テクニファイバー

新型TF40 2022(テクニファイバー)インプレ!ボックスらしい打ちごたえの1本。Tecnifibre

テクニの新しいTF40ってどんなラケット?
ボックス系好きだけど、どのくらいのレベルの人が使うべき?
ライバルラケットとの違いってなに?

TRUEMAN
TRUEMAN
ボックスらしい掴む感触と、適度なアシストによる伸びやかなボールが魅力のラケット!

厚い当たりで撃ち抜きたい中級以上の人なら一度は試してほしい!

ボックス系が好きな実戦派“にもオススメな1本です!

この記事では2022年1月15日に発売となるテクニファイバーの2代目TF40をインプレッション!

スペックの変更でターゲットが広がっただけでなく、デザインが圧倒的にかっこよくなっているのが新型TF40の大きな魅力!

・テクニの最高峰TF40がモデルチェンジ

・ドライブが伸びる素直なボックス系

・中身の詰まったしっとりした打球感

・より幅広いプレイヤーにフィット!

テクニファイバーTF40 2022年モデルが登場!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観

テクニファイバー(tecnifibre)の創立40周年を記念して、2019年に初代が登場したフラッグシップモデルがTF40(ティーエフフォーティー)

現在では珍しくなったシンプルなボックス系のラケットで、厚い当たりで打ち込む上級者に多く愛用されたモデルです。

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・ブランドロゴ

このTF40が2022年にモデルチェンジされ、より幅広いプレイヤーが”良さを感じられるラケット“に進化しています!

新型TF40の新しくなった所・変更点を解説

デザイン/外観の変更
 →シンプルで、より洗練されたデザインに進化

スペックの変更(追加)
 →16×19のパターンが新たに登場し、ターゲット層が拡大

ウレタンフォーム
 →グリップ〜フレーム全周に充填され安定性/減衰性向上

①デザイン変更:シンプルで洗練された配色

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観

前作のトリコロールからデザインが大きく変化した新型TF40。

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観

つや消しの白をベースに、ブランドロゴをモザイク状に組み合わせた模様がシャフト/フレームトップにあしらわれています。

TRUEMAN
TRUEMAN
今回のデザインはキレイ+カッコいいので、男女問わず気に入ってもらえるはず!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・シャフトの形状

フレームのシャフトやトップ部分の文字には、凹凸加工が施されています。

ボックスらしいシャフトの握りやすさはありつつも、この凹凸加工によって独特の触り心地を実現しています。

②スペック変更・追加:16×19パターンが登場

今回の新型TF40には16×19のストリングパターンが新たに追加されました!

初代TFは18×20のストリングパターンのみだったため、正直に言ってかなりターゲットが限定的なラケットでもありました。

市場で最も一般的な16×19が追加されたことで、より幅広いプレイヤーをターゲットに出来るという点だけでなく、扱いやすさも向上!

TRUEMAN
TRUEMAN
僕も『18×20は無理!』と思ってたタイプなので、16×19が追加されたのは嬉しいです!

メインストリングの中央8本は16×19・18×20ともに同じピッチになっていて、クロスストリングのピッチの広さで違いを生み出しています。

③ウレタンフォーム:フレーム全周に充填

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・ウレタンフォーム

前作から採用されていたフレーム内部のウレタンフォームですが、新型TF40ではグリップ〜フレーム全周にウレタンフォームが充填されています。

これによってブレを抑える安定性、優れた減衰性などをより向上させています。

TRUEMAN
TRUEMAN
ウレタンフォームって具体的な効果ってハッキリは知らないけど、なんかロマン感じちゃいますよね!笑

\\新型TF40の予約開始してます//

新型TF40のスペック/仕様

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・フェイス
モデル名 TF40
305
TF40
315
フェイス
サイズ
[平方インチ]
98 98
重量
[g]
305 315
バランス
[mm]
325 310
ストリング
パターン
・16×19

・18×20

・16×19

・18×20

フレーム厚
[mm]
21.7 21.7
Stiffness RA64
(※TW参照)
素材 グラファイト
価格 ¥39,600
発売 2022年1月15日

2種類の重さ(305g/315g)にそれぞれ16×19 / 18×20の2種類が設けられており、合計4種類のスペック展開となっています。

シャフトは純ボックス、フェイスは”ボクシー”形状

どちらも”ボックス系なイメージ“のあるTF40とT-Fightですが、断面形状は意外にも大きな差があります!

tf40とT-Fightの断面形状比較

TF40はシャフト部分が単純な長方形、フェイス周りは少し丸みを帯びたボックス+ラウンドのような形になっています。
(TOUR100のBOXY形状に似たイメージ)

一方のT-Fightはシャフトは内側に尖った5角形、フェイス周りは直線的な6角形断面になっています。

外観こそ似た部分はありますが、細かく比較すると全然別物である事が分かります。

EZ EYELETは非搭載だけどグロメット径が大きい。

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・EZアイレット非搭載

Tecnifibreを代表する構造のひとつでもあるEZ EYELET(イージーアイレット)ですが、TF40には非搭載なっています。

その一方で他のテクニファイバー製ラケットよりもグロメット径が大きくなっています。ストリンギングの作業性には問題はなく、ストリングの可動域やホールド感も生み出す構造となっています。

\\ご予約はお早めに!!//

テクニファイバー TF40(2022)をインプレ!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

打球感:ボックスらしい掴む感触!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・ヨーク部分は8穴

TF40 305g 16×19に、少し硬めのポリエステル:レーザーコード 1.25を45ポンドで張り上げて使用しました。

このセッティングでも十分にボックスらしいしなやかさ、ボールを掴む感じを味わうことができました!

ある程度のスイングスピードがあれば”ボックスらしさ”を感じられると思います!

ガチガチな感触ではないよ!

性能:サーブとストロークの球が走る!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・フレームトップ

ボックス系特有の”掴んでから飛ばす“感触は残しつつも、フェイス周りのかっちり感で若干のアシストも感じられます。

『ツラくないけど楽でもない素直な薄ラケ』っていう感じ!

特に少しグリップ薄めで打つような人は、すごく気持ちよく打ち抜けるラケットだね!

ストロークではネット上70cm〜1mくらい通過するような少し低めの弾道で振り抜くと、深くて伸びのあるボールで相手を押し込む事ができます。

16×19と18×20の違いは弾道の調整幅!

今回16×19のパターンが新たに追加されましたが、正直18×20との極端な違いはないと感じました。
(メイン・中央部分のピッチは同じですし!)

ピュアスト16×19とストリングの配置が似てますね。

16×19の方が若干のアシストと弾道の調整出来る幅が広く、18×20の方がドライブ系のショットを安定して打ち続けられるという感じ!

高評価/低評価ポイントはこちら!

・しっとりした気持ちいい打球感

・T-Fightよりしなやか+ホールド感

・ヘッドの重みによる優れた振り抜き性能

・フラットドライブで伸びが出る

・クセのない素直なラケット

・ボレーは少しツライ印象

・手応えは若干重ため

・グリップが相変わらず扁平

ボックスらしいしっとりした打感、クセのない使用感、そしてドライブ系のボールに伸びが出る性能が魅力!

自分の技術をそのまま素直にショットに反映してくれるラケットだと思います!

一方でボレーなどのコンパクトなスイングでは厳しさを感じやすいこと、そして相変わらずの扁平グリップは人を選ぶかな・・・という感じ。

TRUEMAN
TRUEMAN
いい加減、この扁平はやめるかオプションにしてもらえませんかねぇ?

ライバルラケットとの比較!

テクニファイバーTF40 2022年モデルの外観・シャフトの内側

ライバルラケット

T-Fight RS
プロスタッフ97
BLADE98
GRAVITY
CX200
XCALIBRE
Ki Q+TOUR など

ライバルとなるボックス系のラケットたちと比較すると、TF40は打感の柔らかさと打ちごたえのバランスが魅力ですね!

実は似てるマンティスPRO310/295

動画内で言及しているんですが、マンティスのプロ295(もしくは310)というラケットと形状がかなり似てるんですよね!

同じようなフィーリングになるのか、後日打ち比べてきます!

T-Fight RSとの違いってなに?

外観的にも、ネーミング的にも似てる感じのTF40&T-Fight。

フレームの断面形状の違いもあってか、打球感やボールの飛びは結構違うんですよね!

掴んで乗せられるからボールに伸びが出せるTF40、パワーロスを最小限に抑えてインパクトのパワーをぶつけられるT-Fight!

プレースタイルや好みに上手く合わせて選び分けてください!

\\ご予約はお早めに!!//

みんなのクチコミ・評価を集めてみた!

僕以外にも、TF40を打った人たちのインプレ/感想も載せておきますね!

TF40 305 18×20でショットが走る!

TF40 305 18×20をゲットしたMONYさん(普段はSPEED PRO使用)と練習したんですが、普段以上に深く伸びるボール押し込まれて全然ポイントが取れなかった!笑

ピュアスト98からも乗り換えたいくらい!

A先輩
A先輩
デザインがいいね!

普段使ってるピュアストよりも振り抜きがいい感じ!

・・・欲しい。笑

モニターラケットを貸したら先輩(普段はピュアスト16/19)もプレーの質が明らかにアップして、サーブやストロークでしっかり振り切って打ててましたね!

またひとり購入者を増やしてしまったのかもしれない(笑)

TF40 315g 16×19はこちらチェック!

なまらさん(@namaratennis1)が315gの16×19、X-ONE BIPHASEでのインプレを公開!

・剛性感はあるけど硬くない

・しっとりとした打球感

・しなやかだけどパワーロス少ない

・弾道は上げにくい

TOUR100 310g と比べると、よりフラットドライブ向きでいわゆる”クラシカル”な感覚も残しているボックス系ラケットとのこと!

まとめ:テクニファイバー 新型TF40

・新型TF40はボックスらしさのある1本

・デザインはシンプルにかっこいい!

・適度なアシストがある素直な使用感

・ツラくもないけど楽でもない素直さ

・扁平グリップは好き嫌い分かれそう

・ボックス好きな実戦派にオススメ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です