パフォーマンスアップ

[2020年上半期]今年買って良かったものBEST4!本気でオススメ。

今年も数え切れないほど色んなモノを買ってきました・・・
気に入ったモノがあれば、反対に記憶にも残っていないモノも(笑)

今回は2020年に買ってみて、とっても気に入ったスグレものたちをランキング形式でまとめました!
皆さんに本気でオススメしたいモノだけを厳選しました。

4位:バボラ ピュアストライク16/19

2019バボラピュアストライク

第4位はバボラ・ピュアストライク16/19(2019)!
RA70というフレックスながら、打感は食いつきの良いマイルド系。
『ラケットにパワーは欲しい、でもカンカンした打感は嫌い!』というワガママな層(つまり僕の事)に、しっかり応えてくれる1本。

ボックス系ともボックス系ともつかない、中間的なフレーム断面形状も独特の使用感を醸し出す要素になっています。

前作から正常進化した16/19

2017年モデルは幅広い層に支持され、一般の女性プレイヤーにも”ピュアストライカー”が広まるきっかけを作った1本でした。
2019年モデルの16/19は性能面では正常進化、よりクリアな打球感を実現。
この打球感の変化によって、細かいボールコントロールがしやすくなった点も見逃せません。

なおピュアストライク100(2019年モデル)は、RA70→RA72と実は硬めのフレームに変化。
前作に比べ打球感が硬めにシフトしていて、より”黄金スペック”っぽい1本になってしまいました。
個人的には16/19のような打球感の方が好き!!

・マイルドな打感の中厚系ラケット
・2019モデルはよりクリアな打感
・BOX/ラウンドの中間の断面形状
・前作よりも100との差が大きい
・ボールコントロールしやすい

3位:ゴーセン G-TOUR3

ゴーセンG-TOUR3 1.23mmをピュアストライク100に張り上げ

第3位はゴーセンのポリエステルストリング:G-TOUR3(ジーツアースリー)。

くいつく打球感」と「最適なボールの反発性(=初速)」の両立を目指して開発されたこのストリング。
実際に使ってみるとマイルドで食いつきの良い打球感でありながら、スッとボールが飛んでくれる快適な性能。

“ちょうど良いポリ”な1張りになれそう

1.25mmだとちょっと弾きやスピードが不足気味・・・

1.20mmは弾きは良いけどコントロールしづらい・・・
って悩んでる人、周りに結構いるんですよね。

そんな時こそG-TOUR3がオススメ。
弾力のある素材に加え、1.18/1.23/1.28mmの中間的な太さが”ちょうど良い!“と思えるフィーリングを作り出してくれるはず。

・マイルドだけどボールの抜けも良い
・1.23mmなど中間的な太さも上手い設計
・”ちょうど良い”ポリになる可能性あり

2位:ASICSゲルレゾリューション8OC

アシックス(ASICS)ゲルレゾリューション8

対オムニコート、最終兵器として手に入れたのがこのアシックス・ゲルレゾリューション8OC。
ハードコード育ち・オムニ嫌いの僕でも、人並みに戦えるようになったグリップ力は本物。

高いグリップ力はショットにも影響

高いグリップ力は単純なコートカバーリングの向上だけでなく、ショットの質の向上にも大きく貢献してくれます。

✅グリップするからクロスに切り返せる!
✅踏ん張れるからスピンが掛かる!
↑これ本当!!

・オムニでも高いグリップ性能を発揮
・高い剛性で力を受け止めてくれる
・コートカバーリングの向上
・ショットの質も向上するかも!

(ダントツ)1位:PACIFIC XTR

今年買って良かったもの第1位は、パシフィックのドライグリップXTR
ダントツの1位です。
ダントツの1位です。
(大切なので2回言います。)

本当はあんまり紹介したくないくらいの逸品

これを最初に知ったきっかけはなまらテニスさん(@namaratennis1)の記事。
この記事にも書かれている通り、正直『人にはあまり教えたくない』くらいの逸品と言って間違いなし。

購入先が限られており、紹介する事で手に入りづらくなってしまったらどうしようという不安に苛まれています(笑)

単価自体は少し高めではあるものの使用感や耐久性を考えると、むしろコストパフォーマンスはかなり良いと言えます。

これまでたくさんドライ系グリップを試してきましたが、あらゆる面でXTRは完成度が高いです。
販路の問題以外、ケチのつけようがありません・・・

・純ドライ系グリップとして最高の逸品
・SouthFieldsさんが販売中
・単価は高いけどコスパは良い!
・使用感も最高
・良すぎて逆に教えたくない