ストリング

[アルパワー・インプレ]ベストセラーストリングの性能に迫る。|Luxilon(ルキシロン)ALU POWER

アルパワーの実力に迫る

この記事のポイント

トッププロからアマチュアまで、幅広い層に長く愛されているルキシロンを代表するポリエステルストリング:アルパワーシリーズ

史上最強って?
テンション維持率とかコスパはどうなの?
という所にも突っ込んで分析しています!
アルパワーは気になってるけど手を出して良いのか分からないという人も、性能や販売価格について知りたい人も要チェックです!

ルキシロン・アルパワー (ALU POWER)

今回はルキシロンが誇るベストセラーポリエステルストリング:アルパワー(ALU POWER)のインプレをお届けします!
史上最強?(外部リンク)だったり、テンション維持性が悪くてダメ!だったりと、色んな情報が錯綜するのこのストリング。
正直な感想&評価をまとめました!

ポリストリングの先駆け的存在 BigBanger

Embed from Getty Images

90年代終わり頃までトッププロ = ナチュラルストリング(ガット)というイメージが色濃く残っていました・・・しかしグスタボ・クエルテンやファン・カルロス・フェレーロ、アルベルト・コスタなどが相次いでルキシロンのポリエステル・ストリング(Big Bangerシリーズ)を使用して全仏を制覇。

2000年代へ入り、トッププロのストリング事情は大きく変化していくのでした。

ジョコビッチやマレー、フェデラーもアルパワー

そして現在のトッププロ選手にも高い使用率を誇っているのがアルパワー・シリーズ。

Embed from Getty Images

ジョコビッチを筆頭に、マレーやフェデラー(※アルパワーラフ)、モンフィスやディミトロフ、また一時期は錦織選手(※アルパワーフローロ)も使用。多くのトップ選手に愛されています。
(→ BIG4 パーソナルスペック 総比較 | ラケット / ストリング比べてみた!)

また男子トッププロだけでなく、国内女子選手(岡村恭香選手、美濃越選手etc.)が単体で使用していたりと、幅広い選手層に支持されています。
(詳細はこちら→ テニス×美女特集[日本人選手編])

アルパワーのスペック&テクノロジー

ここではアルパワーのスペックやテクノロジーについて解説していきます。

ルキシロン・アルパワーパッケージ(luxilon ALUPOWER)

新モデル:1.15mm/1.28mm(RG)も追加

製品名LUXILON ALU POWER
素材ポリ・エーテル・エーテル
+アルミ・ファイバー
太さ・1.15mm (NEW)
・1.20mm
・1.25mm
・1.28mm (NEW:RGモデルのみ)
・1.30mm
カラー・シルバー
・アイスブルー
・レッドクレー(RGモデル)
製造国ベルギー
定価¥2,900 + tax (12.2m)

素材にアルミ・ファイバーが配合されており、これがアルパワーという名称の由来。(廃盤になりましたがTIMOというモデルは、チタン:Tiとモリブデン:Moが由来。)
一番細い1.15mm(シルバー)と、新色のローランギャロス(RG)が1.28mmという太さで新たに追加されました。

インプレのセッティング:BX315に45lbs

ストリングアルパワー 1.25mm
(シルバー)
ラケットBRIDGESTONE
X-BLADE BX315
ストリングパターン16 x 19
総重量349g

今回はどうしても男子トッププロのセッティングに近い形で打ってみたかったので、X-BLADE BX315に張り上げました。
総重量で349gと、ジョコビッチやマレーのパーソナルスペックに近い状態に仕上がりました。(BX315はレザーグリップ化、オーバーグリップ1.5枚使用によって重くなっているだけですが。)

フレーム内部にウレタンが充填されていて減衰性が高いフレームなので、今回は振動止め無しの状態で使用しました。

張ってみた感触:若干の硬さ+ツルツル

少し青みのあるシルバーは、品があってカッコいい!
張るだけでもちょっとテンションが上がる気がします。

素材自体には若干の硬さを感じます。ヨネックスのポリツアープロをもっとはっきりと硬くしたような印象。
表面はツルツルとした感触で、クロスを通す時の摩擦は少なかったです。

アルパワーの性能:厚い当たりで攻められる!

随分前にアルパワー打った時には、”もっさりしているポリ”っていうイメージでしたが・・・が、今回改めて打ってみてちょっと評価が変わりました!

最近のポリエステル製品に比べるとアルパワーはしっかりとハリ感があって、意外なほどボールの抜けの良さ(≒弾き)を感じる事ができました!
スピンも自然に掛けられるので、厚い当たりのボールで攻め込んでいけるストリングです!

打感:当たりは柔らかいけどハリ感がある

2000年代初め頃はかなり柔らかい方のポリでしたが、最近の製品群の中ではそこそこの柔らかさという感じですね。

インパクト時にはカツンと来る感じが少なく、そこからハリ感が出てきてボールを気持ち良く打ち出してくれる・・・確かにこれは気持ち良いかも。

反発力:パワフルという事はないけど問題無し

ストリング自体のパワーはそれほどありません
ただハリ感がある事で、ボールを過剰にホールドし過ぎずに飛ばしてくれるので割と快適な感じでした。(もちろん飛び過ぎてしまう、というレベルではありませんが。)
しっかり振り抜けるプレイヤーが、力強いボールを打ち込むのに適したストリングなんだなぁと実感。

1.15mmも追加された事でより幅広い層がアルパワーを楽しめるようになっています。体力に合わせた太さを選びましょう!

スピン性能:滑りは良い!割とスピン掛かる。

表面の滑りが良く、割とスピンは掛かってくれるように感じました!
ハイパーGのようなボールを削り取るようなスピンではなく、ホールド感と滑り(スナップバック)によって自然とスピンが掛かるイメージです。

テンション維持性:普通のポリエステル

色々と言われているアルパワーですが、テンション維持性に関しては普通のポリといった印象。
これはもうアルパワーがどうこう・・・ではなく、ポリエステル全般に言える事なので、定期的な張り替え前提でチョイスするべきだと思います。

以前の記事(グリスを塗ったら回転量は増えるのか確かめた!|ストリング・スナップバック考察)でも言及した事がありますが、ストリングは緩んでくると①球速が上がる②スピンが掛かりにくくなるという傾向がある為、厚い当たりのボールがコントロール出来なくなる可能性が考えられます。

過剰に不安視する必要はありませんが、やはり早め早めの張り替えをしたいストリングでしょう。

コスパは△:ロールで買うと¥1,250くらい

コストパフォーマンスははっきり言って良くはないですね
なんといっても¥2,900という価格の高さがネック。
あと数年で登場から四半世紀経つストリングがこの値段・・・というのはちょっと見直してほしいところ(笑)
実勢価格(12mカット品)で¥1,600前後と、他のポリと比べても若干の割高感は否めず。

多少のコスパを犠牲にしても、アルパワーの気持ち良い感触を優先させたいという人が選ぶべきかと。
ロールは2万円前後が最安値。
12mずつ使った場合、1張り当たり約¥1250。
アルパワーにこだわる人は、絶対ロールで買った方がお買い得。

オススメ:ハードヒットで攻めるプレイヤー

アルパワーをオススメしたいのは、
・ストロークを厚い当たりで打ち抜ける人
・ボールのスピード&スピンを求める人
・プレー頻度が高い人
・定期的な張り替えに抵抗が無い人

・多少コスパが悪くてもアルパワーの感触に拘りたい人

ライバル:バボラRPMブラストなど

アルパワーはしっかり打ち込んでいけるスピード&スピンのバランスにストリング。
ライバルとしてはバボラのRPMブラスト、テクニファイバーのレッドコードなどが挙げられます。

RPMブラスト:同等のハリ感+スナップバック

アルパワー同等のハリ感、+αのスナップバック(滑り)を持っているRPMブラスト。
RA値の高いラケットなどには、ブラストの滑りの良さがより良いショットをもたらしてくれるはず。

プロレッドコード:あっさり感+コスパの良さ

プロレッドコードもぜひ比較してほしいポリストリング。
インパクト時には硬過ぎない打球感、よりあっさりとボールが飛んでいってくれる感じ。
カット品は¥1,000以下と安いので、コスパの良さも○。

他にも多数ストリングのインプレ記事を用意しています。
ストリング選びの参考にしてみてくださいね!
ストリング・インプレ一覧

まとめ:打ち込んでいけるストリング

まとめ

・アルパワーは厚い当たりで攻められる!
・振り切っていける人向けのストリング
・スピード&スピンがバランスされた性能
・テンション維持性は普通のポリ。
・実勢価格はお高め。コスパはイマイチ。

<紹介した製品一覧>

単張最安値:¥1,630+送料

アルパワーの単張最安値は¥1,630+送料。
価格は高い部類になり、コスパとしては決して優れてるとは言いにくいところ。
フィーリングを重視する方にオススメのストリングです!

ロール最安値:¥19,306 (1張り分¥1,207)

ロールは2万円切り。1張り分は¥1,207まで安くなります。
ヘビーユーザーの方はロールガイ必須。