01-テニスラケット

DIADEM ELEVATE98 V3(2023)は上級競技者向けのラケット。ダイアデム・エレベート/インプレ・レビュー

diadem elevate 98 v3 インプレ

2023年1月下旬に発売を迎えるダイアデム(DIADEM)のエレベート98 v3 (ELEVATE98 v3)をインプレッション!

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのフレームサイド

TRUEMAN
TRUEMAN
フラットもスピンもタッチも全部欲しい上級者向けの1本です!

遊びの少ないストイックな使用感はプレイヤーの意図を正確にショットへと反映してくれる、「使いこなせれば万能タイプなラケット」に仕上がっています!

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのデザイン
メリット デメリット
・ダイレクトな感触
・幅広い球種が打てる
・パワーロスしにくい
・安定したフレーム
・弾道が上げやすい
・ターゲット層は狭い
・外すとかなりつらい
・助けてはくれない


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
アドブロ (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・EZONE98がメイン,,,??
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

DIADME ELEVATE98 v3
(2023年モデル)

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのブランドロゴ

2023年1月発売予定のダイアデム・新型エレベート98 v3(2023年モデル)はデザインを一新。

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gの外観

深い青、少し紫色に近いような色をベースに、要所にブランドロゴを白地でペイント。

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)のバンパートップ

バンパーも同色系の青色に変更されており、前作よりも上品な雰囲気に変わっています。

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのフェイス内側・12時部分
diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのヨーク部分

フェイス内側にはブランド名・ブランドロゴがデザインされています。

スペック:98平方インチ+305g+320mm

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gのスペック
モデル名DIADEM
ELEVATE98 v3
ヘッド
サイズ
98平方インチ
重さ305g
バランス320mm
スイング
ウェイト
厚さ21.5mm
フラットビーム
フレックスRA64
ストリング
パターン
16×20
長さ27
グリップ
サイズ
2,3
価格税込
38,500円
発売予定日2023年1月

スペックとしては前作エレベートからの変更はなし

RAは64なのでCX200やTF40、EZONE98などと同等の数値となっています。

ボックスにボリュームをプラスしたフレーム形状

diadem elevate v3 (ダイアデム・エレベート)305gの外観

21.5mmの薄いフレームに、比較的スリムな縦長フェイス形状を採用。

フレームの内側が盛り上がったような断面形状になっているため、純粋なボックス形状よりも剛性感のあるフレームに仕上がっています。

打球感をインプレ!

ダイアデム・エレベート98v3 フォアハンド

しなりやたわみは抑え気味になっていて、ダイレクトな打球感からスピードを生み出す感覚を味わえます。

前作v2より若干カドが取れた印象

前作(V2)を比較しても大きな違いは感じなかったものの、KRAIBONの採用の影響もあってか少しカドが取れてしっとりした感じがします。

21~22mm厚としてはカッチリした打球感

21~22mm厚のラケットとしてはカッチリとしたフィーリングになっており、近い感触のモデルとしてはテクニファイバーのTF40が筆頭になるでしょう。

どちらもフレーム全体にウレタンフォームが充填されており、打ち応えや減衰性の高さに貢献しています。

性能をインプレ!

反発力+1
パワー+1
ホールド感0
弾道の高さ+1
トップスピン+1
スライス0
安定性+2
操作性-1
振り抜きやすさ0
快適性-1
※-2から+2までの5段階で評価

ストローク:振るほどにスピンで威力が出る

ダイアデム・エレベート98v3 ストローク

ストロークにおいてはパワーロスしにくい剛性感、ラケットが持つ重みが組み合わさり、振るほどに威力のあるトップスピンを打ち込むことができます。

意外と弾道は上げやすいのでループ系も打てるのですが、スイートエリアを外すと一気にショボショボになるし腕にもダメージが来ます。笑

ダイアデム・エレベート98v3 バックハンド・スライス

スライスでもフレームの安定性はしっかり感じられ、ブレてしまうような不安は全くありませんでした

乗せて運ぶというよりも、強いインパクトで鋭く打ち抜くようにするとGOOD。

ボレー:重みで負けにくく意外と打ちやすい

ダイアデム・エレベート98v3  ボレー

お世辞にも操作性が高いというモデルではありませんが、丁寧にセットさえしておけばラケットの重みで打ち負けずに返球することが可能。

スペックから想像するよりも弾き/レスポンスが良いので、コンパクトなスイングで切れのあるボレーをコントロール出来るはず!

サーブ:あらゆる球種に対応できる万能型

ダイアデム・エレベート98v3  サーブ

21・22mmくらいのラケットの多くが「フラットやスライスは打ちやすいけどスピンはかけにくい」という感じですが、エレベートに関してはスピンサーブも非常に打ちやすいです。

フィジカル的にもスキル的にも要求されるレベルは高いものの、サーブ&ボレーで相手を翻弄したいプレイヤーの要求にもしっかり答えてくれます!

ライバルラケット:今一番熱いカテゴリーの1本

2023年により一層盛り上がるのが間違いなしの98平方インチ+305gのカテゴリーに属しているELEVATE98。

ライバルとしてはTF40やCX200の薄ラケはもちろん、ピュアストやTOUR98のような中厚系も比較対象として挙げられるでしょう。

エレベート98 v3を選ぶ理由は?

〇TF40と同等以上にブレない
〇CXやBLADE以上のダイレクト感
〇他モデルより弾道調整幅が広い
〇ピュアストよりも減衰性が高い

ライバルラケットたちとの比較も踏まえてエレベート98v3を表現するとこんな感じ。

感触も性能も近いのはTF40なんですが、特に弾道の上げ下げのしやすさは圧倒的にエレベートの方が上。

使いこなせれば幅広いショットで相手を崩せる・打ち勝てる、そんなラケットです!

発売予定日:2023年1月24日

エレベート98v3は2023年1月24日発売予定となっています。

すでに予約は開始となっています!

【朗報】有料試打プログラムがあります!

取り扱いがグローブライドになったことで、ついにダイアデムのラケットも有料試打プログラムを利用してお試しすることが出来るようになりました!

・ELEVATEx3本、SUPERNOVAx3本
・合計6本セットで試打が出来る
・レンタル期間は10日間
・オンラインで申し込み可能
・費用は3,100円(送料込み)
・推奨ストリング張り上げ
・グリップサイズはすべて#2
・クラブプリンス登録で500pt

一気にダイアデムラケット全機種=6種類を試すことが出来、出費は必要になるものの6本を10日借りられることを考えたら相当お得なプログラム

お友達と複数人で借りたら相当金額も抑えられますし、電車に乗ってお店に試打ラケットを買いに行くよりお得かもしれません。

気になっている人はぜひぜひ!

まとめ:ダイアデム・エレベート98 v3(2023)

diadem elevate lite v3 (ダイアデム・エレベート)

・エレベート98v3が正統進化
・遊びの少ない打球感
・薄ラケだけどカッチリしてる
・振るほどにスピンで威力が出る
・使いこなせれば万能なラケット
・2023年1月下旬発売予定

関連記事はこちらからチェック

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。