ブログ

テニス系YouTubeで登録者数1000人達成までの道のり&ノウハウ!底辺だった僕が気をつけた事・対策して来た事とは。

苦節1年半!YouTube登録者数1000人達成。

いつもアドブロをご覧頂きありがとうございます!
2021年3月9日、ついにYouTubeの登録者数が1,000人を突破する事が出来ました!

TRUEMAN
TRUEMAN
いやー!
苦節1年半・・・想像以上に長かった(笑)
でも嬉しいんで記事にしちゃいますね!

どうせやるなら収益化を目指したいよね!

なんで登録者数1000人が重要かって言うと、YouTubeからの広告収入を得る為に必要な数だからなんです!
これにプラスして再生時間の累計なども関連しますが、実際には登録者数1,000人が達成出来れば大体クリア出来る設定になってます。

(※1,000人超えると自動的に収益化されるワケではなく、収益化のための審査が受けられるようになるというのが正確な表現になります。)

登録者数が数百万人クラスの有名YouTuberが活躍して久しい昨今ですが、テニス系YouTubeを見ると決して簡単な数字ではない事が分かるはず。

テニス系で1,000人を超えてるのは2021年3月はじめの時点で約80アカウント。
1,000人を越えたからすごい!って事は無いかもしれませんが、全員が簡単には達成出来るものでもない・・・そんな絶妙な難易度が登録者数1,000人です。

大きな戦績もないテニス愛好家の歩み。

アドブロの記事、Twitterを見て頂いている方ならご存知だとは思いますが、ブロガーとして活動してはいるものの・・・テニスプレイヤーとしては特に大きな戦績もない愛好家レベルの僕。

一個人で(比較的)後発のアカウントがどこまでやれるのか?
そんな不安を抱えつつ、何度も挫折しながらここまでやってきました。

1000人までの道のり&対策などを振り返る!

そんなワケで、今回の記事の目的はこちらの2つ!

①1000人までの道のりはどんな感じだったのか?
②どんな事を考え、どんな対策を行ってきたのか?

アドブロの苦悩を楽しむも良し、これからYouTubeを始める為の参考(人柱?)とするも良し!

・登録1000人の道のりを解説
・テニス系では決して楽ではない
・どんな事を考えていた?
・どんな対策をしてきた?

2019年:YouTubeアカウントを作成&開始

2019年10月にYouTubeアカウント:アドブロ[ADVNTG.BLOG]を開設。
2ヶ月ちょっとの間に5本ほどの動画を作成し、登録者数は10人ほどに。
全動画合計の再生回数は1490回で、再生時間としては54時間でした。

こんな事言うと恥ずかしいんですが正直な所、もっともっと再生されて話題になってくれると期待してました(笑)
予想の遥か下方を行くスタートとなりました!

初めて作成+公開した動画がこれだ!笑

本当に初めて作った、テスト的な動画がこちら。
画角や画角、音声もどうなるか全く分かっていない中で、とにかく録画&アップロードに挑戦!
今見ると笑っちゃうくらい手抜きなんですが(笑)、それもまぁリアルという事で。

初めてアップロード&公開した時はとっても緊張しましたし、「急に反響が来ちゃったらどうしよう!」とか思ってました。
(※勿論ほとんど再生されなかったのは言うまでもないw)

最初はぼんやりとしていた動画コンセプト。

そしてこの動画はアイスコードとトアルソン・ゴールドの打球感の違いを知ってもらいたくて作った動画・・・
正直なんでこんな動画作ったのかは思い出せない(笑)
(Twitterに載せるんならギリ分かるんだけどYouTubeでやるよな事じゃない)

この時は、ブログのインプレ記事をより充実させる・補完させる意味でYouTube(≒映像)を使おうと考えてはいたものの、明確なコンセプト・方向性というのは決めてなかったですね。

XCALIBREのインプレで超プチブレーク?

そして2019年に1番頑張って作成したのがこのTENXPRO XCALIBRE (点エックスプロ・エクスカリバー)のインプレ動画。
当時は英語の記事を入れても数記事、動画のインプレも1,2本しか存在しなかったこのラケット。

その”希少性“に可能性を感じ、出張先のホテルで時間を割いて一生懸命に作った動画でした。

結果として2019年の間に
・873回再生
・登録者+5人
という結果を残し、アドブロとしては初めて人に観てもらえたと実感する動画になったのでした!

・想像を遥かに下回るスタート
・コンセプトが定まらない
・希少性でXCALIBREをインプレ
・2ヶ月半で登録者数10人程度

2020年:時々ヒット作が登場し始めた!

2020年は1年間で約36本の動画をアップロード(※公開後削除したものもある)、登録者数は大きく増えて+684人、再生回数は16万4千回を記録、再生時間は9195時間となりました!

2020年には初めて1万回再生を超える動画が出て来たりと、時々ではあるもののヒット作(?)と呼べそうな動画が増えていった1年でした。
収益化に必要な再生時間は大幅にクリアしたものの、登録者数は約700人で頭打ち・・・成長と同時に、歯がゆさも感じていました。

夏頃までは鳴かず飛ばずな停滞が続く

1~6月6~12月
投稿本数1422
登録者数+45+641
再生回数8,340156,000
再生時間2858909

2020年全体で見ると悪くない感じに見えるかもしれませんが、上半期の伸び具合はかなり低調。
エクスカリバーの動画でコツを掴んだかと思いきや、実際はその後も鳴かず飛ばずで夏を迎えてしまったのでした。

勢いがついて来たのは本当に後半になってから。
8月にピュアドライブの動画がヒットし再生数が一時的にアップ、そして年末に立て続けにリリースした”全部買った”シリーズで大幅に登録者数を増やすことに成功したのでした!

ピュアドライブが1日で約5,000回の再生!

そして迎えた2020年8月15日、これまでの動画では考えられなかった勢いで再生されたのがこのピュアドライブ2020/2021のインプレ。

運良く試打会に当選し、動画投稿を見越して撮影を実施。
情報解禁日の8/15 0:00ちょうどに公開、すると半日で5,000回以上の再生回数を記録!

アナリティクスを開くたびに勢いよく増えていく再生回数に、心拍数も上がりまくりだったのを今でも覚えています。
この動画1本で約70人のユーザーがチャンネル登録をしてくれました。

商品の注目度=検索ボリュームって超大切!

ピュアドライブ以前のYouTubeの動画を作る際、僕の考えはこうでした。

TRUEMAN
TRUEMAN
アドブロは弱小・底辺

マニアックな製品を攻めるしかない!
競合がいない所で動画を作ろう!
そう思って、自ら進んでマイナーなものをピックアップする傾向にありました。
勿論これも間違いとまでは言えないのですが、再生数を伸ばすは正直かなりハードモードでしたね。

ピュアドライブのインプレ動画が沢山再生された事で、考えにも変化が。

TRUEMAN
TRUEMAN
・商品自体の注目度も超大切
 (≒ 検索ボリューム)
・情報の速さは1つの武器!

再生数を稼ぐ為にはやはり市場的に注目度の高い製品をインプレするべきと気づき、以前よりもメジャー路線を意識するようになっていきました!
情報解禁日に動画をリリースする破壊力にも気づかされた一件でしたね。

年末の全部買った/買わなかった動画が快進撃!

そして2020年のクリスマス頃から立て続けに公開したのが、この「全部買った」シリーズ。
この動画は現在までに約2万回以上再生され、登録者数も100人以上獲得した当チャンネルの稼ぎ頭となったのでした!

これまでのインプレとは違い、複数のラケット・ブランドを合わせて解説、そして正直なコメントを載せたのが功を奏したみたいですね。

これは好機!と第2弾・第3弾を出すだけでなく、みっちりテストはしたけど買わなかったラケットについての解説動画も作成!
この動画ももうすぐ1.5万回再生を超えそうで、多くの方に観て頂けてると実感しております。

・ブランドを限定せずに比較
・イマイチな所も正直にコメント


この2つがめちゃくちゃ大切だって気付かされた2020年でした。

・前半は結局低調なまま推移
・ピュアドライブで再生数増加
・製品の注目度も超重要
・比較動画もアクセス増に貢献
・正直なコメントも大切!

2021年:停滞するもついに1,000人突破!

そして2021年3月中旬の時点での記録がこちら。
7本の動画を新たに公開、登録者数は+416人の増加、再生回数は約9万9千回、再生時間は6778時間となりました。

アカウント運営開始から約1年半、ようやく登録者数1,000人と突破する事が出来たのでした!

約700人から停滞する2021年のスタート。

2021年最初の動画はプロスタッフv13のインプレ。
これが思った以上に伸びなかった!笑

発表直後は情報をまとめただけのブログ記事でもかなりのアクセス数を叩き出すなど、とにかく注目度がエグかったプロスタッフv13
でしたが、やはり発売から数ヶ月も経過した後では、多くのアクセス・再生数を獲得するのは難しく、微妙な結果に終わったのでした。

ついにDUNLOP上條さんと共演を果たす!

1000人の壁が越えられない苦悩を抱える中にも、いくつか明るいニュースがありました。
2021年のハイライトで外せないのは、DUNLOP上條さんと新CXシリーズのインプレを撮影させて頂いた事!

これまでほぼ”完全に個人“として動いていたアドブロでしたが、初めてメーカーさんのご協力を頂けたのです・・・いやーもう、めっちゃ感激でしたね!

一緒にテスターとして参加してもらったずぉさんと前泊したのが良い思い出です(笑)
もちろん、メーカーさんのご協力を受ける事で享受出来るメリットだけでなく、色々と言いにくくなるかも?というリスクがある事も理解しています。
が、今の所は好き勝手言わせてもらえていているので(笑)、寛容な心に感謝するばかりです。

美女より強いイケメン?ついに1000人突破!

登録者数が970人程度まで増え、あとひと押しで1000人に手が届きそうな状況がしばらく続いたアドブロ。

「新製品をインプレする?」「テニスが出来る美女に出演してもらう?」など、いろんな可能性を模索しました・・・・そして生まれたヒット動画は”テニスが超強いイケメン“という要素を詰め込んだものでした(笑)

柳川高校、早稲田大学と多数のプロ選手を輩出しているテニスの名門校を卒業した、イケメン長身の町田さんというリーサルウェポンが登場!
シングルスのゲーム練習をしてもらってけちょんけちょんにやられたんですが、その日の内に仕上げた動画が予想を遥かに超える再生回数を記録!

公開から約1週間の3/15時点で再生回数が2.2万回、この動画によるチャンネル登録者数の増加が+78!
この動画のおかげもあって、あっさりと1,000人の壁をクリアすることが出来たのでした!(※記事執筆時には1,125人に!)

アドブロには美女よりも、美しいテニスを愛している視聴者が多かったのかもしれません!笑
町田さんにも本当感謝・・・収益が出たらなにか還元しなければ。

収益化の審査も無事に通過!

そして1,000人を越えたアドブロのYouTubeアカウントなんですが、収益化の申請を行い無事に審査を通過致しました!
申し込みから通過のお知らせが届くまで2日ほどかかりましたが、なんだかすごく長い時間に感じましたね。

成人向けコンテンツ(≒過剰にえっちなやつ)や、違法コンテンツが含まれている場合はこの審査を通過出来ないようになっているみたい・・・まぁ流石にココで引っかかるわけには行かないので一安心(笑)

承認から数日経ちましたが、早速収益が発生していてすんごい嬉しいです!!

・2021年スタートは低調
・DUNLOPさんのご協力も!
・強いメンズで1000人突破!
・収益化の審査も無事通過!

なぜ1,000人達成出来たのかを考察。

同じような時期にアカウントを作成し同じように真剣にテニス系の情報を発信していても、まだ1,000人を達成出来ていないアカウントもあります。
(勿論数千人に伸ばしたアカウントもありますが!)

なぜアドブロは1,000人を無事達成出来たのか、僕なりに整理してみましたよ!

考察①そもそも自分のプレー自体に価値はない

Embed from Getty Images

僕が常に意識してきた事は「そもそも自分のプレー自体にはほぼ価値がない」という点。

錦織選手やフェデラー、ナダルなどATPトップクラスの選手でも無い限り、ただ練習風景を流すだけで再生回数を獲得する事は現在ではほぼ不可能だと思います。
国内のトップ選手や過去に大きな戦績を残した人も例外ではなく、戦績・強さだけではもう再生数は獲得出来ないのです。

“自分のプレーそのものには価値はない”と思っているからこそ、再生数を獲得するために何が必要なのか?って言う事にフォーカス出来たのだと思います。

趣味アカウントなら勿論全然OKなんですが、真面目なアカウントがご自身の実績や技術を過信しているのを見ると・・・なんかね、モヤッとしますよね。

考察② 「切り口」が超大切!

じゃあ何が大切か?っていうと「切り口」じゃないかと考えてます。
これは動画だけじゃなくて記事でもとても大切にしている部分ですね。

例えば直近の動画:vs町田さんがありましたが、アレって試合自体はワンサイドゲームだし、ただアドブロが負けてる試合なんですよね。
でもそこで、
Q:超格上相手にどう考え臨んだ?
Q:上手く行かなかった理由は?
Q:改善するべきポイントは?
という切り口を与えているから再生してもらえてるんだと思います。
(町田さんのプレーが綺麗ってのも根幹にはありますが)

メーカーの枠を越えてラケット比較したり、データを実際に載せたり・・・そういった工夫は全て、他と差別化出来る”切り口“を表現するためのものなんです。

Embed from Getty Images

テニスも状況に合わせて自分の武器を戦略的に繰り出すスポーツじゃないですか。
何を使えば相手より優位に立てるのか、自分が有利な状況に持ち込めるのか・・・そういう考え方をYouTubeにも当てはめた結果、1,000人を越えられたのだと思います。

これから:感謝しつつ中立の立場は崩さずに!

こんな感じで多くの方にご協力を頂けるようになった事で、YouTube登録者数1000人の壁を突破できたアドブロ。

皆さんに感謝しつつ、今後も中立・正直な意見を発信していけるように心掛けて行きたいと思います。

一応言及しておくと、用具をレンタルさせて頂く事はありますが、ラケットを無償で頂く・記事を書く事で報酬を受け取る・・・といった形は基本的に取っておりません。
(※プロのライターを目指すなら記事を書いて報酬を得られるレベルを目指すべきですが・・・🤔 )

いや、まぁ正直、もらえるんならめっちゃ嬉しいんですよそりゃ!笑
ですが自分で買うからこその喜び、自分で支払うからこその悩み・・・そいういったものも絶対あると思うので、アドブロらしさを無くさずに行きたいと思ってます。

収益化目指さなくても投稿する意味・価値あります!

最後に、これからYouTubeを始めようと考えている人にお話を少しだけさせて頂くと・・・

テニス系のYouTubeは先ほども言った通り、みんながみんな収益化出来ているワケでないし、収益化を目指すならしっかりとした戦術・継続力が求められます。

でも、収益化を目指さなくてもYouTubeに投稿する価値は確実にあります。

①動画をストレージ無制限でアップロード出来ちゃう!


iCloudは無料5GB、Googleドライブも無料だと15GBまでと、サーバーにデータをアップロードするシステムには上限がつきもの。
しかーし!YouTubeならアカウント登録するだけでストレージを無制限でアップロードする事が可能!
携帯やPCの容量を圧迫しがちなテニス動画を、YouTubeにアップする事で保管して置く事が出来ちゃうのは超便利!
(※でもYouTubeに何かトラブルが生じた時は動画が消えたり破損しても保証されないので、大切な動画はバックアップ必須です)

②友人関係・コミニティが広がる

YouTubeが収益化出来なかったとしても、やっぱり見てる人は見てるんですよね。
そうするとオンコートで話題にしてもらえたりなんかして、新しい友人が増えたりやコミュニティーが広がったりという副産物(?)をもたらしてくれる可能性があります。
出不精・人見知りの僕ですら友人増えましたから!笑

ぜひチャンネル登録して行ってね!

いかがでしたでしょうか!
1,000人でこんなに偉そうに語ってしまうと怒られそうですが、もし少しでも役に立った!共感できた!参考になった!と感じて頂けていたら嬉しいです!

今後もいろんな切り口で情報発信をしていきますので、ぜひチャンネル登録して行ってくださいね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg