01-テニスラケット

【実はこれが本命!?】DUNLOP SX300LS(2022)はブンブン振り回せるスピン系ラケット

dunlop sx300ls 2022

ラケットをブンブン振り回してスピンを掛けたいコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

今回は”実はこれが本命なのでは?”と感じたダンロップの新型テニスラケット、「DUNLOP SX300LS」をインプレッション!

ダンロップ(DUNLOP) SX300LS(エルエス)のデザイン

ヘッドが走らせやすいおかげで高速スピンが打ち込める、”スピンコンセプトの恩恵を最大限感じられるラケット“として実戦派のプレイヤーにもオススメしたい1本となっています!

TRUEMAN
TRUEMAN
285gと侮るなかれ!
スイングのしやすさによってSX300無印よりもキレが出しやすく感じるはずです!

メリット デメリット
・振り回しやすい
・引っかかりが良い
・操作性も優れている
・スピンの調整がしやすい
・食いつきは少なめ
・振り切る人向け

この記事では『ダンロップ SX300LS(2022)』を徹底的に解説させて頂きます!

こんな人にオススメ!

・キレのあるショットを打ちたい
・色んな球種を打ち分けたい
・振りやすいラケットが欲しい
・振り切る快感を味わいたい


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

DUNLOP SX300LS(2022)をインプレ!

ダンロップ(DUNLOP) SX300LS(エルエス)のヨーク部分

2022年1月に発売開始となったダンロップの新型SXシリーズ

その中でも重量を軽めの設定し、操作性を高めたSX300LSをインプレッションしていきます。

SX300LS(2022)のスペック/仕様

ダンロップ(DUNLOP) SX300LS(エルエス)のフェイス形状
モデル名ダンロップ
SX300
フェイス
サイズ
100平方インチ
重量285g
バランス325mm
長さ27インチ
スイング
ウェイト
フレーム厚Max 26mm
min 23mm
フレックスRA68
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ1,2,3
発売予定2022年1月
価格36,300円

SX300シリーズの特徴やスペック一覧はこちらの記事からご確認頂けます。

SX300よりも少し軽い285g仕様

ダンロップ(DUNLOP) SX300LS(エルエス)の外観

シリーズのメインであるSX300よりも、15g軽い285gとなっているSX300LS。

弾道補正機能を強化した「SX 300」の軽量バージョン。

操作性に優れ、ハイレベルなコントロールで、より安定したスピンを打ち込める100平方インチのアスリートモデル。

https://sports.dunlop.co.jp/tennis/products/racket/22sx300ls.html

軽量になったことで操作性の高さはもちろん、軽い力で振り抜きやすい・スイングスピードが高めやすくなっているのがLSというスペックの大きな特徴。

グロメットはストリングの可動域を広げつつも、動く方向をコントロールすることでボールの弾道を補正・最適化させるようになっています。

TRUEMAN
TRUEMAN
300g/320mmでも重みがあって振り出しにくいモデルも結構あるので、このLSを選んでブンブン振り回すのも賢いチョイスでは!

DUNLOP SX300LS(2022)をインプレッション!

ダンロップ(DUNLOP) SX300LS(エルエス)のシャフト

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

ストリングはEXPLOSIVE TOURを使用

打球感:レスポンスが良くて軽快!

SX300無印やTOURと比べても、インパクトからボールが飛び出して行くまでがより軽快になっています!

ラケットの重さで押し込むというよりも、スイングの速さを生かして瞬間的なインパクトでボールを操るイメージですね。

広いピッチのおかげか引っかかり+適度な食いつきもあるので、安心してスピン系ショットを打ち込んでいけます!

TRUEMAN
TRUEMAN
285gと軽量ですが、打球感としてはSX300とそれほど変わらない印象でした!
打ち負ける感覚もないし・・・これはアリですね!笑

性能:スイングの速さが生み出す高速スピン

285gのフレームは非常に振りやすく、ヘッドスピードが上がることによりショットの速度+回転数も出しやすく感じました!

操作性の高さによりスイングの調整もしやすく、弾道や球種を使い分けるのがとっても簡単。

フォアから高い弾道のスピンを打ち込んだり、バックハンドの低空スライスにしたり・・・回転を操るという面で非常に優秀なモデルですね。

TRUEMAN
TRUEMAN
色んな球種を打つ楽しさを味わえるのもSX300LSの魅力ですね!

高評価ポイント:軽さの恩恵を実感しやすいラケット!

285gと軽くなったことによる恩恵をハッキリと感じとることが出来ます!

ヘッドが走るからスピードは出しやすいし、広いピッチはしっかり回転もプラスしてくれる・・・スイングが速くなった分をしっかりボールに反映してくれる、そんなラケットですね!

低評価ポイント:振り回しすぎてバラけてしまいやすい

ヘッドは走るし、スピンもかかる・・・それだけに必要以上に振り回してしまい、ショットがバラつきやすい傾向はあるかもしれません。

メリットの裏返しとも言えるかもしれませんが、調子に乗って振り回しすぎてエラー多発してしまわないように気をつけた方がいいかもです!

TRUEMAN
TRUEMAN
でも打ってて楽しかったので満足です!笑

ボールが引っかかりすぎないように、ストリングはEX TOURのように引っかかりすぎない丸型の方が扱いやすくなると思います。

EX BITEだと引っかかりが強くなりすぎて、制御するのが難しくなってしまいそう・・・

SX300LS(2022)と他社ライバルラケット比較!

<SX300LSのライバル>
BEAST MAX
BEAST O3 100(280g)
TR900 など

ビーストやTR900などがライバル!

「色々な回転を操る」という点ではBEAST MAXも近い印象がありますね。

どちらもストリングの動きが良くのですが、SX300LSは軽さによる振りやすさ、一方のBEAST MAXは大きなポートによる空気抵抗の少なさによりスイングスピードを出しやすくなってます。

個人的にはMAXの方が使用感も放たれるショットも個性的な気がします(笑)

BEAST O3 100(280g)も軽さによる振りやすさ+ストリングの大きな動きにより、スイングスピードを回転に変換しやすいモデル。

引っかかりを重視するならSX300LS、少し弾道を抑えて安定させたいならBEAST O3という感じで選び分けしましょう!

フェイスの丸さでスピンをかけやすくしているのがアルテンゴのTR900。

重量はこちらも285gで、SX300LSと同じような感覚で振ることが出来ます。

フェイスが丸型で旧EXTREMEシリーズにも近い形状をしており、フェイス上でボールを転がすような感覚を味わいやすい仕上がり。

SX300LSの使い心地は好き、でもフェイス形状がちょっと不満・・・という人にオススメ。

SX300LSとSX300、どっちを買うべき?

300gのSX300、285gのSX300LS・・・どっちにするか?は非常に際どいところです(笑)

男性で力があれば300gでも全然問題ないのですが、285gにしてもスイングが速くなるしこれはこれでメリットがあります・・・スペックにこだわりがないのであればLSを購入→必要に応じて加重でも十分対応出来る気がしますね。

女性の場合はLSの方がフィットする割合は高いと思います。
ただどちらもスイングスピードが変わらない(※軽くしてもあまり速く振れない)とかあるようでしたら、逆にSX300の方が安定するという場合はあるかも。

TRUEMAN
TRUEMAN
285gでもほとんど大きな問題を感じなかったので・・・こだわりがなければLSを選ぶっていう感じでもいいかもしれません。

とはいえ300gの方を選んでしまいがちなワタクシなのですが(笑)

DUNLOP SX300(2022):インプレまとめ

・実はSXシリーズの本命かも!?
・軽さによるスイング速度向上
・スイング速度をスピンに変換できる
・スピン系らしさを堪能できる
・ショットはバラつきやすいかも
・丸型ポリと合わすと吉
・男女問わずにオススメできる1本
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。