ストリング

[Prince] ファントムプロ(PHANTOM PRO)新しいポリエステルは攻撃的な1張り!プリンス/ストリング

プリンスから新しいストリングが出るって本当!?
どんな特徴がある製品なの?
どんなプレイヤーにフィットするストリングなの?

TRUEMAN
TRUEMAN
プリンスの新しいポリ:ファントムプロ(PHANTOM PRO)をインプレさせて頂きました!

パワーロスが非常に少なく、球威とコントロールを高い次元で両立し、攻撃的なプレーを実現するストリングになっています!

ファントムプロはこんな悩みを解決!

・もっと球威を出したい!
・打ちごたえのある感触が欲しい
・スピンをしっかりかけたい!
・耐久性も高いものがいい!

プリンス ファントムプロ(PHANTOM PRO)とは?

プリンス・ファントムプロ(prince Phantom Pro) ポリエステルストリング
プリンス・ファントムプロ(prince Phantom Pro) ポリエステルストリングの表面
モデル名プリンス
ファントムプロ
PHANTOM PRO
素材ポリエステル
(高耐熱性高分子ポリマー)
シリコンコーティング
断面形状
太さ1.25mm (17)
1.30mm (16)
グラファイト
価格¥2,600
(12.2m)
¥36,400
(220m)
製造日本

ファントムプロの特徴やコンセプト!

プリンス・ファントムプロ(prince Phantom Pro) ポリエステルストリング

・バリバリのハードヒッター向け
・トッププロの使用にも耐える1張り
・高耐熱高分子ポリマーを使用
・硬めの素材配合
・滑りが良くスピンが掛る
・張りやすい

ハードヒッター向けモデルとして設計されてるのがこのファントムプロの特徴!

強烈なスイングにも負けない張りが出るように素材を配合+製造工程を調整されているのですが、契約男性プロ選手がテストしてみると「めっちゃ食いつく!」という感想だったそうです!

速いスイングではホールドしてから飛び出す感触ボレーなどコンパクトなスイングでは弾いて飛ばす感触を味わえるストリングになっています。

ファントムプロ:インプレッション

今回は17ゲージ(1.25mm)をBEAST100(2019モデル)TOUR100(2020年モデル)に張り上げてテストしました!

プリンス・ファントムプロ(prince Phantom Pro) ポリエステルストリングとBEAST100
プリンス・ファントムプロ(prince Phantom Pro) ポリエステルストリングとTOUR100
ストリングプリンス
ファントムプロ
1.25mm
ラケットTOUR100
(290g)
テンション45ポンド
重量増加+17.9g
※ファントムタッチ1.24は同条件で+15.8g増加

僕自身はハードヒッターではないものの、パワーの伝えやすさコントロールのしやすさを非常に高い水準で実現したストリングになっています!

滑りの良さがあることでスピンが掛けやすい、ストリングに張りがあるからブレないコントロールも可能!

想像以上に完成度の高いポリストリングです!

打球感:かっちり・しっかりとした手応え

インパクトでもたわみ過ぎず、少しかっちりとしたような手応えのある打球感です。

アルパワーやポリツアーストライクに近いフィーリングで、わずかにですが手応えが軽めの印象です。
ライバル製品との比較はこちら!

速いスイングではある程度ホールド感を感じるものの、ボレーなどコンパクトなスイングではカチッと弾くような印象。

ただガチガチに硬いわけではないので、平均以上のスイングパワーをもった男性プレイヤーなら試す価値はあるストリングですね。

TRUEMAN
TRUEMAN
イメージではアルパワーとRPMブラストを足して2で割った感じ!

この感触が好きなプレイヤー(特に男性)って結構多いんじゃないかなと!

パワー:スイングの力が効率良く伝わる!

このストリングの一番大きな魅力はスイングの力が効率良くボールに伝えられるという点だと思います。

特に速いスイングで打った時にしっかりスピードが出てくれるので、ウィナー(エース)を取りたい攻撃的なプレイヤーには最高かも!

ボレーでは弾きが強まるので、(ラケット次第ではありますが)そこまでハードさは感じなかったですね!

TRUEMAN
TRUEMAN
しっかりスイングできる人ならパワー不足はそれほど感じないと思います!

ただ素材は結構しっかりしていて、手首や肘に不安を抱えているような人は避けたほうが無難ですね。

スピン:弾道上げ過ぎないほうが良さが出る

張り+滑りがあるのでスナップバックは良好
スピンも掛けやすく感じます!

スピードと回転量が高い次元で両立されたドライブ系ショットを打つ人には最高の1張り。

スピンの掛かり方がアルパワーやPTストライクよりも自然な感じ。

耐摩耗性:かなり優れている

素材自体がしっかりしていることに加え、滑りが良いことで耐久性も非常に優秀

テニスのためにテニス仲間とかなりの球数打ちましたが、軽くノッチができてる程度。

時間が経ってもあまり打球感の変化も特には感じず、性能維持の面でも問題はありませんでした!

TRUEMAN
TRUEMAN
僕くらいのパワーならストリングが切れることは当分なさそうw

しっかり振り抜く・撃ち抜きたい人にオススメ!

・攻撃力を高めたい
・しっかり振り抜ける
・ハッキリした打感が好き
・ウィナーを奪いたい
・精度良く打ち込みたい
・高弾道よりもドライブ系

これらに当てはまる人なら、ファントムプロを気に入ってもらえると思います!

ルキシロン・アルパワーからの乗り換えも!

アルパワーの使用感は好きだけど、性能維持が不満・・・」っていう人はもれなく試してもらいたいファントムプロ。

そのくらい、パワフルさとスピン性能、性能維持をバランスよく実現しているストリングだと感じました!

薄ラケ/BOX系ラケットなどにも合いそう!

ボックス形状のテニスラケット

しなり・ホールド感があるラケットとの組み合わせにも活躍するはず!

ストリングのしっかり感があるので、ボールの持ちすぎを防ぎ効率良くパワーを伝える事が出来ます!

柔らかさを求める人にはファントムタッチ推奨!

「硬いストリングは苦手」「柔らかめの打球感がいい」という人は、同時に発売されるファントムタッチ(Phantom Touch)がオススメ

ファントムプロと素材自体は同じらしいのですが、もっとはっきり分かる柔らかさに仕上げられているのが大きな特徴。

ライバル比較:アルパワーやG-TOUR1など!

ポリを代表するアルパワー、ゴーセンの威力追求型のG-TOUR1、厚い当たりで打ち込めるポリツアーストライクなど、ハードヒッター向けのポリがライバルになります!

ルキシロン・アルパワー

競技志向のポリストリングのベンチマークとも言えるアルパワー。

独特の打感で多数のファンを獲得しているものの、性能維持のという面では旧世代と言わざるを得ない部分も。

アルパワーで満足出来なくなっている貴方、ファントムプロは一度は試しておくべきストリングですよ!

ゴーセン G-TOUR1

競技志向でハードヒットに負けない素材強度を持ち、特にスイングスピードが速いプレイヤーが使った時にホールド感+バウンド後の伸びを感じられるのがG-TOUR1の特徴。

ファントムプロともコンセプトは近く、間違いなくライバルと呼べる1張り。

ヨネックス ポリツアーストライク

大坂なおみ選手やシャポバロフなど、特に速いショット・速い展開で攻めていくプレイヤーに多く愛用されているのがこのポリツアーストライク。

ファントムプロと比べると、面全体のたわみを感じ取りやすいのが特徴

ホールド感をしっかり感じつつ、フルスイングしたい人にオススメなポリエステルストリング。

その他にも多数ストリングをインプレしていますので、ぜひチェックを!

ファントムプロ:発売日は2021年9月の予定

発売は9月ごろの予定となっています!

きっと多くの人がファントムプロの性能に納得してくれるはずと期待しています!

ファントムプロ:まとめ

・Princeの新しいポリストリング
・ハードヒッターに適した打球感
・パワーがしっかり伝わる!
・硬めでしっかりした打感
・スナップバックでスピンが掛る
・非常に優れた性能維持
・薄ラケに張っても良さそう

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です