01-テニスラケット

【2023】新型FX500シリーズはRAを下げミゾを拡大!DUNLOP(ダンロップ)最新情報まとめ

dunlop(ダンロップ)fx500シリーズ2023年モデル情報まとめ

・新型FXが情報解禁!
・グロメット下溝が深く広く!
・500はRA69、TOURはRA66
・全部で5スペック販売
・基本モールドは継続
・発売は2023年1月予定

ダンロップの最後発モデルであるパワー系黄金スペック:FX500シリーズが2023年バージョンへとモデルチェンジ

・パワーアップ
・スイートエリア拡大
・打球感はよりソフトに
・強打における安定性向上

これらのキーワードを引っ提げて登場し”ガチ進化”しているかもしれない新型FX500シリーズについて最新情報をまとめました!

TRUEMAN
TRUEMAN
イマイチ注目されてなかった現行から巻き返せるか要チェックの1本です!


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・EZONE98Lを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

DUNLOP FX500シリーズが2023年モデルに!

テニスラケット市場の激戦区である黄金スペックに、ダンロップから2020年に新たに投入されたのがF = Forceの名を冠したFX500シリーズ

そして今回、FX500シリーズの2023年モデルの情報が解禁となりました!

2023年モデルのデザインは、CX200/SX300などと同じくテーマカラーである青をベースに黒をあしらった配色となっています。

cx200-sx300-dunlop

これでダンロップの競技者向けの3本柱すべてのモデルチェンジが完了!

デザインコンセプトも統一されたことで、すぐに”ダンロップのラケット”であることが分かるようになりました!

ちなみにですが、今回の青色は[アエロジェル200 4D]に使われていたのと同じ青色らしいです!

引用:https://www.ebay.com/itm/224055857275

FX500:2023年モデルの主な変更点

・グロメット下の溝が深く広くなった
・フレームの硬さを抑えた(RA下げた)
・ストリングピッチを拡大
・モールドは前作から継続

深く広くなったグルーブ(溝)が柔らかくボールを掴む

新型の大きなアップデートは、前作にも採用されていたグロメット下の小さい溝=POWER BOOST GROOVEが幅と深さが+50%と大きくなった点。

これによってストリングのたわみ量が増え、打球感の柔らかさやスイートエリアの拡大に貢献。

RAは引き下げられフレームにしなやかさをプラス

新型はフレームの硬さを抑えたことで、柔らかい打球感、食いつき感などが向上。

FX500はRA71から69、FX500TOURはRA70から66へと引き下げられています。

ピュアドライブは約72に設計されているため、差別化が図られていることが分かりますね。

通常はRA値が下がるほどしなりによるパワーロスをしやすくなるのですが、新型FXはストリングパターン(ピッチ)を拡大することによってパワーを補っています。

基本路線はキープしつつも全体的にブラッシュアップ!

同時期に発表された新型VCOREはモールドごと大幅変更されていたのと見比べると、新型FX500は基本路線をキープしつつ全体的にブラッシュアップしたという印象ですね。

現行ユーザーはもちろん、「純粋な黄金スペックはちょっと苦手」と感じていた層にもアプローチ出来そうな仕上がりになっています。

TRUEMAN
TRUEMAN
RAが全てではないですが、この数値が下がったことで新型FXに興味を持った人も結構いるのではないでしょうか!

スペック・ラインナップ一覧

FX500 TOUR (305g)

モデル名DUNLOP
FX500 TOUR
ヘッド
サイズ
98平方インチ
重さ305g
バランス315mm
スイング
ウェイト
厚さ21 ~ 23mm
フレックスRA66
ストリング
パターン
16×19
長さ27
グリップ
サイズ
2,3
価格税込
39,600円
発売予定日2023年1月

TRUEMAN
TRUEMAN
今回のモデルチェンジでTOURの注目度はグッと上がりそうな予感!

FX500 (300g)

モデル名DUNLOP
FX500
ヘッド
サイズ
100平方インチ
重さ300g
バランス320mm
スイング
ウェイト
厚さ23 ~ 26mm
フレックスRA69
ストリング
パターン
16×19
長さ27
グリップ
サイズ
1,2,3
価格税込
39,600円
発売予定日2023年1月

TRUEMAN
TRUEMAN
前作もバランスが良く使いやすかっただけに、どう変わったのかすごく気になるモデル!

FX500 LS (285g)

モデル名DUNLOP
FX500 LS
ヘッド
サイズ
100平方インチ
重さ285g
バランス325mm
スイング
ウェイト
厚さ23 ~ 26mm
フレックスRA69
ストリング
パターン
16×19
長さ27
グリップ
サイズ
1,2,3
価格税込
34,100円
発売予定日2023年1月

TRUEMAN
TRUEMAN
SX300LSが非常に打ちやすかったので、FX500LSもスピードボール打ちやすそうで期待大!

FX500 LITE (270g)

モデル名DUNLOP
FX500 LITE
ヘッド
サイズ
100平方インチ
重さ270g
バランス330mm
スイング
ウェイト
厚さ23 ~ 26mm
フレックスRA69
ストリング
パターン
16×19
長さ27
グリップ
サイズ
1,2
価格税込
34,100円
発売予定日2023年1月

TRUEMAN
TRUEMAN
270gで高い操作性は間違いなしのLITEモデル!

FX700 (265g)

モデル名DUNLOP
FX700
ヘッド
サイズ
107平方インチ
重さ265g
バランス340mm
スイング
ウェイト
厚さ23 ~ 27mm
フレックスRA69
ストリング
パターン
16×19
長さ27.5
グリップ
サイズ
1,2
価格税込
39,600円
発売予定日2023年1月

TRUEMAN
TRUEMAN
純粋なパワーをはっきりと感じ取れるFX700・・・意外と良いかも!

発売日:2023年1月予定

いずれのスペックも発売日は2023年1月頃の予定となっています!

予約:既にスタートしています!

新型のFXシリーズはすでに予約が開始されています

最初にTOURが一気に売れるのではないかと予想しているので、特に複数本用意しようと考えている人は予約をしておく方が良いかもしれません!

同色系のラケットバッグも用意されています。

ライバルラケットとの戦いはどうなる?

競合ラケット

・ピュアドライブ2021
・ピュアアエロ2022
・EZONE100
・ULTRA100v4
・BEAST100
・SUPERNOVA など

競合となるのはやはり黄金スペック。

ピュアドライブ2021はもちろん最大のライバルですが、ユーザーの取り合いという点においてはスピン系コンセプトとされているアエロやエクストリームなどとも戦わないといけないと思われます。

パワー系黄金スペック=ピュアドラは強力だけど・・・

ピュアドライブとの大きな違いはやはりRA値で、ピュアドライブは72、FX500は69となっています。

ピュアドライブはパワーがある一方で打球感はカッチリ/硬めに感じる人もいて、それを理由に選ばなかった・スイッチ出来なかったという人も。

そういった層をFX500がうまく取り込んでいくことが出来れば、シェア拡大のきっかけになるかもしれませんね。

過熱する98平方インチ+305gのカテゴリー

純・黄金スペックに負けず劣らず、競争が激しくなりつつあるのが98平方インチ+305gのカテゴリー。

98平方インチ+305g

・FX500TOUR
・SX300TOUR
・CX200
・PURE DRIVE98
・PURE AERO98
・PURE STRIKE16/19
・VCORE98
・EZONE98
・EXTREME TOUR
・PHANTOM F1
・TR960 Control Tour
・T-Fight 305
・TF40 305
・ELEVATE v3 など

パッと思いつくだけでもこれだけのモデルがしのぎを削るカテゴリーになっています。

メインになるのは23mm前後のテーパーが付いているタイプにはなりますが、22mm前後の薄ラケも十分競合には入ってくるでしょう。

新型FX500TOURがどのくらいの存在感を発揮出来るのか、非常に楽しみですね!

まとめ:DUNLOP FX500 2023年モデル

・新型FXシリーズ情報まとめ!
・基本路線はキープしつつブラッシュアップ
・柔らかさとパワーを追求
・グロメットしたの溝が拡大
・ストリングピッチも拡大
・発売は全機種2023年1月予定

ダンロップラケットのインプレはこちら!

ダンロップラケット・インプレ一覧

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。