01-テニスラケット

ヘッド・グラビティMP(2023)をインプレ/レビュー!HEAD GRAVITY MP (AUXETIC)

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)のインプレ、レビュー、感想、評価

・デザインやカラーがカッコいい
・AUXETICが搭載された新型
・強打してもブレないフレーム
・ボレーや両手バックが快適
・ドライブ系を打ち込む人に!

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)のシャフト

デザインだけでなく素材にも初めて変更が加えられた最新モデル『ヘッド・グラビティMP 2023年モデル』をインプレッション!

TRUEMAN
TRUEMAN
シリーズ3代目にして実質的に初めてのアップデートになるのですが、最大の魅力はビジュアルの良さですね!

こんな人にオススメ
どのショットも確実に制御したい人
ドライブ〜フラットまで打ち込みたい人
ハッキリとした打球感が好きな人

シバき倒していきたい人
メリット・デメリット
○ クリアな打球感
○ ブレないフレーム
○ ボレーも安心
○ 高いレベル帯で恩恵大

× 100にしてはアシスト少ない
× AUXETICの恩恵は微妙

この記事では『HEAD GRAVITY MP 2023』を徹底的に解説させて頂きます!

ヘッド・グラビティMP 2023
(HEAD GRAVITY MP)

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)のロゴ

ズべレフやルブレフなどハードヒッターが愛用するグラビティシリーズの中で、最もスタンダードなスペックがこのヘッド・グラビティMP 2023

TRUEMAN
TRUEMAN
特に男性人気がこれまでよりもアップしてきている雰囲気があるので、試打してみました!

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)の面と裏のデザイン比較

これまで同様、面と裏で異なるデザインを踏襲。

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)のシャフト

カラーは黒を基調に、薄い紫〜グレーに見える塗装を差し色として採用。

GRAVITY MP 2023のスペック/仕様

モデル名HEAD
GRAVITY MP
2023
ヘッド
サイズ
100平方インチ
重さ295g
バランス325mm
スイング
ウェイト
(319)
厚さ22mm
均一
フレックス(59)
ストリング
パターン
16×20
長さ27
(685mm)
グリップ
サイズ
2,3
CPI400
価格税込
38,500円
発売日2023年4月

(※TennisWarehouseより参照)

スペックに関しては前作からの変更はなし

<CPI:400>
RADICAL MP
BOOM PRO
EXTREME TOUR
PRESTIGE MP

CPIは400でラジカルMP、BOOM PROなどと同じ分類となっています。

GRAVITY MP 2023の特徴

広いスイートスポット、画期的なフレーム、革新的なAuxeticテクノロジーにより、アグレッシブな次世代パフォーマンスプレーヤーが、どのような対戦でも圧倒できるGRAVITY MP。

https://www.head.com/ja_JP/gravity-mp-2023-235323.html#

前作からの変更点

・AUXETICをヨーク部分に採用
・デザインのブラッシュアップ

今回のモデルチェンジにおける最大の変更点はオーセチック(AUXETIC)が採用された点。

オーセチックの特徴をざっくり説明すると下図の通り。

AUXETIC(オーセチック)の素材特性を解説

特殊な構造をしていることで、通常の素材とは異なり変形の仕方が均一化されるのが特徴とされています。

オーセチックの詳細についてはこちらの記事で解説しているので、よろしければ合わせてチェックしてみてください!

GRAVITY MP 2023をインプレ!

ストローク 1
ボレー1
サーブ0
ドライブ2
トップスピン0
弾道の高さ0
スライス1
反発力0
パワー-1
ホールド感0
安定性1
操作性-1
振り抜き1
減衰性0
快適性-1

※-2から+2までの5段階で評価

しっかりしたフレームに16×20のパターンを組み合わせたことで、ドライブ系のショットを高い精度で打ち込むことが出来るラケット。

100平方インチ+22mmとしてはアシストはかなり控えめな印象で、しっかり振り切ってシバける人向けのモデルと言えるでしょう。

打球感:しっかりしていてブレない

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)

今回はナイロンマルチであるVELOCITY MLTを張り上げてあるものをテスト。

RA59程度のはずなんですが、しなやかさよりもブレないかっちりとしたフィーリングが印象的でした。

いわゆる厚ラケなどの硬さとはまたちょっと違う、”硬質感”という表現が似合うかなと思いますね!

ほぼ同スペックのBLADE100v8と比較すると、GRAVITY MPの方が明らかにクリア・ドライ・硬めという印象。

人によって打球感の硬いor柔らかいが分かれるタイプのラケットで、そこらへんはプレステージに通ずるものがあるように思いました。

TRUEMAN
TRUEMAN
ナイロンマルチでこの感じなので、ポリ張ったらよりしっかりとした打球感になりそう!

今作で新たにAUXETICが搭載されたのですが、打球感のハッキリとした変化は感じませんでした。

歴代モデルを愛用されていた方は違和感なくスイッチ出来ると思います。

逆にAUXETIC搭載による変化を期待している人はちょっとガッカリしてしまうかも?

性能:ドライブとボレーが打ちやすい

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)の外観、デザイン

グラビティMPを使ってみて恩恵を感じたのが両手バックハンドの強打とボレー

ブレないフレームのおかげで両手バックではスピードが出しやすく、ボレーでは相手の突き球に対しても負けずに安定して深めに返すことが出来ました。

スイートエリアは若干先端寄りなこともあり、遠心力を上手く使った高速スイングが出来る超上級者には間違いなく武器になる1本。

TRUEMAN
TRUEMAN
ボレーがこんなに安心して打てるんだ!?とビックリしました!

ただし100平方インチ+22mmというスペックの中ではアシストは控えめで、スピンに関しても擦るような打ち方はNG。

速いスイング、厚い当たりで捉えるスキルなど、プレイヤーに求められる要素は多いように感じました。

良い意味でもネガティブな意味でもプレイヤー次第のラケットとなっています。

メリット・デメリットまとめ!

メリット デメリット
・ビジュアルの良さ
・フレームの安定性
・強打でも安心できる
・クリアな打球感
・ボレーが打ちやすい
・振り抜きが良い
・100としてはアシスト少ない
・振りきれないと恩恵感じにくい
・AUXETIC効果は微妙

GRAVITY MP 2023のライバル

<GRAVITY MPのライバル>
・PHANTOM100
・BLADE100 v8 など

スペックが近いのはPHANTOM100、BLADE100といった薄いフレームの100平方インチ。

性能やターゲットが近いのはPHANTOM100。

スピンのかけやすさや振り抜きを重視するならファントム、直線的なスピードやカッチリ感を重視するならグラビティMP。

ただし100平方インチにしてはアシストも少なく、実際には98平方インチ+中厚〜薄ラケも十分比較対象に入ってくるかなと思います。

GRAVITY MPがライバルに勝っているところ

・フレームの安定感
・弾道のブレにくさ

グラビティMPの優れているところはフレームに安定感があり、そこに16×20の若干密なパターンが組み合わさることで弾道もブレにくくなっているという点。

特に速いスイング、速いボールを軸にラリーを組みたてて行く人には安心感をプラスしてくれるはずです。

買う・買わないの決め手:デザイン

HEAD GRAVITY MP 2023 (ヘッド・グラビティ・エムピー)のシャフト・カラー

買うかどうか悩んだ時に判断をするポイントはデザインだと思います。

『デザインが大好き』っていう気持ちがあるなら買ってOK。
(※体力に合わせたスペックを選ぶ必要はありますが)

逆にデザインにそこまで惹かれていないのであれば、性能的にあまり差がないので旧型を安く買う方がお得。

個人的総評★☆☆ :イケメンだとは思う。

今回のモデルチェンジでデザインのカッコ良さは歴代最高になったと思います。

特に男性にウケそうなカッコ良さがあり、女性ウケのいいBOOMと合わせてHEADのAUXETIC世代のデザインはセールスに大いに貢献している印象。

TRUEMAN
TRUEMAN
イケメンなデザインに惹かれちゃいますよね!

ただし、性能面で歴代モデル以上のアドバンテージが付与されてる感じはなく、正直に言えば今回もマイナーチェンジ扱いでもいいのでは?という印象。

2代目と同じく「色だけ変えました」って言われたら信じてしまいそうな気がします。笑

今回はナイロンマルチでテストしましたが、もしかしたらポリの方がしっかり感や打ちごたえが出てグラビティの良さがもっと引き出せたのかも・・・とは思いました。

HEAD GRAVITY MP 2023:まとめ

・デザインのカッコ良さが◎
・AUXETICが搭載された新型
・強打してもブレないフレーム
・ボレーや両手バックが快適
・ドライブ系を打ち込む人に!


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

関連記事はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です