ストリング

[シルバーストリング インプレ]かっちりした打感と全体のバランスが良いポリエステルストリング|WeissCannon(ヴァイスカノン)SilverString

かっちりしたバランス型ポリ

WEISS CANNON SILVER STRING

かっちりした打球感

バランスの取れた性能

打ち込むタイプ向き

5

パワフルさ

5

スピン性能

7

しっかり感

6

扱いやすさ

この記事のポイント

ヴァイス・カノン(WEISS CANNON)のポリ:シルバーストリング(SILVER STRING)をインプレッション。

かっちりとした打球感、クセが少なく性能のバランスも良し。
ハードに振り抜いていけるポリエステルストリングです!

WEISS CANNON (ヴァイスカノン)とは?

Embed from Getty Images

ドイツで発足して約60年の歴史を持つWEISS CANNON(ヴァイスカノン)社は、男子のマーティン・クリザンなどなどが使用しています。

シルバーストリング(SILVER STRING)

今回はヴァイスカノンのシルバーストリング ( Silverstring )をチョイスしました。

シルバーストリングのスペック

製品名シルバーストリング
素材ポリエステル
断面形状丸型
構造モノ
太さ1.20mm
1.25mm
シルバー

公式HPによると、シルバーストリングは性能の高い定番ポリエステルを目指して設計された製品との事!

セッティング:ピュアストライクに45ポンド

ストリングヴァイスカノン
シルバーストリング
1.25mm
ラケットバボラ
ピュアストライク16/19
2017年モデル
テンション45ポンド
張り方1本張り
重量増加+16.7g

今回もピュアストライクに張り上げて使用しました。
張り上げ後の重量増加は+16.7gで、標準的なポリという感じ。
(ダンロップのエクスプロッシブスピードは+16.8g増でした。)

張ってみた感触:ポリらしい硬さ。滑りは良好。

素材自体にはポリらしい硬さがありますね。表面の滑りは良く、クロスストリングを通す時にもそれほど抵抗は感じませんでした。

・断面は丸型
・スタンダードなポリという印象
・重量増加は標準(+16.7g)
・素材は硬めで、滑りは良い

打感:かっちり手応え・若干硬め

かっちりとした手応えがあり、打球感は少し硬めの印象。
フルスイングで上手く打ち抜けた時には、グシャッ!とボールが潰れるような感触があって気持ち良かったです!

少し硬めのアルパワーなイメージ

打球感はルキシロン・アルパワーを少しだけ硬くしたようなイメージでした。
ポリらしい打ち心地をしっかり感じ取る事が出来ます。

性能:ボールを叩き潰す!

シルバーストリングはフルスイングでボールを叩き潰すようなプレーにぴったり。

反発力:飛びは控えめ。底打ち感もアリ

ストリングの反発力は控えめで、こするようなスピンを打ってしまうと途端に着弾点が浅くなります。
底打ち感もあって、そこからさらにボールを押し込んでいける筋力が必要になるイメージでした。

スピン性能:引っ掛かり感はそこそこ

ボールの引っ掛かり感は多少あり、弾道を上げたり下げるのは問題なく出来ます
ただ飛びのアシストが無いので、スピンを意識すぎるとボールが浅くなりやすいので要注意。

耐摩耗性:標準的なポリ

表面の滑りが良いので、耐摩耗性も特に大きな問題はなし。

・打球感はかっちり、少し硬め
・ボールを潰す感触がある
・アルパワーに似ているかも
・反発力は控えめで筋力が必要
・弾道の上下調整は問題なし
・薄い当たりでは球が浅くなる
・耐摩耗性は問題なし

データ比較:数値的にも標準的・・・

WEISS CANNONのストリング3種を打ち比べたデータがこちら。
(シルバーストリング、スコーピオン、ウルトラケーブルを比較)

緩いスイングでも回転がかけやすいスコーピオン、強烈な引っ掛かりでスピンに変換するウルトラケーブルという特徴が見られた2つに対して、シルバーストリングは振った分がそのままボールに反映されているように見えます。

突出した性能は無いものの、スイングパワーがあるプレイヤーには安心して使えるストリングとなるはず。

コスパ:アルパワー代替品としてアリかも!?

シルバーストリングは比較的安く手に入れられるため、コスパは悪く無いです。
フィーリングの似ているアルパワーの代替品、よりコスパを追求したモデルとしての使い方で活躍しそうです!

単張最安値:¥1,200+送料

単張の最安値は¥1,200+送料(¥260)となっていて、アルパワーの価格帯よりも安め。
性能も含めて考えると決して悪くないコスパだと思います。

ロール最安値:200m¥15,900→1回分約994円

200mロールは¥15,900、1回分は約994円程度まで安くなります。
劇的な安さでは無いものの、十分リーズナブルなストリングですね。

ライバル比較:アルパワー

フィーリングや性能が近いのはルキシロンのアルパワーなんじゃ無いかと思います。
どちらもハード系なので、同じような弾道をもっと楽に打ちたいと感じた人にはダンロップ・エクスプロッシブスピードがオススメ。

アルパワー:予算次第でチョイスが変化。

あらゆる面で似ているのがアルパワーとシルバーストリング。
使用感に大きな差はないので、予算に余裕があればアルパワーコストを抑えたければシルバーストリング、という選び方が良さそうですね。

エクスプロッシブスピード:もっと楽に打てる

比較的低めの弾道で攻め込んで行きたいけど、ボールを潰すほど強烈なスイングは難しい・・・そんな人にはダンロップのエクスプロシッブ・スピードがオススメ。

EX SPEEDSILVER STRING
普通106.9km/h
1675.9rpm
109.3km/h
1578.8rpm
スピン系106.6km/h
2087.0rpm
112.3km/h
1722.9rpm
強打
(フルスイング)
131.3km/h
1351.2rpm
130.6km/h
1243.0rpm

少し柔らかめの打球感ですがボールの抜けが良く、球速とスピン量のバランスが良いボールを打ち込みやすいストリングです。

・予算に余裕があるならアルパワーでOK

・コストを抑えるならシルバーストリング
・アシストを求めるならEXスピード

オススメ対象:ボールを潰せる人、アルパワー好き

シルバーストリングをオススメしたいのは、ボールを潰して打ち込んでいける人。また、アルパワーのフィーリングが好きだけどコストを抑えたいという人にもオススメ。
日本ではあまり普及しているとは言えませんが、とにかくまずは1回張って試してみても後悔する事は無いと思います!

まとめ:こんなストリング

シルバーストリング・まとめ

・ヴァイスカノンのスタンダードなポリ
・全体のバランスが良いポリ
・アルパワーにも似た感触、使い心地
・コスパも悪くない
・1度試してみても後悔はしないはず