01-ラケットインプレ

【ザイロン】プリンス新作ラケットの新素材:Zylonを搭載して生まれ変わる。2024年モデル

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

・プリンス2024年モデルが登場
・トワロンからザイロンへ変更
・強度や衝撃吸収性も向上
・高強度過ぎてデザインも変更

プリンスの2024年新作ラケット登場

プリンスから2024年の新作ラケットが発表されました。

ありがたい事に発表前にテストさせて頂きました!

ファントム、グラファイト、エンブレムの3シリーズ

今回の新しく登場するのはファントム、ファントムグラファイト、エンブレムの3シリーズ・6スペック。

prince textreme zylon 2024

モールド(金型)は前作から変更はないものの、素材やレイアップなど中身を大幅刷新したモデルチェンジになっているとのこと。

新素材はザイロン(Zylon)を採用

prince textreme zylon 2024

今回は3シリーズがモデルチェンジとなりましたが、その最大の注目ポイントはザイロン(Zylon)が新たに搭載されたこと。

フレームにもZylonやZという文字が追加されています。

トワロンを上回る強度・衝撃吸収性・減衰性

ここ数年のプリンスラケットはテキストリーム・トワロン(TeXtreme x Twaron)を基幹テクノロジーとして展開していましたが、この新作ラケットはトワロンを廃止してザイロンへと変更

ザイロンはトワロンよりも強度が2倍衝撃吸収性も2倍、減衰性も優れているそうです。

アドブロ
アドブロ
機械的な性能を見れば文句無しでザイロンの方が優れているっていうことが分りますね。

なぜ今ザイロンを入れたのか?

prince textreme zylon 2024

性能が優れているのならなんで今まで使って無かったの?という疑問を持つ人もいるでしょう。

というのもこれだけ強度の高い素材なので、入れ方次第では非常に硬い打球感になってしまうこともあるそうです。

今ではレイアップなどの技術が向上し、フレームを硬くせずに安定性の向上などを実現することが出来たのです。

アドブロ
アドブロ
バ〇ラのザイロンを使ったモデルはちょっと硬めのイメージもありましたし・・・そこはやっぱり技術の進化なんですね!

ザイロンが強すぎてデザイン変更!?

プリンス・ツアー98(Prince TOUR98)2022年モデル

これまでのプリンスのラケットにはATS部分(10時・2時のところ)に小窓がデザインとして取り入れられていました。

prince textreme zylon 2024

ところが今回のTeXtreme x Zylonではこのデザインが廃止となり、文字の装飾が施されるのに留まっています。

というのもザイロンの強度が高すぎて、ストリングホールを空ける時にバリバリになってしまって外観があまり良くなかったので小窓が廃止されたらしいです。

アドブロ
アドブロ
高強度過ぎてデザイン変更を余儀なくされるとかストーリーとして面白すぎ!

各シリーズのインプレは現在準備中

インプレ記事や動画については現在準備中です。

乞うご期待!

まとめ:ザイロンを採用した2024年モデル

・プリンス2024年モデルが登場
・トワロンからザイロンへ変更
・強度や衝撃吸収性も向上
・高強度過ぎてデザインも変更


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・EZONE98Lを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

関連記事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です