インプレッション・感想

[ピュアドライブ2018インプレ]洗練された打ち味へ変化|Babolat Pure Drive 2018

ピュアドライブ2018をインプレッション

この記事のポイント

もうすぐ新型が発表されそうな状況のピュアドライブ。

・安くなってるから気になる!
・実際の性能が気になる!
・どんなプレイヤーに合うのか気になる!
そんなあなたが気になっているであろう情報を出来るだけ網羅。
賢いお買い物のヒントとしてお役立て下さい!

ピュアドライブ2018をインプレ

ピュアドライブ2018

ピュアドライブ2018をゲットし、様々なストリング&セッティングを試してみました。
その中で僕が感じたピュアドライブ2018最大の特徴は洗練された打感に進化しているという点です!
2015年モデルと比べると手や腕に伝わる無駄な振動などが減少していて、インパクトの情報がよりクリアに感じ取れるようになっています。

トッププロも使用するピュアドライブ

Embed from Getty Images

ATPではFognini、Ramos-Vinolas、Pouille、Thompson、Ymer、Duckworthといった選手たちが使用するピュアドライブ。
WTAでもPliskova、Kenin、Muguruza、Vondrousovaなど、数多くの選手が使用中。

Embed from Getty Images

日本では杉田祐一選手、ダニエル太郎選手、綿貫陽介選手など、代表クラスの男子選手にも愛されています。

今年販売された日本国旗をモチーフとした限定デザイン。
白ベースに赤や枯山水のような柄が入り、落ち着いた外観となっています。

スペック:PURE DRIVE 2018

ピュアドライブ2018フレーム
モデル名バボラ
ピュアドライブ2018
フェイスサイズ100 平方インチ
重さ300 g
バランス320 mm
フレーム厚23-26-23 mm
フレーム長27 インチ
ストリングパターン16 × 19
RA値72

まさに王道の”黄金スペック“という設計になっています。
注目点はRA値(ラケットの硬さ)が72と高いというところ。
RA値が高いほど大きな反発力が得られやすい一方で、打感が硬くなったり弾き過ぎてしまうのを素材や構造を工夫する事でコントロールしています。

ピュアドライブ2018のテクノロジー

FSI POWER ENLARGE STRING PATTERN ストリングパターンを上下に拡大し、パワーアップを実現
DIAMOND GROMMET WOOFER 新形状のグロメットによってストリング可動域を調整
NEW BUMPER SYSTEM バンパー形状を刷新、空気抵抗を抑える
CORTEX PURE FEEL SMAC社の振動吸収素材をスロートに応用。
よりダイレクトなフィーリングを実現。
ダイヤモンドグロメットウーファー(ピュアドライブ2018)

特徴的なのがこのダイヤモンドグロメット。
独特の形状によってストリングの動きを最適化。
これまでにない打球感を実現しています。

セッティング:5パターン以上をテスト

ストリングに関しては5パターン以上をテスト。ポリからナイロン、縦ナイロンのハイブリッドなど、色んな可能性を探りながらピュアドラをテストしていました。

薄いボックス形状のラケットの感触が好きなので、ピュアドラと感覚を合わすのに苦戦しましたね。
(補足ですが、僕は過去にラケットドックでのベストフィットラケットをピュアドライブ2015と診断された事があります!ピュアドラとの相性自体が悪い訳ではないはずなんですが!笑)

使用感:キレが増したパワフルさ

前作(2015年モデル)と比べると、明らかにクリアで雑味のない打球感に変化しています。
手に伝わる無駄な振動が少なく、自分のボールのキレが増したような感覚がありました!

打感:樹脂パーツの形状変化によって雑味が減少

ピュアストライク2017⇄2019でも同様の変化があったのですが、ヨーク部分の樹脂パーツ形状が変化した事などによってインパクトをよりクリアに感じられるようになりました!

2015年モデル、ピュアドライブのヨーク部分樹脂パーツ

コアテックス、グロメット形状の変更なども影響しているはずですが、2018年の方がすっきりとした打球感に変化しています。
(個人的には2015年モデルのちょっと食いつくような打球感が好きだったので、なんとも言えないところ)

黄金スペックのラケットとしては、より洗練された打球感を実現していると思います。

性能:パワフルな弾きがアップ

2018年モデルになって打球感が変化したのはもちろん、感覚的には弾きがアップしたように感じました!

パワー:感覚的にはアップ?

2015年モデルは一瞬ホールドしてからバコッとボールが飛んで行くのに対し、2018年は弾くまでが早くスパーン!と飛び出して行く感じでした。

物理的なパワーは旧型から変わってはいないと思いますが、感覚的にはパワーアップしたような印象を受けました。

スピン性能:掛かるけど調整はしづらい

ストリングパターンの見直しもあってか、スピン性能は問題ないです。
ですが、弾きが良すぎてスピンを掛ける感覚を把握しにくく、細かくスピン量を調整するような使い方には向きませんね。(僕がボックス形状の使用感が好きっていう事も影響してると思います。)

安定したスピンボールを打ち込み続ける、実戦向き・戦うためのラケットだと感じました!

ピュアドラにあうストリング(ガット)は?

僕がとにかく苦労したのはストリング選び。
普段ボックス系を使っているので、とにかく球離れの良さや打球感の違いに苦戦。
その中でもダントツで使いやすかったストリングをご紹介します

おすすめ:ルキシロン 4G 1.30mm

ピュアドライブ・4G

4G自体の柔らかさ・ホールド感によって打球の安定感がアップ。
弾き感もマイルドになり、扱いやすさがアップしています。

コメントでおすすめして頂いて試したストリングだったのですが、本当に良い組みわせだったと思います。
周りのピュアドラユーザーに聞いてみても複数人が4Gを選んでいたことから、信頼度の高いチョイスであると言えそうです。

ストリング・インプレも多数用意しているので、こちらもぜひチェックを!
ストリング・インプレ一覧

オススメの使い方・オススメのプレイヤー!

ピュアドライブ2018を使って感じたのは弾きパワフルさとクリアな打球感。ラケットのパワーを活かしてストロークを打ち込むのも良し、テンポの早い攻めからボレーにつなげて仕留めるのも良し。無理せずオールラウンドに戦える1本だと思います!

ラケットのパワーや取り回しの面で苦労する事はそれほどないでしょうから、打球感を含めた使い心地にアジャスト出来るかどうかが非常に大事なポイントになると思われます。

ピュアドラが「合わない」と感じたら。

ピュアドラに挑んでは感覚が合わずに挫折した・・・という人は少なくないのではないでしょうか。この挫折の大きな原因は”ホールド感の薄さ”にあるんではないかと推測しています。

インパクトでボールが乗っている感じが薄く、ボックス形状ラケットのような感覚では使うのは非常に難しいと思います。僕自身もピュアドライブに何度もトライしていますが、乗り換えを決意出来るほどはフィットしませんでした・・・

そんな人に試して頂きたいのは同じバボラのピュアストライク100です。

フェイスも100平方インチ、重さ・バランスも同じで、異なるのはフレームの厚さと形状、そしてウーファーグロメットの構造です。性能的にはピュアドラに近いのですが、フレームの形状や構造の違いによってホールド感が圧倒的に優れています

ピュアドラに挫折してしまったら、一度ピュアストライクを試してみてください!

その他にもラケットを多数インプレしているので、ラケット選びの参考にどうぞ!
ラケット・インプレ一覧

まとめ:打球感がクリアになった2018モデル

まとめ

・ピュアドライブ2018はグロメットなどが変化
・インパクトがクリアに感じられる打球感
・弾きが強くパワフルなフレーム
・スピン性能は良いけど、調整はしにくいかも
・オールラウンドに戦えるラケット
・おすすめストリングは4G1.30mm!
・合わなかったらピュアスト100も!

ピュアドラ最安値:¥15,000が相場!

モデルチェンジも噂される時期に入り、2018年モデルは非常にお買い得になっています。最安値は¥15,000程度。しかも複数ショップがこのあたりの金額で販売しているので、都合に合わせて選ぶ事が可能!

ポイント分を考えると相当格安なラケットですね!

¥15,000を大きく下回る価格で販売しているショップもありましたが、海外取り寄せ対応というパターンの所もあるようなので、安さだけに注目しすぎずに判断した方が良さそうです。
(海外取り寄せだと到着まで相当な日数がかかったり、予定よりもさらに遅れたりする可能性があるようです。)

ストリングはルキシロン 4Gがおすすめ

ピュアドラを使うと決めたあなたには4G 1.30mmがおすすめ。
各ショットの安定感・安心感を向上させてくれるはず!!

ピュアドラがダメならピュアストライク100

僕のようにピュアドライブにアジャストしきれなかった人には、一度ピュアストライク100を試してもらいたいです!

ピュアドライブに近い性能でありながら、よりしっかりしたホールド感によって扱いやすさも高い1本。おすすめです!