重さ305 g
バランスポイント320 mm
フレーム厚21 mm
フレーム長27インチ
定価¥33000
Stiffness62
※Tennis Warehouseより参照

このモデルは従来の面方向しなりだけでなく、スピンをかけるスイングをした時の縦方向にもしなりが出るように設計されています。
また、前モデルで採用されていたCV(カウンターヴェイル)は不要になったそうで、搭載されていません。
詳しい商品解説は以下のリンクからご確認頂けます。
[新型] ウィルソン・ブレード2019年モデル | 今度は縦方向へのスイングでしなる!

パーソナルスペック

チチパスが使用しているとされるスペックがこちら。
参照元:https://impactingtennis.com/2019/01/29/stefanos-tsitsipas-racket/

フレームおそらく旧型ブレード
重さ315g
グリップテープ含む
バランス317 mm
スイングウェイト308 (ストリングなし)
343 (ストリングあり)
カスタム内容グリップ内に10gの型取り用樹脂を充填

中身はどうやら旧型のブレードを使っている模様。
グリップテープ含めて315gだとしたら、BIG4のラケットに比べると随分と軽い事が分かります。

そしてグリップの内部には、樹脂が充填されているようです。
ウェイトのチューニングにはシリコン材が使われる事がほとんどなんですが、情報が正しければそれよりももっと硬質な樹脂を使用しているようなので、振動減衰性能などに違いがあるかもしれませんね。

グリップ内にこのようなシリコン剤を注入して重量・バランス・SWを調整するカスタマイズに関しては以下のリンクから詳細ご確認頂けます。
3本のピュアストライク16×19をスペック計測+チューニング![ラケットチューニング]

ギリシャカラーバージョンも使ってました。

ブレードのv7.0が登場するまでは、こちらのギリシャカラーバージョンを使用していました。
もちろん使っていたのはチチパスだけの限定モデル。
海外ではウィルソンラケットのカラーカスタマイズが出来るので、お金さえあればこんな風に自分専用のデザインにして購入する事が出来ます。
ええなぁ・・・(笑)

チチパス使用ストリング

チチパスのツイッターにこんなやりとりがありました!

「ラケットは市販品、それともパーソナライズドされたものを使ってるの?ストリングとテンションは?」
「パーソナライズドされたラケットを使ってるよ。ストリングは4Gだね。テンションは25/24 (kg)。」
だそうですよ!
ポンドに換算すると約55 / 53ポンド
本人が答えてるので信頼性は高いんじゃないでしょうか!

12mカット品だと1200円くらいなので、気になった方は一度試してみるのがオススメです。
ツイッターのやりとりがあったのが約2年前なので、もしかしたら多少の変化はあるかもしれないので、新しい情報が見つかったら追記していこうと思います。

チチパスになるためのセットがこちら?

大変お待たせしました。
全世界のチチパスファンへ送る、チチパスへなりきるためのセットがこちら。

ラケットはもちろんブレードの18×20を手に入れましょう。
ストリングは4Gを55/53ポンドで張ろう!

アディダスのウェアを揃えるのはもちろん、ヘッドバンドも忘れずに装着しましょう!

シューズはアディダスのソールコート・ブースト

剛性と衝撃吸収性を両立させたこのシューズで、コート上を激しく動き回り、強烈なボールを相手コートに突き刺して行きましょう。

1年で大きく飛躍したチチパス。
この先はグランドスラムタイトル獲得、いよいよ期待が高まってきましたね。
この先も目が離せません!