テニスラケット

【MANTIS】300PSⅢインプレ|控えめな黄金スペック!マンティス/テニスラケット

mantis300psⅢ(マンティス300ピーエス)のサムネイル

どうも、30代になって黄金スペックのありがたさを改めて感じているコトウダマサト(@advntg_kotodama)です。

創立から一貫してシンプル・低価格・高品質な製品を作り続けいているMANTIS(マンティス)。

今回はマンティスの黄金スペックラケット:『MANTIS 300PS Ⅲ』をインプレッション!

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)を横からみた時の外観

黄金スペックでありながらも、控えめな飛びや落ち着いた使用感を実現しているのこPS300Ⅲ。

派手さは求めず、堅実なモノづくりがしっかりと体現されたラケットとなっています。

TRUEMAN
TRUEMAN
黄金スペックがたくさんある中で、あえてこれを選ぶ人は本当に渋い!!

突出した性能・特徴こそはないものの、ラケットに[ほどよいパワー]と[過不足のないフィーリング]を求めているベテラン選手などにはきっと気に入ってもらえる1本!

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のシャフト
メリット デメリット
・程良いパワー/アシスト
・固すぎない打球感
・足し引きしない感覚
・落ち着いた使用感
・尖った特徴はなし
・反発力は控えめ
・グリップは扁平

この記事では『MANTIS 300PS Ⅲ』を徹底的に解説させて頂きます!

300PSⅢはこんな人に!

・程良いアシストを求めるベテラン
・グリップが薄くフラット主体
・シンプルな打感がほしい
・コンパクトに撃ち抜きたい

・人と違うモデルがいい


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: truemansolo-1024x1024.jpeg
テニス系ブロガー
コトウダマサト (TRUEMAN)
・30代男性
・テニス歴約20年

・オールラウンド器用貧乏
・TOUR100 290gを愛用中
・クセの少ないラケットが好き
詳しいプロフィール

MANTIS 300PS Ⅲ
(マンティス 300ピーエス スリー)

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のスペック
mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のシャフト/スロート内側

シンプルで低価格・高品質なラケット作りをコンセプトに掲げるイギリス発のブランド:MANITS(マンティス)

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のフェイス部分

今回インプレするMANTIS 300PSⅢは赤と黒を基調としたデザインを採用。

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のカーボン地が見えるデザイン

またフレームサイドはカーボン地の透かしの意匠があり、特に道具にこだわりの強い”玄人”にはたまらない仕様となっています。

TRUEMAN
TRUEMAN
こういうカーボンが透けて見えるデザイン、めっちゃ好きなんですよね!笑

MANTIS 300PS Ⅲのスペック/仕様

モデル名MANTIS
300PS Ⅲ
フェイス
サイズ
100平方インチ
重量300g
バランス320mm
フレーム厚22.5-25-23mm
RA70
ストリング
パターン
16×19
グリップサイズ2,3

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のスロート

300g/320mmの重量バランスに、最大25mm厚のラウンド系フレームで、いわゆる黄金スペックになっています。

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のシャフト内側

MANTIS 300PSⅢのRA値は70で、FX500TOURやピュアストライク16/19、ピュアドラVSなどと同じ値です。

MANTIS 300PS Ⅲのインプレ/評価!

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)の外観正面

トップスピン
スライス
ボレー
サーブ(スピード)
サーブ(回転系)
振り抜き
取り回し

打球感:カチッとしてるけどカンカンしない

最先端素材・特殊な構造などは一切採用されていないことで、カチッとした剛性感はありつつもカンカンするような硬さは感じさせない300PSⅢ。

FX500よりはマイルド寄り、NOVA100よりはハッキリした打感というイメージでした!

TRUEMAN
TRUEMAN
RA70なのでカッチリしてますが、硬い!とまではならないかなぁ・・・っていう感じ!

性能:控えめパワーがフラット系で光る

反発力は意外と控えめで、しっかり振り切りやすかったですね!

コンパクトなスイングでフラット系を打ち込みたい人とも相性は良さそう。

意外とヘッド側の重みを感じ、打ち負けにくいのもメリット。

性能的には過不足のない感じで、『ラケットに邪魔されたくない』と考えているような人にはちょうど良いチョイスになるはず。

TRUEMAN
TRUEMAN
対戦相手がこのラケット持ってたら、ちょっと警戒しちゃいますね!笑

コースとタイミングを変えるプレーと相性よし

球威自体で相手を押し込むようなプレーよりも、コースやタイミングで崩していくプレーの方がラケットの良さが出るのではないかと思います。

フラット〜スライス系のストローク、積極的にネットへと出て行くようなプレーがしたくなる1本ですね!

以前インプレしたMANTIS PRO295Ⅲとはスペックは大きく異なるものの、意外とフィットするプレースタイルは似ている感じがします!

メリット・デメリットまとめ!

・程良いパワー/アシスト
・硬すぎない打球感
・素朴系フィーリング
・落ち着いた使用感
・薄いグリップと相性◎

黄金スペックの中では落ち着いたボールの飛び方をするラケットなので、コントロール性やショットに意図を反映させ易いのが最大のメリット。

また特殊な素材や構造は採用しておらず、足し引きしすぎない性能シンプルで素朴なフィーリングも魅力。

また黄金スペックとしては珍しく扁平グリップなので、薄めのグリップ主体の人は非常に嬉しい選択肢になるのではないでしょうか。

・尖った性能はない
・反発力は控えめ
・グリップが扁平タイプ

繰り返しになりますが全体的に性能は控えめで、突出した特徴や性能はないです。

そしてグリップ形状は扁平タイプなので、厚いグリップからスピンを打ちたい人には不向き。

スライスやボレーにも積極的に出て行くようなタイプの方が、このラケットの”旨味”を引き出していけるでしょう!

必要に応じてグリップ形状の変更も検討されてみては?

MANTIS 300PS Ⅲとライバルを比較!

mantis 300psⅢ(マンティス300ピーエススリー)のフェイス部分内側

<300PS Ⅲのライバル製品>
NOVA100
BOOM MP
TOUR100
FX500
ピュアドライブ
ピュアストライク100など

“黄金スペック”と呼ばれるカテゴリーのラケットの中でも、若干おとなし目のNOVA100はライバル筆頭と言えるでしょう。

若干軽量モデル寄りのテイストもあるBOOM MPやTOUR100なども比較対象として面白いと思います。

①ライバルラケットとの比較一覧

モデル名300
PSⅢ
NVA
100
BM
MP
TR
100
球威
打感の
柔らかさ
操作性
振り抜き
スピン
ドライブ
スライス
食いつき
疲れにくさ
※4本を相対的に評価

それぞれ若干テイストの異なる4本のラケットですが、300PSⅢは”全体的に控えめ“な印象。

300PSⅢは大きな長所・短所はなく、ほんのりアシストはあるもののプレイヤーの技量がはっきりと反映されるラケット。
これを良いととるか、イマイチととるかで評価が大きく分かれるラケットでしょう・・・

NOVA100の方が黄金スペックらしいパワーを感じられるラケットですね。

BOOM MPはより柔らかさ・食いつきが感じられ、ゆったり大きくスイングするタイプならこちらの方がフィットしそう。

TOUR100はラウンドともボックスともつかない中間的な使用感で、スピン系を安定して打ち込みたい人にオススメ。

TRUEMAN
TRUEMAN
300PSⅢとNOVA100、知名度ではNOVAの圧勝ですが(笑)、性能的には良い勝負ですね!

\\こちらから探せます//

MANTIS 300PS Ⅲ:まとめ

・全体的に控えめな性能バランス
・硬すぎなず素朴な打球感
・足し引きしないフィーリング
・落ち着いた使用感
・尖った特徴はなし
・扁平グリップは好みが分かれる
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Follow-me-1-1024x213.jpg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。