ストリング

[TCSインプレ]ハリ感のある使いやすいポリストリング|ポリファイバー(Polyfibre TCS)

ポリファイバーのTCSのインプレッション

この記事のポイント

ポリファイバーのスタンダードなポリ系ストリング:TCS(ティーシーエス)のインプレをお届けします!

・柔らかめの打感
・癖が少なく落ち着いた使用感
・意外と反発力は抑えめ
ストリングに適度な柔らかさ癖の少ない使用感を求めるプレイヤーにフィットするストリングです!

ポリファイバーTCSとは?

柔らかいポリ系ストリングを作るのが得意なポリファイバー(Polyfibre)。
その基礎となったモデルがこのTCS(ティーシーエス)。

TCSのスペック&テクノロジー

製品名TCS (ティーシーエス)
素材ポリエチレン
+複合素材
断面形状丸型
太さ1.20mm
1.25mm
1.30mm
オプティックイエロー
定価¥2,600+tax (12m)

使用されている素材はポリエチレン。
ポリファイバーのエボリューションにも使用されているものと同じものになります。

TCSに使われているテクノロジー

レモンピール加工皮のように外側が硬く、内側が柔らかい特殊なコーティング
SMDテクノロジー素材分子の適正配分を行う。
テンション維持性能、スピン性能、コントロール性能を更にアップさせました。

セッティング:ピュアドラVSに45ポンド

ストリングTCS 1.25mm
ラケットバボラ
ピュアドライブVS
テンション45ポンド
張り方1本張り

表面はツルツルで滑りは良好。
指で押してみるとブラックヴェノムよりもハリがあって、少し硬そうな感じ。
ストリンギングをしてみると、クロスを通す時の摩擦は小さいものの、素材の硬さ・ハリ感がちょっとだけ通しにくさを感じさせられました。

打感:柔らかく敏感過ぎない

TCSの打球感はポリ系の中では少し柔かい方です。
過剰にホールドしたり弾いたりしない、敏感過ぎないちょうど良い使用感でした。

エボリューションは同じポリエチレン素材を使用していますが、もう少しムッチリ(モッチリ?)とした打感で、ホールド感も強い印象。
僕はTCSの方が好きかな!笑

性能:バランスが良くて色々やれる!

TCSは性能のバランスが良く、強打もタッチ系ショットも色々やりやすく感じました。
ストリングがプレーの邪魔をしない、そんな印象でした。

反発力:比較的抑えめ。

若干のホールド感があり、弾きや反発力は比較的抑えめ。
ハードなストリングではありませんが、ある程度スイングスピードがある人の方が快適に使えると思います。
反発力はエボリューション<TCS<ブラックヴェノムのイメージでした。

スピン性能:自然なスピン量を実現

表面の滑りはポリらしく良好で、感覚に近い自然なスピン量を実現してくれる印象。
グリグリスピンには向きませんが、フラットドライブ〜普通のトップスピンならスイングに合わせてスピン量が変化してくれます。

コスパ:単価が安いのでコスパもGOOD

テンション維持性などは標準的なレベルですが、単価の安さがコスパを引き上げています

単張最安値:¥650+送料(¥250)

楽天の最安値は¥650+¥250(関東への送料) = ¥900となっています。
1000円でおつりがくる!!かなり安いですね!!

ロール最安値:¥9,380!(1張分¥590)

ロールも1万円を切っています。
1張分は約590円!
耐久性もそこそこあるので、部活を頑張る学生などにもオススメなストリングですね!

ライバル比較:プロレッドコード

ライバルとしてぜひ比較してもらいたいのがテクニファイバーのプロレッドコード。

バランスの良い性能や少し柔らかめな打感はどちらも共通。
プロレッドコードの方が少しハリがあって、ボールの抜けが良い印象。
薄ラケに張るなら、レッドコードの細めにすると相性が良いですよ!

オススメ:硬めのフレームや弾き過ぎ防止に

TCSは性能バランスの良いストリングなので、どのフレームでもしっかり活躍してくれるはず。
中でもオススメなのは硬めのフレームに組み合わせるパターン
性能を保ちつつもボールの弾き過ぎや、敏感過ぎる使用感を抑える事が出来ます。

まとめ:こんなストリング

TCSまとめ

・TSCはポリとしては柔らかめの打感
・弾き過ぎず、食いつき過ぎない感触
・反発力は若干抑えめ
・性能のバランスが良い
・1張分で¥1000未満と安い
・特に硬めのフレームと相性良し