テニスラケット

プリンス ファントムグラファイト97 300グラムのインプレ/口コミ/感想まとめ!Prince PHANTOM GRAPHITE97 300g

BOX系ラケットを愛しBOX系ラケットに愛されなかった男、コトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

2021年に再び注目・人気を集めるようになったプリンス(Prince)のテニスラケットですが、2022年も怒涛の新作ラッシュとなっています!

今回紹介するのが『PHANTOM GRAPHITE97 300g』です!

プリンス ファントムグラファイト97 300g(Prince PHANTOM GRAPHITE97)の外観

TRUEMAN
TRUEMAN
これまで315g/305mmのみだったPG97に待望の軽量版が登場!

従来の315g/305mmから300g/320mmになった事で、高い操作性とスイングスピードの向上を実現!

プリンス ファントムグラファイト97 300g(Prince PHANTOM GRAPHITE97)のシャフト部分

ボックスらしいフィーリングを味わいつつ、快適に振って打っていける”より実戦的なボックス系“ラケットに仕上がっています!

メリット デメリット
・優れた操作性
・ヘッドが走る
・スピン系が打ちやすい
・ボレーも捌きやすい
・振り出しが楽
・長時間のプレーも○
・低いスライスの伸び
・打感のしっとりさが減少
・グロス塗装ではない
・100じゃないのが残念

テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・過去にi.プレステージを所有
詳しいプロフィール

プリンス ファントムグラファイト97 300グラム
(Prince PHANTOM GRAPHITE97 300g)

ファントムグラファイト97・300gの外観(シャフト部分)

プリンスの伝統と最新技術の両方を受け継いで誕生したファントムグラファイト97。

今回新たに軽量版スペックが登場!

300g/320mmというスペックに変更されており、高い操作性を実現し幅広いターゲットに愛されるであろうラケットになっています!

スペック:ファントムグラファイト97 300g

プリンス ファントムグラファイト97 300g(Prince PHANTOM GRAPHITE97)のスペック
モデル名PHANTOM
GRAPHITE97
300g
フェイス
サイズ
97平方インチ
重量300g
バランス320mm
スイング
ウェイト
285
フレーム厚Max 22.5mm
min 18.5mm
(CTS形状)
ストリング
パターン
16×19
パワーレベル770
グリップサイズ2,3
発売予定2022年3月
価格¥40,700

TRUEMAN
TRUEMAN
市場で最もスタンダードな300g/320mmになったことで『これなら使えそう!』って感じてる人も多いのでは!

外観・塗装:グロスからマット仕上げに変更

ファントムグラファイト97・300gの外観(シャフト部分)

黒+グロス仕上げが印象的だったファントムグラファイト97(315g)ですが、今回の追加スペックはマット仕上げに変更となっています。

ピュアドラ、VCPシリーズ、CXシリーズ、TF40シリーズなど、ここ最近のラケットはほぼマット仕上げになっているので、それに続くような形となりましたね。

プリンス・ファントムグラファイト100の外観(シャフト部分)

配色による錯覚もあるかもしれないですが、ファントムグラファイト100/107と比べても、97(300g)のほうがより”つや消し感“が強いように見えます。

ファントムグラファイト97・300gのグリップエンドは黒色
ちなみにグリップエンドは黒になっています!
(これいい!好き。)

ファントムグラファイト97 300gのインプレ!

ファントムグラファイト97・300gのフレームトップ

食いつき
トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

特にトップスピンで感じる軽さの恩恵!

300g/320mmになった事で、ラケットの振り切りやすさが格段にアップ。

この振り切りやすさが特にトップスピン系のショットに大きく貢献、キレや伸びを出しやすく感じました!

TRUEMAN
TRUEMAN
ワイパースイングでヘッドを返すのがだいぶ楽になってる!

これなら自分でも違和感なく使えると思う!笑

打球感:しなりは残しつつも少しドライに!

ファントムグラファイトらしい”しなり”のある打球感は残しているのですが、315gモデルと比べると若干ですがカラッとした”ドライな感触“が強まってます。

最近試したばかりのTF40(305g)に似た部分はあるかもですね!

性能:全体的な扱いやすさが格段にアップ!

先述の通り、振りやすさ・操作性は315gの時よりも格段にアップ。

実際のゲームの中でも”隙が少ない“ラケットになっていると感じました!

ボックス系ではあるものの、速いテンポの打ち合いで使いたいようなラケットになってます!

TRUEMAN
TRUEMAN
筋力がある人があえて300gを選んで、速いテンポで相手を打ち崩すっていうのもアリかも!

ボレーでも操作しやすいので安心。

唯一気になるポイントがあるとしたら、スライスでの食いつき・ボールの伸びが少し物足りないかなというくらいですね。

高評価ポイント&低評価ポイント

・操作性が大幅に向上
・ワイパースイングも楽に出来る
・スピン系が打ちやすくなった
・ネットプレーも対応しやすい
・しなり感も十分味わえる
・つや消しはトレンド感あり

・しっとり感が若干減少
・スライスの伸びが出しにくい
・グロスが好きな人は無念
・100平方インチで欲しかった

\\予約開始されました!//

動画インプレはこちらをチェック!

良いところもイマイチなところも正直にお話しています!

300gと315gの違いは?

ファントムグラファイト97 315gのグロス仕上げ

従来型の315gモデルと比較するとこのようなイメージになります。

スペック300g
320mm
315g
305mm
操作性
振り抜き
球威
スピン
ドライブ
スライス
食いつき
疲れにくさ

重みによって食いつき+球威を感じやすい315gに対し、300gに軽くなった事で操作性やヘッドを返して打つスピンでのメリットを感じやすくなっています。

グラファイトらしさを存分に味わえるのが315gで、その特徴をある程度残しつつもより一層現代風に仕上げたのが300gという感じですね!

アドブロなら300g/315gのどっちを選ぶ?

TRUEMAN
TRUEMAN
いやーこれはマジで選ぶの難しいです。笑

デザイン的には315g、シンクロ率的には300gって感じ!
(現実的には300g買ってちょい加重かなと・・・)

315gはデザインだけでも買う価値あると思ってる。笑

ただ300g/320mmだと他にも使いやすいラケットは沢山リリースされているので、せっかくグラファイトを選ぶなら重たい方が良いのでは・・・っていう気持ちはありますね。

ライバルラケットと比較!

<PG97 300g ライバル>
VCORE PRO97 (310g)
G360+ラジカルMP (300g)
TF40 16/19 (305g)
Ki Q+TOUR (300g)
BLADE100v8 (300g) など

300g前後の薄めのフレーム厚設計となってるモデルが比較対象になってきますね!

モデル名PG97
300g
VCP
97
RDCL
MP
TF
40
操作性
振り抜き
球威
スピン
ドライブ
スライス
食いつき
疲れにくさ

ライバルラケットを比較した時に、PG97 300gは『しなり』『操作性』をバランス良く実感出来るモデルだと思います!

ファントムグラファイト97 300gを買うべき理由。

・しなりも操作性も欲しい
・PG97 315gを諦めてた人に!
・ブレないコントロールも欲しい
・黒系のラケットが好き
・速いテンポのラリーをしたい
・スキがあればボレーに出たい

ファントムグラファイト97 300gの発売日・予約開始

ファントムグラファイト97 300gは2022年3月の発売予定となっています。

予約開始は1月下旬のようですので、最速で手に入れたい人は”ポチッ”としておくのがマストだと思います!

ファントムグラファイト97 300g:まとめ

・300g/320mmの新スペック
・操作性や振り抜きがアップ!
・スピン系が打ちやすくなってる
・速いテンポにも対応しやすい
・長時間のプレーにもGOOD
・デザインはつや消しのブラック
・発売は2022年3月ごろ
・手に入れたい人は予約推奨

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。