ラケット

[厚さ別・検索]フレームの厚みでラケットを探す!

20mm以下:超薄ラケ

Embed from Getty Images
モデル厚さ
(形状)
特徴
WILSON
プロスタッフ

TOUR90
17mm
フラット
(ボックス)
フェデラーも愛した薄ラケ。
正真正銘ポケッティングフィール。
SRIXON
CX2.0TOUR
19〜20mm
テーパード
(ボックス系)
柔らかさとしっかり感が同居。
タッチが出しやすい薄ラケ。
YONEX
ブイコアプロ

97HD
20mm
フラット
(ボックス系)
同社で最もフレキシブル。
柔らかいブイコアプロ。
(RA59)
TENXPRO
エクスカリバー
20mm
フラット
(ボックス)
全体が均一にしなるフレーム。
自然で柔らかい打球感。
(RA66)
HEAD
PRO TOUR 2.0
20mm
フラット
(ボックス)
現代に蘇ったプロツアー。
クラシカル&正統派のボックス。
(RA65)

21〜22mm:薄ラケ

Embed from Getty Images
モデル厚さ
(形状)
特徴
PRINCE
ファントム
グラファイト107
17.5〜21.5mm
テーパード
(ボックス)
しなり/たわみ/安定感を実現。
伝統と確信のハイブリッド。
WILSON
BLADE v7.0
21mm
フラット
(ボックス系)
しなやかにボールが乗る1本。
縦・横にしなるのがポイント。
BRIDGESTONE
X-BLADE
BX315
21mm
フラット
(ボックス)
群を抜いたしなやかさ。
最高品質のボックスラケット。
BRIDGESTONE
X-BLADE
BX305
21mm
フラット
(ボックス)
しなりに操作性をプラス。
ブレードらしさを感じる1本。
HEAD
i.Radical MP
21mm
フラット
(ボックス)
シンプルな打球感のボックス。
マレーも長年愛したラケット。
SRIXON
CX2.0
20〜21mm
テーパード
(ボックス)
コントロールに優れた1本。
アスリート向けのボックス。
WILSON
プロスタッフ97
(2018)
21.5mm
フラット
(ボックス)
かっちり打球感+スピード感。
バランス良く戦えるラケット。
YONEX
ブイコア98
(2018)
21〜22mm
テーパード
(中間系)
硬めの打球感でブレない1本。
叩き込むショットが伸びる。
(RA65)
BRIDGESTONE
X-BLADE
BX300
22mm
フラット
(ボックス)
しなやかさの中に弾きをプラス。
バランスに優れた傑作。
HEAD
Graphen360+
プレステージプロ
22mm
フラット
(ボックス)
剛性感の高いボックス断面。
フルスイングするための1本。
(RA65)
HEAD
グラビティMP
22mm
フラット
(ボックス系)
HEADの新シリーズ。
邪魔をしない自然な打球感。
(RA62)
PRINCE
TOUR95
(2020)
20〜22mm
テーパード
(ボックス)
叩いていけるボックスフレーム。
食いつきでコントロールも良し。
PRINCE
PHANTOM
100
20〜22mm
テーパード
(中間系)
しっかり感強めの使用感。
振り抜ける中厚ラケット。
PRINCE
TeXtremeツアー
PRO95XR
20〜22mm
テーパード
(ボックス)
かっちり硬めの打球感。
クラシカルで素朴な使用感に。

23〜25mm:中厚ラケット

Embed from Getty Images
モデル厚さ
(断面)
特徴
PRINCE
TOUR100
(2020)
20〜23mm
テーパード
(中間系)
圧倒的バランスの良さを誇る1本。
とにかく扱いやすく傑作の予感。
DUNLOP
FX500TOUR
21〜23mm
テーパード
(ラウンド)
操作性とパワーの良バランス。
振り抜きの良いラウンドラケット。
(RA70)
Babolat
ピュアストライク

16/19 (2019)
21〜23mm
テーパード
(中間系)
パワフルさとコントロール。
数字よりもマイルドな打感。
(RA70)
Babolat
ピュアストライク

100 (2019)
21〜23mm
テーパード
(中間系)
パワフルになったピュアスト。
ピュアドラ馴染まなかった人に。
(RA72)
Babolat
ピュアストライク

16/19 (2017)
21〜23mm
テーパード
(中間系)
素朴な打感とパワーの1本。
振ってこそ良さが出るモデル。
(RA70)
Babolat
ピュアストライク

100 (2017)
21〜23mm
テーパード
(中間系)
食いつきの強い中間型ラケット。
パワーも出しやすい良作。
(RA70)
Babolat
ピュアドライブVS
(2019)
21〜23mm
テーパード
(ラウンド)
コントロールを高めたピュアドラ。
打ち込めるパワフルフレーム。
(RA70)
HEAD
G360+
EXTREME TOUR
21〜23mm
テーパード
(中間系)
全体のバランスが良いラケット。
クセがなく使いやすい優等生。
(RA65)
HEAD
G360
ラジカルMP
21〜23mm
テーパード
(中間系)
オールラウンドに使えるラケット。
懐の深いプレーを可能にする1本。
(RA68)
DIADEM
NOVA100
22〜24mm
テーパード
(ラウンド)
穏やかにパワーが出るラウンド。
薄ラケ系ユーザーにも馴染む1本。
(RA69)
HEAD
G360+
スピードMP
23mm
フラット
(ボックス系)
すっきりと弾き出すパワー。
文字通りスピードショットを実現。
(RA64)
WILSON
プロスタッフ
97LS
23mm
フラット
(ボックス系)
ボックスフレームにSパターン。
意外と素直な性能を持った1本。
YONEX
イーゾーン98
(2020)
19〜24mm
テーパード
(ラウンド系)
柔らかさとパワーを両立。
2020年のヒット作に!
(RA64)
PRINCE
ビースト98
(O3 98)
22〜25mm
テーパード
(ラウンド系)
パワーをコントロールしやすい。
打ち込む人のための中厚ラケット。
WILSON
クラッシュ100
24mm
フラット
(中間系)
強烈にしなる異端児。
食いつきを最大限引き出せる1本。
(RA55)

26mm以上:厚ラケ

Embed from Getty Images
モデル厚さ
(形状)
特徴
DUNLOP
FX500
23〜26mm
テーパード
(ラウンド系)
ダンロップの黄金スペック。
素直なパワーが魅力の新モデル。
(RA71)
Babolat
ピュアドライブ
(2020)
23〜26mm
テーパード
(ラウンド)
モンスターラケットの最新作。
より良さが際立つパワフルさ。
(RA72)
Babolat
ピュアドライブ
(2018)
23〜26mm
テーパード
(ラウンド)
マイルドな感触の旧型ピュアドラ。
黄金スペックを牽引した存在。
(RA72)
YONEX
イーゾーン100
(2017)
22〜26mm
テーパード
(ラウンド系)
すっきりとスピードが出る旧型。
真っ直ぐ打ち込めるラケット。
YONEX
イーゾーン
DR100
22〜26mm
テーパード
(ラウンド系)
グシャッとくる打球感のラケット。
パワーもある人気を博した1本。

その他の検索はこちらから!

https://tennis-advantage7.com/2020/11/02/weigt-rackets/