ウイルソン

【ウイルソン】クラッシュ98v2をインプレ!威力で押し切る1本!CLASH98v2(Wilson)

クラッシュ98v2のインプレ:サムネイル

どうも、ラケットにはしなやかさもパワーも欲しいコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

前作の衝撃的な登場から数年、モデルチェンジによって新たなスペック・コスメティックを手に入れた『ウイルソン・クラッシュ98v2』をインプレッション!

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のスペック一覧

大幅なコスメの変更+スペックの微調整が施され、これまでとは違うプレイヤー層からも注目を集めそうなクラッシュ98V2。

TRUEMAN
TRUEMAN
前作はおもちゃっぽいポップな印象のデザインでしたが、このV2は非常にかっこいい+高級感がアップしていてGOOD!

初代(前作)のようなしなり感は薄まり操作性も良いとは言えませんが、実戦の中で相手を押し切るのに十分な球威を出しやすくなり「攻撃的なラケット」に仕上がっています!

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)の外観
メリット デメリット
・ハッキリとした打球感
・洗練されたデザイン
・ほのかなしなり感
・振り抜いた時の球威
・スピードが出しやすい
・前作100の柔らかさは無い
・操作性は低い
・クラッシュらしさは少ない

この記事では『Wilson CLASH98 V2』を徹底的に解説させて頂きます!

こんな人にオススメ!

・球威で押し切りたい人
・スピードを追求したい人
・重みを使ったプレーをしたい
・フラット系主体でプレー
・渋いデザインが好き


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

ウイルソン クラッシュ98 V2
(Wilson CLASH98 V2)

2019年2月に登場し”圧倒的なしなり感“で市場を沸かせた初代クラッシュシリーズ。

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)

2022年3月にモデルチェンジが行われ、新たなコスメティック+新たなスペックとなったのが「CLASH98 V2」です!

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のシャフト

ワインレッドを基調に、黒を差し色に使った落ち着きがありつつも”格好いいデザイン“に進化。

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のヨーク部分

コート上でも映えるカラーリングと、クラッシュ独自のシャフト形状は他には無い存在感を放っています。

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のロゴ・エンボス加工

シャフトには”CLASH”の文字がエンボス加工で刻まれています。

クラッシュ98V2のスペック/仕様

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のスペック
モデル名wilson
CLASH98 V8
フェイス
サイズ
98平方インチ
重量310g
バランス306mm
スイング
ウェイト
フレーム厚23.5mm
ストリング
パターン
16×20
グリップサイズ2,3
発売予定2022年3月
価格¥28,600

ストリングパターンが16×19から16×20に変更されました!

RA値は前作55から60に変化

RA値については前作が約55と市販品最小クラスでしたが、今作ではRA60という現実的な数値へと改善されています。
(※RA値についてはTennisWarehouse参照)

クラッシュ98 V2の特徴:独特のシャフト形状

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のシャフト内側

独特なフレーム形状は前作から引き継がれており、シャフト内側は台形に凸状の出っ張りがくっついたようなフォルムになっています。

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のフレームトップ

プロスタッフv13やブレードv8などに採用されている”FORTYFIVE”が採用されています。

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のバンパー、グロメット

個人的に気になったのがここ。

フレームトップのグロメットが山なり形状になっていて、バボラのウーファーにそっくり。

クラッシュ98 V2をインプレッション!

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のシャフト

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

フラット系を撃ち抜いた時の球威が凄まじく、パワーで相手を押し込むようなプレーにフィットするラケットに仕上がっています!

打球感:柔らかさが減り打ちごたえの強い1本

RAが上がったこともあってか初代クラッシュのような”底のないしなり感”は薄まり、しっかりとした打ちごたえが生まれています。

ラケットの重みもかなりしっかり感じられるため、重みによるしっとり感は十分に感じられます。

TRUEMAN
TRUEMAN
打ちごたえは相当あります!
それだけに腕や体にはあんまり優しくない気がします(笑)

性能:重みでスピードボールを打ち込める!

素振りをするだけでもヘッド側にしっかりとした重みを感じるクラッシュ98 V2。

操作性の面では厳しさを感じる場合もありますが、それだけに振り切った時の球速・球威は想像以上

ドカン!と打ち込んで相手を押し込む・相手にミスさせるというようなプレーがしやすくなり、「これって本当にクラッシュ?」と思うレベルでした!

TRUEMAN
TRUEMAN
前作クラッシュ100しか打ったことのなかった自分としては、これは完全に知らないラケット(笑)
振り切らないと良さは発揮されません!

クラッシュ98 V2のメリット・デメリットまとめ!

・重みによるパワフルショット
・洗練されたデザイン
・フレームの安定性

前作からデザインが変わりかっこよくなったこと、フレームの剛性が上がり重さによるパワーもボールに伝えやすくなったのがV2の大きな魅力。

結果としてパワーで相手を圧倒するようなプレーにフィットするラケットに進化しています。

・操作性は悪い
・腕や身体に掛かる負担大きめ

重み+わずかなしなり感はあるものの、かなり重みがあって操作性は悪いです。

結果として十分な体勢で打てないと振り切れないため、プレイヤーに求められる運動量や負荷は大きめなラケットと言えます。

クラッシュ98 V2とライバルラケットを比較!

<クラッシュ98V2のライバル製品>
VCORE PRO97
Ki Q+TOUR
CHROME100
PRESTIGE TOURなど

ライバルとしては適度に重み+打ちごたえがしっかりあるタイプのラケットになりますね!

ライバルラケットとの比較一覧

モデル名CL
98
VCP
97
Ki
Q+
CH
100
球威
しなり
食いつき
操作性×
振り抜き
スピン
ドライブ
スライス
疲れにくさ

クラッシュ98v2をライバルと比較すると、しなり自体はほどほどですが重みによるパワーを得られるのがメリット!

VCP97は同じ310gですがより優れた操作性+しなり感が得られます。

KiQ+は300gですが打ちごたえがしっかりあり、なおかつメタルサンドの恩恵で腕への優しさがGOOD。

CHROME100は黄金スペックですが食いつきが強く、インパクトでグッと押し込むような打ち方もしやすいです!

TRUEMAN
TRUEMAN
想像以上にハードなカテゴリーに属するラケットだと思います!
比較するのは結構難しいラケットでした(笑)

ウイルソン・クラッシュ98 V2:まとめ

Wilson CLASH98v8(ウイルソン・クラッシュ98)のモデル名
・進化したCLASH98V2!
・球威で押し切るハードスペック
・振り切った時の球威はすごい!
・ヘッド側が重く操作性は微妙
・柔らかさは控えめ
・ブンブン振って使う1本!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。