プロ関連

ダニール・メドベデフってどんな選手?使用ラケット&ストリングを調査!(Daniil Medvedev)

この記事のポイント

・D.メドベデフを調査!
・キャリアハイランク4位を記録
・ロシア人初W&Sオープン決勝進出
・2020ATP FINALS優勝!

サムネイル画像:”Australian Open 2020″ by RobPJKeating is licensed with CC BY 2.0. To view a copy of this license, visit https://creativecommons.org/licenses/by/2.0/

メドベデフ(メドヴェデフ)ってどんな選手?

Embed from Getty Images

年間のTOP8で争われるATP Finals。2020年大会を制したロシアのダニール・メドベデフ(メドヴェデフ/メドベージェフ)を徹底調査!
彼の戦績や、使用しているラケットやストリングについても情報をまとめました!

プロフィール:ダニール・メドベデフ

名前
Name
ダニール・メドベデフ
Daniil Medvedev
年齢
Age
23
(1996.2.11)
身長
Height
198 cm
体重
Weight
83 kg
利き手
Plays
バックハンド
Backhand
両手打ち
出生地
Birthplace
ロシア モスクワ
Moscow , Russia
居住地
Residence
モナコ モンテカルロ
Monte Carlo , Monaco
コーチ
Coach
Gilles Cervara
プロ転向2014年
キャリアタイトル数
Career Titles
9
<2020>
ATP Finals
Paris(1000)
<2019>
Sofia
Cincinnati(1000)
St.Petersburg
Shanghai(1000)
<2018>
Tokyo
Winston-Salem
Sydney

サイズ・球威・機動力・戦術を持った選手!

198cmの長身から繰り出すサーブを軸に、そのサイズからは想像もつかないほどの機敏でタフなフットワーク、さらにボレーも出来る戦術眼も持ち合わせています。

テニスは6歳からスタート、ロシア語/英語/フランス語も話せる語学堪能ぶり。コンパクトなスイングに、首に巻きつけつような独特のフォロースルー。以前活躍した同じロシアのニコライ・ダビデンコにも近い雰囲気。

Embed from Getty Images

ちなみに、メドヴェデフとデルポトロは同じ身長。メドヴェデフのサイズ感、分かって頂けるかと。

主な戦績:Finals優勝+2019全米準優勝

プロ転向は2014年で、2016年末には初のランキングTOP100を突破。
その後はしばらく50,60位台を行ったり来たりしますが、2018年はTOKYOを含む3大会に優勝しTOP20を突破。

2019年には4大会優勝、USオープンを含む5大会で準優勝と大躍進。キャリアハイのランキング4位を記録しました。
2020年前半は勢いが落ち着いたのか多少戦績が落ちた感じがありましたが、年末に調子を上げてMasters1000パリ、ATP FINALSを10連勝で締めくくりました。

ハードコートで好成績!戦術の多様さも武器

現在まで獲得したツアータイトル9個は全てハードコートでのもの。
コート後方に大きく下がってプレーするのがメインですが、相手や状況に合わせてフラットの強打や積極的なサーブ&ボレーなどを使う戦術はハードコートで最も効力を発揮しています。

使用しているラケット / ストリング

メドヴェデフの活躍を支えているアイテムたちについてチェック。

Embed from Getty Images


   

ラケット:テクニファイバー T-Fight RS305

モデル名
Racket
テクニファイバー T-Fight RS305
(ティーファイト アールエス)
フェイスサイズ
Head size
98 平方インチ
重さ
Unstrung Weight
305 g
バランス
Balance
325 mm
フレーム厚
Thickness
21.5 ~ 22.5 mm
フレーム長
Length
27 インチ
ストリングパターン
String Pattern
18 x 19

2020年後半からはT-Fight RS305を使用中。コントロール性に優れたボックス形状とパワーに優れたラウンド形状をハイブリッドした新フレーム形状を採用しており、18×19のストリングパターンによってハードヒットでもブレない性能を実現しています。

旧型のXTCがセール価格で販売中

2020年前半まで使用していたT-FIGHT XTCシリーズは、アミュゼスポーツ(楽天市場)で15,800円というセール価格で販売中。
スペック的には新型と大きくは変わらないので、気になっていた人はこのチャンスにゲットしておきましょう。

ストリング:レーザーコード 1.25mm

ストリング名
String
テクニファイバー
レーザーコード 1.25mm
Tecnifibre Razor Code
太さ
Gauge
1.20mm
1.25mm
1.30mm
断面形状
Shape
丸型 (モノフィラメント)
Circle shape
素材
Material
ポリエステル
Polyester
カーボン
ブルー
ホワイト

  
メドベデフが使用しているのはレーザーコードのホワイト。
わずかに柔らかさはあるものの、しっかりしたハリがあってパワーを伝えやすいのが特徴のストリングです。

振動止め:ビブラクリップを使用中

また振動止めもテクニファイバーの名品:ビブラクリップを使用。
重量増加を最小限に抑えつつ、適度に振動を抑えられるのが魅力のアイテムです。

日本では錦織選手が使うノド●んこ型振動止めがかなりの人気ですが、個人的にはヴィブラクリップの方がスマートで格好良いと思ます!!!

まとめ:NextGenからATPの頂点へ

NextGenではズベレフ、チチパスなどが先立って活躍していましたが、現在ではメドベデフの方が戦績では上回る形となっています。
2019USで準優勝、2020ATP FINALS優勝と順調に戦績を向上させており、2021年はグランドスラム獲得が期待されます。

全豪・全米での活躍が予想されますが、BIG4やワウリンカ、ティエムやズベレフなど、混戦模様になって来た男子ツアーの中でしっかり勝ちきれるのかどうかが今後の注目ポイントとなります。