プロ関連

キャメロン・ノリー(Cameron Norrie)が使用するテニスラケット・スペック+ストリング・セッティング

Cameron Norrie (キャメロン・ノリー):プロフィール

Embed from Getty Images
名前キャメロン・ノリー
(ノーリー表記あり)
Cameron Norrie
生年月日1995.8.23
(2021年10月時点26歳)
身長188cm
体重82kg
出生地南アフリカ
ヨハネスブルク
居住地イギリス
ロンドン
利き手
バックハンド
左利き
両手打ちBH
プロ転向2017年
キャリアハイ26位
(2021.10.4)
キャリア
タイトル
1
(2021LosCabos)

同世代のライバル
<1995年生まれ>
Nick Kyrgios
Laslo Djere
Lorenzo Sonego
西岡良仁選手
Mackenzie McDonald
Botic VanDeZandschulp

ノリーが使用するテニスラケット:ピュアストライクVS

Embed from Getty Images

ノリーが使用しているのは現行ピュアストライクの塗装を施した、ピュアストライクVS(ピュアコントロール)だと推測されます。

・フレーム全体がボックス形状
・ストリングパターンが16×20
・フレーム全体が薄くフラット

現在販売されているピュアストライクとは上記のような違いがあるため、過去に使用していたピュアストライクVS/ピュアコントロールなどの旧型をベースにペイントジョブしたラケットだと思われます。

パーソナルスペック:スイングウェイトが300くらいしかない!

重量327g
バランス313mm
スイング
ウェイト
299

プロの使用アイテムの情報を幅広く網羅しているTennisnerd.netから引用しました!

327g/313mmと重量はあるもののトップライト、スイングウェイトは299(!?)くらいらしく、ATP選手としてはかなり控えめな数値となっています。

(※ナダルは330、ジョコビッチもStrungで360くらいと言われています。)

ノリーが使用するストリング:アルパワー?

Embed from Getty Images

明確な記述をされているものはなかったのですが、海外の掲示板を見ているとルキシロン・アルパワーを使用している可能性が高いようです。

写真の色からもアルパワーの確率は高いのではないかと思われます。

ウェア・シューズ:K-SWISSを使用

Embed from Getty Images

着用しているウェアとシューズはK-SWISS(ケースイス)のアイテムになっています。

着用しているモデルはUltrashot3 LEというモデルのようです。

※調べた限りでは国内にはあまり取り扱いがないモデルのようですね・・・

キャメロン・ノリーのキャリア&ハイライト

2021年シーズン、安定して勝ち星を積み重ねブレークスルーを果たしたのがこのキャメロン・ノリー。

(インディアンウェルズ前)シーズン勝利数が45となっており、全体のTOP5に迫る勢いになっています。

キャリアハイとなる20位を達成予定となり、イギリスの選手としては最も高いランキングとなります。

南アフリカ生まれ、NZ育ち、米国の大学でプレー

Embed from Getty Images

出生地は南アフリカのヨハネスブルク(※Wikiによるとお父さんはスコットランド、お母さんはウェールズ出身)、育ちはニュージランドという経歴の持ち主。

彼が3歳の頃にニュージーランドのオークランドへと移住し、ジュニア時代はニュージーランド代表としてプレーしていたそうです。

16歳になるとロンドンへ移住(両親はNZ在住)、さらに2014からプロに転向する2017年まではアメリカの大学(Texas Christian University)に在籍し、国内No.1カレッジプレイヤーへと成長。

2013年以降はイギリス代表としてプレーをしています。

フォアハンドの改善が飛躍のポイント!?

こちらの動画はプロ2年目となる2018年のもの。

ストロークはテイクバックが独特なノリーですが、特にフォアハンドは高く・大きなテイクバックが特徴。

フォワードスイングに入る直前に、一度打球面が真後ろを向くように動いているのが分かります。

フォアはスピンをループ系のボールが主体、バックはストレート気味に引くフラット系・・・という感じで、割とじっくりラリーを組み立てるタイプの選手に見えます。

そして迎えた2021年のインディアンウェルズではベスト4進出。

フォアハンドのテイクバックが変化しており、フォアードスイング前に打球面が真後ろを向くような動きが極めて少なくなっています。

テイクバック全体も若干コンパクトになってきています。

結果としてボールの推進力やキレが増しただけでなく、返球のタイミングも早くなっています。

(2018年の動画はクレーだという点もありますが、それを差し引いても変化していると言えます。)

Embed from Getty Images

シュワルツマン戦でもフォアハンドの強打でウィナーを奪っていました。

もともとの安定したラリー能力に加えて、フォアからの攻撃力が増したのが今年の躍進を支えている1つの要因なのではないでしょうか。

まとめ:Cameron Norrie

・2021年勝利を積み重ね大躍進のノリー
・キャリアハイを20位に更新
・使用ラケットはピュアストライクVS
・使用ストリングはアルパワーと推測
・着用アイテムはK-SWISS

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です