ストリング

おすすめナイロンストリング![目的別/テニス]

おすすめのテニス用ナイロンストリングを目的別に

今回は目的別“にオススメのナイロンストリングをご紹介します!
「パワーが欲しい!」
「柔らかい打球感にしたい!」
「ナイロンでもしっかり打って行きたい!」

そんな悩みを解消するヒントに、ぜひご活用下さい!

まずコレ!おすすめバランス型ナイロン

テニスを始めたばかりの人や、あまりナイロン系を張った事がないという人におすすめしたい、基準としやすいバランス型のナイロン。

バボラ ブリオ
(Babolat BRIO)

<特徴>

・性能のバランスがいい
・柔らかいけど必要以上にホールドしすぎない
・ラケットドックでも採用されているナイロン

ナイロンマルチの柔らかさはありつつも、性能的な偏りが少なく非常にバランスが良いのがこのバボラのブリオです。
耐久性も意外と悪くない、癖のない使い心地は本当におすすめ!!

僕自身もポリをメインで使っていた時期が長く『ナイロンはちょっと・・・』って思っていましたが、ブリオを使い始めて使いやすさや球威がアップ。
思い込みで可能性を狭めるのは勿体無いですよ!

テクニファイバー XR3
(Tecnifibre XR3)

<特徴>

・ポリウレタン配合で柔らかい打感
・3本芯の構造でしっかりとした打ち味も実現。
・価格や性能のバランスが良いナイロンマルチ

ブリオと同じくバランスに優れているのがテクニファイバーのXR3。
ポリウレタン配合により柔らかい打球感のなかにも、3本の芯を組み合わせた構造でしっかり感を出しているモデル。
価格や性能のバランスが非常に良く、こちらもスタンダードモデルとしてまず一度試して頂きたい1張りです。

テニスブログ仲間のなまらテニスさん(@namaratennis1)のツイートですが、XR3の良さを分かりやすく表現してくれました!

柔らかい打球感を求める人におすすめ!

ナイロン系を使う大きなメリットは、ポリエステルストリングに比べて打球感が柔らかいという事ですよね。
ここではナイロンの中でも特に柔らかい打球感を感じられるストリングをご紹介します!

テクニファイバー X-ONE バイフェイズ
(Tecnifibre X-ONE BIPHASE)

<特徴>

・ポリウレタンによる優れた柔らかさ
・ナチュラルに近いフィーリング
・手首や肘など、身体にも優しい

打感の柔らかさ、ナチュラルに近いフィーリングから大きな支持を得ているのがテクニファイバーのX-ONE BIPHASE (エックスワン・バイフェイズ)。
過去にはジョコビッチが使用していたらしいこのストリング。
ホールド感を活かしながらボールをコントロールする人、身体への負担を抑えつつプレーしたいという人にもおすすめの1張りです。

テクニファイバー NRG2
(Tecnifibre NRG2)

nrg2

<特徴>

・ポリウレタンによるマイルドな打感
・スイングのパワーを受け止めてくれる安心感
・しっかり打てる柔らかいストリング

X-ONEと同じテクニファイバー製のナイロン+ポリウレタン系ストリングのNRG2(エヌアールジー・スクエア)。
インパクト時のマイルドさ・ホールド感は十分にあるのですが、ストリングにハリ・弾力があって安心出来る使い心地。
強いスイングでもストリングがしっかりパワーを受け止めてくれるので、柔らかいけど打っていけるストリングです!

反発力!弾き出すパワーのナイロン!

コンパクトなスイングでも“スパーンッ”と気持ち良くボールを飛ばしてくれるストリングを紹介します。

トアルソン バイオロジックXX128
(Toalson BIOLOGIC XX128)

ピュアストライク2019

<特徴>

・軽快な弾きを感じられるナイロン
・表面コーティングによる自然なスピン
・球速と伸びのバランスが良いストリング

今年登場したトアルソンの新作ストリング:バイオロジックXX128。
ストリング自体の弾きで”スパーン”と飛んでくれる事に加えて、表面コーティングをのおかげで自然なスピンが掛かって収まってくれるんです。

しっかりスピンを掛けて打ちたい!

ポリエステルは厳しい、でもナイロンでもしっかりスピンを掛けて打ち込んで行きたい!という人に紹介したいのがこちらのストリングたち。

ダイアデム インパルス
(DIADEM IMPULSE)

ダイアデム インパルス

<特徴>

・新ブランドダイアデム(DIADEM)のナイロン
・目を惹くティール色の表面コーティング
・ホールド感とスナップバックでスピン量アップ

日本へ本格上陸したダイアデムのナイロンストリングのインパルス。
ムッチリした打球感に加えて、表面の独特な色(TEAL:ティール)のコーティングが施されていて、ボールをしっかりホールドしてスピン量に変換していく事が出来ます!

ゴーセン ストロングダイア
(Gosen STRONGDIA)

ストロングダイヤ

<特徴>

・表面に凹凸があるナイロンストリング
・引っかかり感がありスピンが掛けやすい
・ナイロンモノとしは食いつきが良い

表面が凹凸になっているゴーセンのストロングダイヤ。
ナイロンモノとしては食いつきを感じ取りやすく、ボールの引っかかりやすさもあってスピンもいけます!
ポリだとパワーが足りなくて浅いスピンボールになってしまっていた人は、ストロングダイヤの方が伸びるボールを打っていけるはず。

ナイロンでも耐久性を求める人に!

ナイロンのテイストは残しつつもしっかりとした耐久性が欲しい!という人におすすめしたい製品をご紹介!

ゴーセン AK PRO CX
(GOSEN AK PRO CX)

<特徴>

・高耐熱糸CXを採用して耐久性アップ
・カッチリした打ち心地を実現
・ナイロンでも耐久性を犠牲にしたくない人に!

ゴーセンが発表したCXシリーズは、高耐熱糸を巻きつける事でこれまでにない高い耐久性とカッチリとした打ち答えを実現したナイロンストリングになっています。

ストリングインプレ多数用意しました!

上記のストリングだけでなく、いろんなストリングのインプレを用意していますのでぜひチェックしてみてくださいね!

もちろん、ナイロンだけでなくポリエステル系ストリングも多数インプレしています!
あなたのストリング探しにお役立てください!

おまけ:ストリング?ガット?

テニスのストリング?ガット?
多分、検索された方の中には2つの違いが気になった人もいるんじゃないでしょうか。
せっかくなので軽く解説させて頂きます!

ラケットに張る糸全般を”ストリング”と呼びます。
牛(羊)の腸(GUT)から作られたものを”ガット”、”ナチュラルストリング”と呼ぶんだそうです!

なので「ナイロンガット」とか「ポリエステルガット」という表現は、厳密には間違いっている事になります!要注意!